図書館で2回くらいエッチした

私はもう3年近く付き合ってる彼氏がいます。
私は大学2年生、彼氏も2年生で、大学は違うけど、地元の大学なので、付き合いは続いています。まだ高校生の頃、彼氏は図書委員をいていて、受験の夏くらいから、毎日放課後は図書館で勉強してました。
私が通っていた高校は進学校だったから、夜遅くまで図書館は開放していて、先生も熱心で夜9時くらいまで職員室に残って質問なんかを聞いてくれます。
だから私達はいつも図書館で勉強して、図書委員の彼氏は、図書館を閉めて帰る日が週に1回くらいあって、普通は先生が一緒なんですが、ちょうどその日は、担当の先生が用事があるとかで、用務員の先生が最後まで残っていたけど、用務員も他にやることあるみたいで、夜8時をまわるとほとんどの生徒は帰るので、私と彼氏が残ることが多くて、その日もそうでした。

もう誰もいない図書館。
大きな声で話しても誰からも何も言われない状態で、図書委員や担当の先生の専用の部屋があるんですけど、掃除道具をかたづけていると、彼氏が入ってきて、後ろから抱きついてきたんです。

「きゃっ!びっくりした~」
「冴子、好きだよ」
「私も大好きよ」すると正面を向かされ、キスされると、「もう、ここは図書館よ」
「ここでしようよ」
「うそ~、本気なの?」
「冴子の制服姿見てるとムラムラしてさ」
「浩介(彼氏)は勝手ね」

すると私を抱き寄せ再度キスをされると、ブラウスのボタンを外し始め、気がつくとブラ1枚になってしまいました。
「浩介、ほんとに好き?」
「ああ、好きでたまらないんだ」
「ほんと、うれしい」またキスをすると、ブラのホックが外され、おっぱいをギュッと握られると、体の力がだんだん抜けてきて、気がつくと私はズボンの上から浩介のおちんちんをさすっていた。

狭い部屋なので、電気のスイッチにはすぐに手が届き、電気を消すと、私は椅子に座らせられ、スカートを脱がされ、パンティも脱がされると、
「こんなとこで裸で、誰か来ないかな?」
「大丈夫だよ」
「どうしてわかるの?」
「俺は図書委員だぜ、この部屋は誰でも入ってこないから」

私は少し安心したのか、浩介の息が荒くなっているのに合わせるように、乳首を吸われ、思わず吐息がもれた。
「う~ん、今日の浩介少し強引ね」
「もうたまらないんだ」
「もうわがままなんだから~」
乳首が唾液でビチャビチャになるくらい舐められ、片方の手が私のアソコへ。
だいぶ濡れてはきていたが、浩介が触ると、
「少し痛いよ」
「ごめん、あんまり濡れてなかったかな」
「いえ、だいじょうぶ」
すると浩介は股の間にしゃがみこみ、おまんこを広げ、クリトリスに吸い付いてきた。

「あっ、あっ、いい、感じてきた~」
「冴子はここが1番感じるんだろ」
「いや~ん、もう、いじわる~」
「だいぶ濡れてきたよ」
浩介は舐める勢いをさらに激しくし、どっとお汁が出てきたような気がしたが、指が膣の中に入ってくると、余計にどっと出てきた。

「ほしくなっちゃったよ」
「何が?ちゃんと口で言葉に出して言わなきゃ」
「もう、いや~、わかってるでしょ」
「わからないよ、何がほしいの」
「もう~、浩介のおちんちん」
「まだ早いよ、俺のもきれいにしてもらってないし」

浩介はいったん舐めるのをやめ、ズボンを脱ぎ始めた。
すると、大きくなったおちんちんが早く舐めろと言わんばかりに私の手でおちんちんを握らせ、フェラチオするように目で合図をされた。

私は浩介が初体験の相手だから、男性は浩介しか知らない。
だから他の男性のものがどうなっているかはわかりませんが、浩介のおちんちんは大きいと思います。

口の中に入れると、浩介の息が荒くなった。
「冴子、その厚い唇がいやらしいよ」
「私がいいの?」
「冴子じゃないとだめなんだ」
フェラチオのストロークが早くなり、クチュクチュと音が響き、玉袋を舐めると、さらに浩介の息は荒くなり、
「ちょっと、もういいよ、早く壁に手をついて」
「いや~ん、もうなの」
言われるままに壁に手をつくと、浩介のおちんちんが後ろから入ってきた。
浩介はバックが好きだから、いつも後ろからの挿入で始まる。

