彼女と旅行に行ったときのエロ体験談

彼女と旅行に行ったときのコト。

歩き疲れて寝ていると、とある呻き声で目が覚めた。
頭はまだ起きてなかったけど、目をそろーっと開けると彼女が背を向けて座っていた。
声をかけようと思ったら何か様子がおかしい。

よく見てみると、俺が買って隠しておいた玩具を使いオナってた。

[adrotate group=”1″]

「はぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・ぁああ!ぁぁぁ・・・ぁ・・ぁあ!」

えーーーーーーーーーーーーーって感じです。

さっきエッチした時は目を瞑って顔を真っ赤にしながら“経験なしです”的なオーラを放っていたのに・・・。
面白そうなので、しばらく観察してました。

「ゃあぁあ・・・ぁぁあああ・・・んぁぁあぁぁ・・・ぁ・ぁ・ぁ、ゃん!やめぇ・・ぁぁぁ・・あぁぁぁ・・・」

「気持ちいい?」と聴いた瞬間、彼女がグルッっと振り向いて「え・え・えええ!ぁ・・・」とあたふた。

「俺がやってやるよ」と言って玩具を奪い、彼女の手を縛ってレイプ状態にしながらクリに当てました。

さっきの恥じらいとは真逆です。
思いっきりMっけ要素を放ちながらイッちゃってました。

「気持ちいい?」
「ゃぁあ・・」

「やめようか?」
「ん・・・ゃぁぁ・・・やだ・・」

「どっち?」
「ぁぁ・・・ぁぁああ・・・ぁ・ぁ・ぁ・・続けて・・・」

「『続けてください』は?」
「・・ぇ・・ぁあああ・・・続けてくださいぁぁああぁ・・・ぁああ!」

・・・ってところで、俺のをつっこんで玩具もクリに当て続け、彼女がイったところを見続けていると、とてつもなく面白かった。
俺が満足して寝ようとすると、彼女が泣きそうになりながら座ってた。
やりすぎたかなっと思って謝ったら「・・・こんなにエッチで・・・私のこと嫌いにならない?」と聞かれて、また勃ってやっちゃいました。

Mの彼女っていいね・・・。



PAGE TOP