義理の弟の夜這いで、乳首が立って興奮してしまった三十路の妻

夫の弟、そう私にとっては、
義理の弟と浮気をしてしまいました。

それは、この間旦那の実家に帰った時のことです。

その晩、旦那は弟のヒロくんと
2階の部屋でマージャンをしながら飲んでいたので、
私は1歳になる子供と一緒に下の和室で寝ていました。

私は車での長い移動と、
気疲れですっかり寝入っていたのですが、
夜中にキスをされている感覚で目が覚めました。

以前帰って来た時にも旦那に求められてHしていたので、
またかぁと思いつつ、
帰ってくる度にスルのはイヤだったので、
今回はたしなめようと思ったのですが、
目を開けると、すぐに相手が旦那ではないことに気付きました。

相手は義弟のヒロくんが夜這いしてきたんです。

ヒロくんは22歳で、
私は三十路の中頃で、年齢が一回り違います。

実家に帰った時に顔を合わせた時に
挨拶程度の会話をするくらいで、
特に仲が良かったという訳でもありませんでした。

あまりの突然のことに混乱し、
「何で?どうしよう?旦那は?」
と色んなことが頭の中をグルグルと回って、
口をとっさにギュッとつぐみました。

ヒロくんは、私が起きたことに気付いたようですが、
キスを止めようとはせずに、
つぐんでいる私の唇を舌でなぞるように舐め続けています。

片手で私の頭を添えるように押さえ、
もう片手で私の片手を押さえています。

私が空いた方の手でヒロくんの胸をトントンと叩くと、
ヒロくんはふっとキスを止め、私の耳元で、
「お義姉さんキレイだよね。
一回だけでいいからHしようよ。」と言い、
私のおっぱいを揉みながらまたキスをしてきました。

