酔っ払ったフェラチオ大好きな姉と一緒にお風呂に入って抜いてもらった話

あれは2年ほど前、俺が高3年でした。

その日は週末で夕方寝てしまって

夜中に目が覚めて、お風呂は入らずに寝てしまっていて、

もう寝れないしと思って一人でお風呂に湯を張って、

入っていたら、玄関先でバタんと大きな音がして、

「ただいまぁ」って夜中なのに大きな声だして、

姉が帰ってきた。

俺は直感でこれは酔っ払ってるわとすぐに感じました。

姉は潔癖症みたいなとこがあって、

風呂入らずに寝るということは絶対しない人で、

お風呂入ってないのに、

布団にさわらないでという感じなんです。

案の定、脱衣所のドアが開く音がしたんで、

俺はすかざす「入ってるで」といったら

「はよでろよ」っと完璧ろれつがまわってない。。。
「今入ったとこやねん」というと。。。

「まじ。。。」といいつつ

「もうまちきれない。。」と

「えっっ」と思ったというか、

こっちが恥ずかしいので、

「もうちょっとやから」と言い返したんですけど、

姉はすでに服を脱ぎ始めてる。

俺は泡のついた身体を流し、

湯船へとびこんだ。

飛び込むと同時ぐらいに浴室のドアが開き、全裸の姉が。。。

顔まっかやんかとおもいつつ、

小●校の時以来ぐらいから姉の裸はみたことがなかったというより、

興味さえなかった今思えば、

Cカップぐらいはある形のいい胸してた。

「○○ちゃんと一緒に入るのは何年ぶりだろう。。きゃはは」

と笑いながら言い出したかなり酔っ払ってる。

「○○ちゃん身体あらった?」

と聞いてきたんですが、

姉の身体をもう少しみていたいという気持ちで

「ううん」と嘘をいいました

「先に洗うね」といいながら、

あぐらをかいて顔の洗顔を始めました。

股間が丸見え。。。

顔洗ってるからこっちはわからないだろと少し覗き込み股間を凝視。。

俺の股間はフル勃起。。。

相変わらず全然気にしないで身体や頭を洗って、

フル勃起を抑えようとしたが、無駄な抵抗。

洗い終わった姉が「はい。交代」といったんですけど、

俺は「もう少しつかっていたい」

とフル勃起を隠してたんですけど

「そんならちょっとつめてよ」

いいつつ俺の背後の方に入ってきたんです。

「狭いなぁ」

といいつつ俺のわきの下から自分の足を滑り込ませてきて、

蟹バサミ状態。。。



姉はその上両手を俺の首にまわして、密着してきた。

俺はフル勃起を隠すので精一杯。。。

しばらくすると

「まだあらわないの?」って聞いてきて、

「もしかしてはずかしいとか?」というので素直に

「うん」っていうと

「はずかしいんだぁ」と笑いながら言い出した

「ちょっと見せてみ」と言い出して、

覗きこんできた

「あら。。。男の子になってるやん」

「あははwかわいいww」

っとフル勃起はあっさりみつかってしまって、

「みるなやぁ」といいかえしたんだけど

「ええやん。みせてみ」というので、

俺はあきらめてみせることに。。。

「昔はまめちんだったのに、もうすっかり大人じゃん」っと

「ちょっとさらせてみ」っと背後から手がのびてきて、

手こきがはじまったんだけど

姉の裸がこの体勢だとみえないので体勢を入れ替え、

「わぁけっこう大きんだぁ」と姉の手こきはやめる気配もないので

「俺もさわるよ」っていって姉の胸を触りました。

そうなってしまうと、逝っちゃいそうになったので、

腰を引いて逃げたんです

「もしかして出そうになったとか?」と姉がいうので

「うるさい」と俺が言い返した。

「あははwwかわいいね」と姉がいってきて

「俺だけ逝くのはなんだかくやしい」と言って

姉の股間を触ったんだけど、

初めて触るのでどう触っていいのかわからなかったけど、

するっと指が入るとことをみつけて、

指を激しく動かしてみた。

姉は「あん、、あん、、」っと色っぽい声が出始めたんだけど、

姉が「私そこでは逝けない」と言ってきたんですけど、

よく触り方がわかんないし。。。

俺が「ちょっとだけ入れさせてよ」っていうと

「中では絶対逝かないって約束してくれたらいいよ」

そういいながら、俺の上にまたがってきて、自ら挿入。。。。

そして、自ら腰を振ってきた。

数分もしないうちに俺は逝きそうになって

「だめでちゃいそう」といいうと姉は自ら抜いて

俺のちんちんを咥えて姉の口の中で発射w

そして、「また溜まったらまたぬいてあげるね」って言葉を残して

お風呂から上がっていった。

それから、姉と色々話て、姉はセックスは好きじゃないらしい。

でも抜いてあげるのは大好きだそうで、

特にフェラは大好きだそうです挿入したのはそれ1回だけで、

二度と入れさせてはくれなかったけど、

彼氏が出来るまでの3ヶ月間、

ほぼ毎日のように姉に抜いてもらってた。