彼女の浮気セックスの様子を詳しく聞き出して興奮したエロ体験

僕には付き合って2年程になる彼女(貴子)(仮名)がいるのですが、

貴子は彼氏である自分が言うのもなんですが水野美紀似の美人タイプで、

体が細い割には結構胸も大きく僕には勿体無いくらいの女性です。

僕と知り合った20才の夏、

貴子には彼氏(光一)(仮名)がいましたが、

僕と貴子が知り合う少し前に

光一が他の女性と浮気をしてしまったため、

二人はあまりうまくいっていませんでした。

貴子は光一に対して気持ちが冷めかけていたようで、

僕よりも少し前に知り合った翔太(仮名)という男友達と

よく遊んでいました。

そして僕と知り合うといつの間にか翔太と会うこともなくなり、

自然と僕と遊ぶことが多くなりました。

知り合って2ヵ月程たった頃に貴子は光一と別れて

僕と付き合うようになり、現在に至ります。

貴子は結構モテるタイプなのですが、意外とまじめな性格で、

付き合っても簡単に体を許すことはしない子なので

光一と 僕しか男を知りませんでした。ずっとそう信じてました。

ところが最近、貴子からある告白をされました。

ある日、僕の家で一緒にテレビを見ていると、

貴子は突然神妙な顔で

「ヒデくん(僕の名前)に隠してたことがあるの。」と

言い出しました。

僕は突然の告白に心臓の鼓動が早くなってきました。

「どんなこと?」と聞くと貴子は

「私ね、光一とヒデくんの他にも Hした人がいるの・・。」

と言いました。

「俺が知ってる奴?」と聞くと貴子は、

「翔太・・。」と答えました。

正直とてもショックでした。

僕と付き合う前の事とはいえ、貴子が彼氏でもない男と・・、

どうして・・・。

貴子は「隠している」という罪悪感からの告白でした。

いつ本当のことを話そうか迷っていたそうです。

貴子は「ゴメンね」と何度も本当に申し訳なさそうに謝ります。

僕はどういう状況で翔太とそうなったのか、

翔太とはどんなSEXを したのか、何回ヤッたのか・・・。

それを聞いてもどうなるものでもありませんが、

どうしても気になってしまいます。

そして僕は僕が質問することすべてに正直に答えれば許すと言うと、

貴子は最初話したがりませんでしたが、

僕がしつこく言うのであきらめ、ヒデくんが許してくれるなら、

と言って話し始めました。

僕は翔太の存在は知っていましたが、実際に会った事はありません。

翔太とは僕と知り合うよりもほんの一ヶ月ほど前の

合コンで知り合ったそうです。

翔太は貴子を一目見て気に入ったらしく、

合コンの後も積極的に貴子に近づいてきました。

翔太は顔が割とかっこよく体格は筋肉質で、

けっこう女慣れしている感じの男でしたが

貴子に対してすごくやさしく、

光一の浮気だけでなく両親ともうまくいっていないこともあり

精神的に一人ぼっちだった貴子は翔太に心を開いていきました。

合コンの後も自然と2人で会うようになり、

何回かデートをしました。

3回目ぐらいのデートの帰り、貴子は翔太の家に

寄っていかないかと誘われました。翔太は一人暮らしです。

それがどういうことなのか分からないはずはありません。

僕は頭の中で「行くなよ」と思って聞いていましたが、

貴子はついて行ってしまいました。

このときの貴子の服装を聞くと、

上はピンク色のキャミソール下は黒のミニのタイトスカートでした。

翔太は「やった、ヤレルぜ!」と思っていたでしょう。

翔太の家に着くと、翔太の部屋は狭くて

座る場所がありませんでした。

2人はベッドの上にすわりしばらくの間、普通に話をしていましたが、

だんだんと会話が途切れ、やがて会話が止まると

翔太は貴子にキスをしてきました。

その時すでに貴子は「この人にだったら体を許してもいいかな」と

思っていたそうです。

そして、貴子は翔太に抱かれました。

翔太は貴子の体をゆっくりと倒していき、ディープキスをしました。

何度も舌を絡めたあと、唇から首筋へ舌を這わせ、

貴子の胸を揉みながら服を脱がせていきます。

そしてブラジャーを外すと、

貴子のCカップのバストが露になりました。

貴子は巨乳というほどではありませんが、
おわん型のきれいな形をしています。

翔太は乳房に円を描くように舌を這わせていき、

乳首にチュッと吸い付きました。

貴子は思わず「アッ・・」と声を漏らしました。

乳首を噛んだり吸ったりしながらもう片方の乳首を指で摘んで

刺激していると貴子は「アッ・・アッ」と声を出し始めました。

翔太は貴子の体を横向きにして、乳首を指で刺激しながら

舌を背中からうなじのほうへ這わせていき、耳を軽く噛みました。

貴子の声もだんだん大きくなってきました。

そして翔太の手がゆっくりとスカートの中に入ってきました。

耳を舐めながらじらすように太腿を撫で回し、

やがてパンティーの中に手が入ってきました。

クリトリスを指で刺激されると貴子は翔太の腕をつかみながら

「アァッ!・・アッ・・アン・・」と感じています。

翔太の指が貴子の中に入ってきて、

激しく動かされると愛液が溢れるように出てきます。

翔太は貴子の体を仰向けに戻し、

スカートを脱がして貴子は白い パンティ一枚になりました。

翔太は足の指先からキスをしながら足の付け根まで舐めていき

パンティを脱がすと、クリトリスを噛んだり吸い付いたりして

マ○コを刺激しました。

貴子はより大きな声を出し感じています。

そして舌で愛撫しながら貴子の顔のほうへ移動し、

キスをすると同時に、翔太は貴子の中に入ってきました。

「えっ?すごくおっきい・・!」貴子は頭の中でそう思いました。

翔太のは僕よりも大きかったそうです。

貴子はHに大きさは関係ないよと言ってくれますが、

ちょっとショックでした。

翔太は体位をいろいろと変えながら貴子を突きました。

はじめは 正常位から松葉崩し、バック、

また松葉崩しから正常位へ・・と いう感じで。

貴子は松葉崩しとバックが一番感じやすく

「アアッン!・・アッ!ハァッ、アアン!」と声を出しながら

体を反らせて喘いでいます。

そしてさらに正常位から座位、騎上位と体位をかえ、

最後に正常位で 体がベッドに沈み込むほど激しく突かれた貴子は

「アアンッ!ダメ、イッちゃう!!」と言って

体をビクンと震わせながら絶頂に達し、

翔太は貴子のお腹の上に出しました。

実際に寝取られたわけではありませんが、

まるで寝取られたような気分で聞いていました。

僕は悔しさと興奮の入り混じったなんとも言えない気持ちで、

僕の愚息はビンビンに勃っていました。

このような感じでこの日と何日か後の2回、

翔太とSEXしたそうです。

興奮していた僕は半ば強引に貴子をベッドへ連れて行き、

いつも以上に激しいSEXをしました。

貴子もいつもより感度が良く、すごい声でした。

今でも翔太との話を思い出すと興奮してしまいます。

その日以来、SEXの回数が増えました。




PAGE TOP