私は、バレて大事になるのも困るし、
このままだと本当に最後までされてしまいそうで、
何とか止めてもらう方法を考えていました。

それに、旦那と付き合い始めてからは、
旦那としかしてないし、他の人として旦那を傷付けたくありませんでした。

もちろん他の人とシタいなんて思ったこともありません。

私の考えを他所にヒロくんが
また私の耳元に顔を近づけました。

「兄ちゃんは飲んで寝てるから起きないよ。
俺も彼女いるし、一回だけだから。
ダメって言っても、もう止めないよ。
バレると困るだろうし、大人しく静かにしててね。」

そういうとまた無理やりキスをし始めます。

私は、もうどうすればいいのかわからなくなり、

ジッと我慢していました。

ヒロくんはパジャマの中に手を入れ、
直接私の胸を揉み始めました。

感じていた訳ではないのですが、
しつこく乳首を指で弄ばれていると、

乳首が立っていくのがわかりました。

もう止めさせることはできなさそうだなぁ、
仕方ないから一度だけ我慢するしかないか、と思いました。

「本当に1回だけだからね。
次またしたら今度はバラすよ。」

「うん、わかった。」

ヒロくんが私の手を取り、自分の股間へ近づけます。

体に触れた時、
ヒロくんが下に何も履いていないことに気付きました。

ヒロくんのチ○チ○は既にビンビンに勃っていました。

そのままチ○チ○を握らされたのですが、
大きさは旦那よりも一回り以上大きく、
若いせいか凄い硬さでした。

最初はヒロくんに促されて擦っていたのですが、
そのうち私は自分からチ○チ○を上下にしごいていました。

つい、「大きいね。」と私が言うと

「そう?お兄ちゃんよりも?」と言われ、
思わず黙ってしまいました。

先っぽからはガマン汁が出ていて、
私の手までヌルヌルになっていました。

しばらくするとヒロくんは私の頭の上にしゃがみ込み、
私の口に硬くなったものを近づけました。

「舐めて」と言われ、
私はもう半分諦めた感じで、
そのまま咥え、舐め始めました。

寝ながら横向きでペロペロと舐めていると
ヒロくんは私の頭を掴みチ○チ○を私の口の中に入れていきました。

口に入れると、
よりはっきりその大きさと硬さを実感しました。

旦那のは頑張れば根元まで咥えられるのですが、
ヒロくんのは半分くらいまでで精一杯でした。

ビンビンになった大きなチ○チ○で無理やり口を犯されているようで、
とてもイヤらしい感じがし、アソコが熱くなる気がしました。

しばらく私の頭を手で前後させ動かしていたのですが、
私が自分からしゃぶり始めると、
上のパジャマを脱がされ胸を揉み始めました。




そして、いよいよヒロくんは私のアソコへ手を伸ばしたのですが、
フェラしているうちに濡れてきたことに気付いていたので、
すごく恥ずかしかったです。

手がアソコに触れると、ヒロくんに
「お義姉さん、メチャ濡れてるよ。」と言われ、
恥ずかしさを隠すためそのまま黙ってヒロくんのをしゃぶっていました。

私が濡れているのを確認すると私の口からチ○チ○を抜き、
すぐに下も脱がされました。

寝ている私の膝を立てて足をMの時にすると、
その間に入り、ビンビンになったチ○チ○を私のアソコに押し当てて
上下するように擦り出します。

濡れていたため、クチュクチュとイヤらしい音がしていました。

もう入れてほしかったのですが、
ヒロくんは「入れてほしい?いいの?」と
意地悪そうに聞いてきます。

その間も硬くなったチ○チ○で私のアソコをなぞるように擦られ、
正直入れてほしくなっていました。

「うん、入れて」と言うと、
「お義姉さんエロいねぇー」と言いながら
私の中にゆっくり入ってきました。

旦那の大きさに慣れているせいか、
アソコがググッと広げられていく感じがします。

いっぱい濡れていたので痛みはあまりありませんでしたが、
ヒロくんが腰を深く沈めると
私の中はヒロくんのチ○チ○でいっぱいになり
感じたことのない快感に襲われました。

「あぁぁっ」

気付くと私はヒロくんに抱き付いていました。

ヒロくんが私の頭を撫でながらゆっくり動き始めます。

私はどちらかと言うとイキにくい方で、
旦那とのHで、しかも自分も手で触りながらでしかイッタ事がないため、
好きでもない人とのHでイクなんてことはあり得ないと思っていました。

けど、ヒロくんのビンビンになった大きいチ○チ○が
出入りするたびに、
アソコの中全体に強い刺激が走り、自然と声が漏れていました。

「はっ・・あっ」

「おねえちゃんの中きつくてメチャ気持ちイイよ」

ヒロくんの腰の動きが徐々に速くなってくると、
私もヒロくんに強く抱きつきながら腰を振っていました。

「お義姉さんも気持ちイイ?」

「あんイイっイイよ」

もう私は気持ち良すぎでたまらなくなっていました。

「兄ちゃんとどっちが気持ちいい??」

「あっんん内緒」

「“答えてよ。ちゃんと言って」

「ヒロくんヒロくんの方がいいよあっ」

ヒロくんは興奮したように激しく腰を動かし出しました。

私はもうこのままイッてしまいそうなくらい感じていました。

ヒロくんが私の頭を強く引き寄せ
激しくキスをしてきました。

フェラをさせるように
舌を私の口へ出し入れされ
口の周りはヒロくんの唾だらけになりながら、
私は夢中でヒロくんの舌を舐めていました。

そして、ヒロくんが私の乳首を強くつまみながら、
激しくチ○チ○でされていると、もう我慢できなくなりました。

「あぁっイキそうイクよっいいっ?」

「いいよじゃあ俺のこと好きって言って!」

「あっ好きっヒロくん好きっあ~イクぅ」

チ○チ○だけでイカされたのは初めてでした。。

ヒロくんはまだイッておらず、

中に入れたまま、じっと私を見つめていました。

「ねえちゃん年上だけど、かわいいね」

キスされ、私も応じてディープキスをします。

一回りも年下の、しかも義弟にあっさりイカされ、
恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

ヒロくんはキスしたまま、また腰を動かし始めました。

私はもうイッていたので、
ヒロくんにも早くイッてほしかったのですが、
されているとまたスゴイ快感を感じ始めてきました。

「お義姉さん、俺もイクよ」

「うん、私もまたイキそう」

「俺のチ○チ○、兄ちゃんより気持ちいい?
俺のこと好き?」

「うんっヒロくんのチ○チ○の方が気持ちいいよ
ヒロくん好きだよあっダメっダメイクー」

ヒロくんのチ○チ○が私の中でビクン、ビクンと脈打ち、
お尻の方へ精子がダラーっと垂れ流れているのがわかりました。

しばらく私たちは抱き合いながらキスしていました。

抱きしめられながら
「また帰って来た時しようね?」と言われ
頷いてしまいました。

義弟とSEXしてしまい、
穴兄弟になってしまった私の夫。

ふしだらな嫁でごめんなさい