久しぶりの妻以外のセックス…それも女子大生…おいしかったですwww

去年の夏の事でした。

私は和菓子店を経営する54歳のおじさんです。

夏の間とあるリゾート地に出店して、営業しています。

毎年、とある大学の女子寮に依頼し代々先輩から後輩へと何人かの人たちに働いてもらっています。

去年も3人4人ぐらいで、ローテーションを組んで、常に店には2人でいられるようにして、残りの人は休憩や休みとして、ひと夏店の2回の部屋で住み込みでがんばってもらっていました。

その女の子の中で、2年生の瞳って娘はとてもきれいで清楚な感じがして、最初からかわいいなと娘みたいなそのこに思っていました。

そうは思ってもこの年になるとそうそう軽々と声もかけられず、アルバイトと社長との間柄で終わると思っていました。

しかし、チャンスは来ました。

最終日も終わり、片付け掃除余った商品の返品作業も終わり、帰ることになり、瞳以外の2人の娘は彼氏や両親が迎えに来るので、瞳を寮まで私が送ることになりました。

最初車中では当たり障りのない話でしたが、アルバイト料何に遣うのと聞くと、来年の春ヨーロッパに行くのに遣うけれど、ちょっと足りないので、秋から何かまたアルバイトを見つけると答えました。

私がふざけて「じゃあ、僕とデートしたら、お小遣いあげるよ。」と言うとまさかの答えが「いいです。今夜付き合ったら、5万円くれますか」と言った。

それから本店と女子寮のあるこの街のちょっと手前のインターで下り、そばのラブホに車を入れ、部屋を選び、ちょっと湿気のある部屋に入った。

ソファーに座り、最初に5万円を瞳に差し出すと「ありがとうございます。」と言い、自分の財布にいれた。

「こっちにおいで」と言い、小花あしらった、ノースリーブのワンピースの瞳を抱いた。

キスをした。

そして、ソファーの上でその瞳を後ろから抱きこむようにして、のスリーブのワンピースの脇から手を入れ、ブラ越しにそんなに大きくもない今年20に去るという娘の乳房を揉んだ。

「いやっ」云うが、無視してては柔らかい綿のワンピースの裾から手を入れ、薄い生地のショーツに手を差し込んだ。

密集はしているが柔らかい毛を感じながら、先に手を進めるともう微かに湿り気がわかった。




私はソファーから降りて、そのワンピースに頭を入れ、一気にその、ピンクのマーガレットの花が5つぐらい飾ってあるショーツを下げ、口をつけた。

「社長、洗ってないから、ダメー。」とは言っても、拒否はせずに、私のなすがままにしてくれた。

瞳の湿り気は見た目にもわかるほど濡れていた。

ほんのりしょっぱくて、甘い性臭がした。

私は「しばらくしていなかったの?」と聞くと小さく喘ぐように「ええ。あっちに行ってからぜんぜん。」と答えた。

その後シャワーを浴びベッドで、2回セックスをして別れた。

ベッドの中で聞いた話だと、男性経験は2人で、処女は1年の冬にその時付き合っていた彼で、今はサークルの先輩と週2ペースのセックスサイクルだといっていた。

久しぶりの妻以外のセックス、それも女子大生、おいしかったです。

今日は暇なので、もう少し書いてみます。

先ほどのは避暑地のアルバイトに来てくれた娘でしたが、今度の話は今から5,6年前の事です。

その娘はうちのデパート内の店にアルバイトにきていたちがう大学の娘でした。

私がたまにいくつかある店を回って歩く日にちょうどその日から入ったという確か彩夏といっていました。

彩夏は目がきれいで、うちの白いブラウスの制服越しにもわかるきれいな体をしていました。

それで,会ったことなど忘れた2,3ケ月後、その彩夏という娘とまた会いました。

同業者と会合の後で寄ったあるクラブにうちでのアルバイトの時は本当に清楚な女子大生の娘でしたがそこでは、化粧も派手で服もちょっとお水な感じでした。

ちょうどその日も初めての出勤日だったといっていました。

席に着くとすぐにたがいに気付き、酔いもあってか、すぐに意気投合し終わったらどこかに行こうとなり、そしてホテルに行きました。

店を出てからの彼女はごく普通の女子大生の姿で人か見れば、父と娘に見えたかもしれません。

しかし、ホテルに着くと、2人でバスタブに入りいちゃいちゃしその後、まだ経験の少ない彼女をベッドに横たえ、交わりました。

女性上位も初めてで、フェラもぎこちなかったような気がします。

何だか、とてもいいセックスした記憶があります。