「ゴムは持ってないの?」
「学校には持ってきてないよ」しかしもうゴムどころではなくなっていた。
浩介のピストン運動で、突き上げられるような感じが、私をさらに興奮させた。
「あっ、あっ、あっ、気持ちいい、浩介大好きよ」
「冴子、おまえが1番だよ」声を抑えるのにも限界が来ていた。

必死で抑えてるけど、後ろから突き上げられる勢いがすごくて、
「あああ~っ、いい~っ、ああああ~っ」
「冴子、聞こえるよ」
「もうだめなの、浩介、イカせて~」
次の瞬間、絶頂を迎えた。

いよいよ中間試験が始まった。
少し前の図書館でのエッチ以来、私もしてはいけない場所でエッチすることが、すごく燃えるのがわかり、浩介も同じ気持ちだったようで、あれから図書館で2回くらいエッチした。

図書館の裏の部屋の異様な匂いが興奮をさらに掻き立てた。
でもあまりしてると、勉強が手につかなくなるので、少しは気合を入れて取り組まないといけない。
しかし、家に帰って勉強してても、図書館でのことが頭をよぎり、アソコが濡れる。
それもあのことから、濡れる勢いが早くなったような気がする。

中間試験は午前中で終わるから、昼から街へ出かけた。
浩介と気晴らしのつもりで一緒に行ったのですが、手をつなぐと、体が熱くなってきているのがわかる。

プリクラを撮ったりしてると、チュウしたり後ろからおっぱいを握られたりと、そんなプリクラばかり撮った。
つまり浩介はまたエッチしたがっていると思った。
でも私ももっといろいろなところを触ってほしいと思っていたし、実際にスカートの中に手を入れられ、お尻を直に撫で撫でされるだけで、いっぱい濡れてきていた。

「いや~、受験生はストレス溜まるね」
「それは性欲でしょ、もう~」
それから私達は屋上へ行き、平日で誰もいないし、ゆっくりと街を眺めていると、浩介が、
「ねえ、チュウしたいな」
「ここで?ちょっといい加減にしてよ」
「好きで好きで、どうしようもなくてさ」
「私と私の体とどっちが好きなの」
「冴子と愛し合うのが好き」
するとほっぺにチュっとされると、また体が熱くなってきて、そのまま舌を絡ませました。

「あっちに行かない?」
「え、どこ?」
「ほら、アソコのドア、たぶん開いてるよ」
浩介がいちもさんに走り出し、ドアをあけると、ボイラー室みたいなところでした。
そして浩介がおいでと手を振るので私も中へ入ると、ボイラーの音がしていて、
「冴子、パンツ脱いで」
「え~、ここで~、もう~」

私はパンティだけ脱ぐと、片方の足を段差のあるところにのせられて、浩介は私の股の間にしゃがみこんで、おまんこをチュッ、チュッ、と舐め始めると、また急にお汁がいっぱい出てきて、太ももを流れてた。

「冴子、実はエッチしたかったんじゃないの」
「違う、もう~・・・」
そのまま後ろ向きにされ、そのまま挿入。
「あ~、あ~、入ってる~」
「あ~、気持ちいい、最高だよ、冴子」
「う、う~ん、私も・・・いい、いい~」

次の瞬間、浩介が叫んだ。
「あ~、出る、だめだっ」
「いや、外に出して、お願い」
おちんちんを抜くと、横のボイラーの管のあたりに勢いよく精子が飛び出した。
「今日は早かったね」
「う、うん、やっぱ外は興奮する~」

私達は洋服を着ると、すぐに外に出て、デパートを後にした。
すごくエッチな雰囲気とは言えなかったけど、誰かに見られるかも、という緊張感が興奮度を高めます。

今ではたまに野外露出とかして、どんどんエスカレートしてこの先、すごく怖いです。