露出が趣味になった淫乱彼女とのエロ体験談

随分前の話。

彼女と東京に旅行に行った時の話です。
田舎者としては、はじめて東京。

昼間は六本木ヒルズに行ったりして楽しく観光とお買い物をして楽しみ、
夜は浜松町の安いホテルに泊まりました。
社会人なりたての俺としては精一杯でございます。

酒を飲みながら食事をして、最終的にはお酒を買って部屋のみする事に。
部屋に戻って良い調子でのみ、気がつくと酒が無くなっていました。

彼女は俺に「お酒、買って来てよ」と言ってきます。
「え~~!お前が行けよ」と言い返します。
そんなやりとりが何度か繰り返されました。
時間的にはもう深夜の3時前。

じゃんけんで負けた方が行く。
という事で一応の決着して、いざ勝負!

私があっさり勝つと、彼女はかなり渋ります。
それからまた面倒なやり取りがあり、彼女にある提案をしました。

「わかった。それなら後2回チャンスをあげる。ただし、2回連続でお前が負けたら、裸にホテルの寝巻だけを羽織ってお前が買えに行くこと!」

彼女は渋りましたが、俺は一回でも負ければ行く訳だし、何より酔っ払ってて勢いが良かった。

早速じゃんけん再開!

彼女は緊張すると必ずグーを最初に出す。
酔っ払ってるし、鉄板。

もちろん俺が2連勝。

「え~本当にするの~!」という彼女に、
「当たり前でしょ!約束なんだから!」と言いながら服を引っぺがしていく俺。

ちゃっちゃと裸にひんむいて、ホテルに備え付けられている膝くらいまであるパジャマを着せた。因みに前をボタンで止めるタイプだが、ボタンを止めるのは「羽織る」では無いとして認めなかった。

彼女は「恥ずかしいし怖いよ」と言っていたが、
「ホテルの中だし、自販機は同じ階にあるから10メートル程なんだから。心配無い」
と言って納得させた。

彼女はドアを開けると、キョロキョロして、出ていった。

この時、俺も物凄い興奮をしたな~。。。

結構長く待った気もするが、実際は2分くらいかな。

コンコンッ!とノックする音。

ドアののぞき穴から見てみると、左右をキョロキョロしながら、両手で酒を持ちながら、腕で寝巻の前がはだけないように押さえている彼女が。
相当ドキドキしているのは見るからに分かった。

「早く開けてよ!」と小声で訴える彼女を見て、少し意地悪を・・・。

「パジャマ脱いだら直ぐに入れてあげる」

少し怒ってるけど、早く入りたい一心で彼女は酒を床に置いて脱いだ。

深夜のホテルの廊下に女が一人全裸で立っている。

物凄くエロい!

扉を開けて、少しだけ眺めるてから部屋に入れてあげました。

彼女は「物凄く怖かったんだから~!」と半ベソです。
酔っ払って出ていった彼女は、綺麗に素に戻っていました(笑)

興奮した俺は、彼女を抱きしめてキスをすると、乳首が立っているのを確認してから、
彼女のアソコをチェック。
なんと太ももまで液が垂れてしまう程濡れてるじゃないですか。

その後、部屋でセックスに。
もう、酒はどうでもよくなってました。

事が終わって彼女にどうだった?ときくと、
「怖かったけど、メチャクチャ興奮した。頭が真っ白になって・・・」
と意外にも楽しそうだった。

それ以来、彼女は外で裸になったり、下着を付けずにミニスカートで街を歩くのが趣味になった。
今でも彼女とプチ露出を楽しんでます。

これは、本当におススメですよ!




PAGE TOP