処女だった妻を娶り、開発の楽しみを知ったエロ体験談

私の妻は男性を私しか知りません。

処女のまま私と付き合い結婚したのです。

男性経験一人なんですね。

なかなか奥手なたちで、フェラチオも自ら進んでする事もありません。

しかし、まだ開発の余地があると垣間見れるのです。

あれは確か、最初にフェラチオを教えたのは処女喪失の2週間後、

彼女が21歳のときです。

ラブホテルのベッドがあまりにも柔らかかったので

床にバスマットを敷いて教えることにしました。

彼女はバスローブ姿でマットの上に跪いています。

期待しているけれどもちょっと怖いようで、緊張した笑顔です。

私は前を開いて、目の前に立ちました。

「大きすぎるよ」と、彼女。笑みが消えます。

私も若かったので、

そのときすでにびんびんだったんです(笑)。

天井を向いているモノをじっと見つめています。

そして両手を私の腰にかけて、私の顔を見上げました。

私が目で合図をしてうなずくと、彼女は先っぽを口に含みました。

「ぺろぺろキャンディーみたいに、チュバチュバしてみて」

というと、唇で包むようにしながら、口から出し入れしています。

時々歯にあたります。

「手で袋を包んで。」

「筋を舌でなぞって。」

「先っぽを舐めて。」

そんな要求に健気に応えています。

「止めていいよ」

「気持ち良くないの」

そんなことないよ、といいながら抱きしめて、

彼女のバスローブを脱がします。

戸惑いながらも彼女の顔に笑顔が戻りました。

全裸になった彼女をもう一度抱きしめてキスをし、

バスローブの腰紐を手に取りました。

「なぜ目隠しをするの」

「フェラをするときは、たいてい暗がりの中だろう」

「そっか」

素直に目隠しをされている間に、私は鞄を手元に寄せました。

「はい、もう一度始めるよ」

全裸で跪いている彼女の口に、小指を入れました。

「ずいぶんちっちゃくなっちゃたねぇ~」

笑いながらも、さっき教えたとおりに口を動かしています。

その間に鞄を開け、中からロープを取り出しました。

「うまいうまい、もう逝きそうだから抜くね。」

「はあい」

よっぽど可笑しかったらしく、まだ笑っています。

「はい、本物」

ペニスを手のひらの上に乗せました。

「やっぱりちっちゃくなってるね。」

また腰に手を掛けて口に含んでいます。

両手が開いたので、ロープを伸ばし半分に折り、結び目を四つ作りました。

フェラチオにも慣れてきて、

チュバチュバといやらしい音を出しながら上体を動かし

ています。少し興奮しているらしく、

顔がピンク色に染まっています。

私のほうも先ほどと同じぐらいにまで回復しました。

首の動きを牽制するようにうなじに手をやり、口から外しました。

彼女は少し息を切らしながら「どう?」と訊いてきます。

「とってもいいよ、最高だ。」抱きしめて、

耳元で「がんばったね」と言うと、無言でうなずきました。

しばらくそのまま抱きしめ、

いつもセックスを始める前にそうするように、

ディープキスを始めました。

激しく絡みつかせる舌使いで、求めてきていることがわかります。

口を外し、頬にもう一度キスをして、

ロープの輪を首に通しました。

「何をするの、怖い」

「大丈夫。痛くしないから、心配ないよ」

もう一度軽く抱いてロープワークに入ります。

胸の谷間に結び目が来ないように、首の後ろの輪の長さで調整します。

「ネックレスみたいだよ」と話し掛けましたが、

返事はありません。

彼女はただ、軽くうなずくだけです。

それから足を少し広げさせ、股の下からロープを通し、

靴の紐を編むように体を縄で包みました。

最後の結び目をつけるときにちょっときつめに引いたので、

「うっ、」と言う声を上げています。

「大丈夫?、痛くないでしょう。」やはりうなずくだけです。

半月前まで処女だった女の子が、

亀甲縛り姿で目の前に跪いています。

手足は完全に自由ですが、

心の中は縛られている気分でいっぱいなのでしょう。

紅潮した肌と荒い息遣いが物語っています。

「綺麗だよ」

「ありが、とう」少しうつむきながら応えます。

「もう一度、お願い」

再び咥えさせると、今度はゆっくりと、

丁寧に舐めています。

彼女にとってのペニスの存在意義が変わったかのようです。

愛しいものを愛撫するように、優しく扱ってくれます。

ふわふわとマシュマロの中で圧迫されたあとで、

濡れた絵筆で塗られるような感じです。

危うく逝きそうになる寸前、

手をとってペニスを外しました。

彼女はすっかり興奮しているようです。

肩で息をしています。両手の指を組ませ、

手首をもう一本のロープで縛りました。

そのとき「ああっ」と言う喘ぎ声が漏れたことを覚えています。

天井にある吊り下げフックにロープを引っ掛けます。

彼女に「立っていいよ」と声を掛けます。

ちょっとよろめきながらも立ち上がりました。

ロープを引っ張ると組んだ両手が上にあがります。

ちょうどつり革の高さぐらいでロープを固定しました。

縄の間から突き出している形のよい乳房の先端には、

すでに硬くなっている乳首があります。

「綺麗だ、この姿が一番綺麗なんだよ」

そう耳元でささやきながら、両乳首をダイヤルのように回します。

口をぎゅっと結んで声を我慢していますが、

一瞬背中がぴんと伸びて、確かな反応を感じます。

股間に手をやると、もうすでにロープが湿っていました。

ロープを掻き分けて中に指をやると、

ぐっしょりと濡れています。

まだ我慢をしているので「声を出していいよ」と言うと、

「あ」と、遠慮がちに喘ぎます。

クリトリスの愛撫に入ると彼女の声はだんだん大きくなりました。

体の姿勢も尻を突き出すような形になり、

手首を縛っているロープで吊られているような状態です。

しばらく続けると、彼女は声を出さなくなり、

荒い息遣いしか聞こえなくなりました。

その頃に手首が紫色に変色しているのに気づき、

手首のロープを外します。

床にへたり込もうとする彼女を何とか支え、

ベッドに座らせます。

亀甲縛りのロープを外すと、

やっぱり縄の跡が出来ていました。

「やっぱり、痛かった?」と聞くとうなずきます。

泣き声も聞こえます。

目隠しを取った途端、彼女が抱きついてきました。

「私のこと、離さないでね、お願い、離さないでね。」

それからじっと抱きしめてあげました。

今でも抱擁するときは、常にこのときの延長線上のような気がしています。




PAGE TOP