好みの子とアナルセックスをしたら肛門から・・セックス体験談

俺の好みの女性のタイプは小柄でポッチャリ、タヌキ顔で眼がクリクリした娘、そして何よりも重要なことは背中から腰、お尻にかけてのライン。

会社の転勤でとある地方都市に移ったら、そこで好みにピッタリな娘と出逢った。

俺は長身、彼女とは30センチ以上背の高さが違う。

付き合ううちに男女の関係になったのだが、正常位では彼女の顔が胸のところにきてしまい、苦しいし重いとの苦情。

自然と彼女を抱きかかえて座ってかバックでするようになった。

これだと彼女の腰からお尻のラインがよくわかる。

実に綺麗なラインだ。俺的には。

ある時、彼女と一緒に泊まりで旅行をした。

この時、風呂場で俺が浴槽の縁に腰掛け、彼女を抱えてエッチ。

一回戦終了後、ちょっと悪戯心が生まれた。

一度アナルセックスをしてみようかなと。

座位で行為に及んだばかりで、お互いの結合部分はヌルヌル状態。

俺は彼女を持ち上げ気味にして、手でイチモツをアナル誘導。

そのまま彼女を持ち上げている力を緩めた。

ヌルヌル状態だったので、ものの見事にヌルッと肛門に滑り込んでいった。

彼女やめて!いたーい!そこ違うー!と暴れるが、彼女は足もつかない状態で俺の膝の上に座っている状態。

俺は彼女をガッチリ抑えて、そのまま行為に及んだ。

彼女「やめて・・・やめて・・・」

そう言いながら俺のほっぺたをつねってくる。

可愛いねぇ。

彼女、上下運動に合わせて喘ぎ声へと変わっていった。

しばらくアナルセックスに勤しんでいたら、

彼女「いたーい!お腹がいたーい!

と言う。そしたら、俺のイチモツの先端に何やら当たるモノが・・・。

俺「えっ・・・もしかして・・・」

彼女「だめー!!出ちゃう!!」

と腕を俺の肩や首に回して思いっきり抱きついてきた。

俺の一物が抜けた瞬間、ズブブブと・・・。

彼女「だめぇ見ないでぇー!!」

と必死の形相で手で俺の視界を塞ぎ、

彼女「いやー臭い嗅がないでぇ!」

と今度は俺の鼻を物凄い力でつまんできた。

彼女はその体勢のまま、出るもの全て出したようだ。

何度もお腹がピクピクとして、下腹に力が入るのが分かった。

目をつむって

「そのままでいてね・・・」

と言われ、彼女はお湯で汚物を洗い流し、流れないものはトイレに流しに行った。

その後は全く口を聞いてくれず、その晩のエッチもなし。

寝るときには、

「あっちで別々に寝て」

とお怒りです。

翌朝に土下座して謝りましたが、ヴィトンのバッグをプレゼントでどうにか許してもらいました。

その後、無事に結婚。

結婚後に嫁に言われたのは、嫁は酷い便秘症だったらしく、アナルセックスにより、初めてスッキリ、ドッサリの感覚を味わったらしい。

それから、

「便秘で苦しいときには、またお願いします」

と言ってきたもんだから思わずニヤリとしましたね。

今でも、半年に一回くらい便秘の特効薬として行為に及んでいます。




PAGE TOP