中出しと言われてもぐったりした様子で何の抵抗もしなかった妻

何年も妄想し続けていた願望を叶え、何とも言えない気分でした。
想像以上の興奮と、7年も大事にしてきた彼女を汚した罪悪感が入り混じっていました。しかし目の前で起きた光景を忘れることを出来る訳もなく、また見たいという強い欲求が芽生えていました。

亜紗子には感想やいろんなことを質問しましたが、何も答えてくれませんでした。男の激しい打ち付けに見たことのないような感じ方をしたのを知っているだけに、黙られて余計に嫉妬していました。本音を知りたくてたまらない気持ちでした。

悶々としている状況で、金曜日の夜中に男から電話が架かってきました。

「あれから何か話した?」
「いえ、特には・・・」
「まー普通は何も言わないだろうね、それよりどう?明日土曜日だけど行こうか?」
「はい、またお願いしようかなと思ってました・・・」

間違いなく嫉妬もしていたので、少し迷いながらそう答えました。

「それにしても彼女いい女だねぇ、おとなしそうな顔であの身体っていうのがたまらなかったよ」
「はい・・・」
「聞いてた通り遊んでなさそうだったしね、彼女具合もいい感じだったよ」

悔しさを感じながらも興奮しながら聞いていました。翌日にお願いしたいものの、彼女が本当に怒ったりしてしまうのではないかと心配していることを伝えました。

「大丈夫だと思うよー?その証拠に彼女2度としないでみたいなこと言ってないでしょう?どういう心境かは知らな
いけど、絶対嫌ならそう伝えるはずだからね」

確かにそうかもしれないと思いました、感想など一切話してくれませんでしたが、もう止めて欲しいとも言われていませんでした。自分は亜紗子がこの男とまたしたいと思ってるかもしれないと想像して、また悶々としていました。

「きっと大丈夫だからとにかく明日してみようよ、怒ったら止めたらいいんだし」
「はい、そうですね」
「明日は縛らないでさ、まあ服は脱がせておいてよ、彼女が受け入れたらそのままやらせてもらうからさ」

男の言うことに返事をして、複雑な気持ちもありながら2度目の計画を実行することにしました。

土曜日、いつものように亜紗子は自分の家に来ました。
何ら変わらず夕飯を食べ、テレビを見ながら過ごしていました。自分は男が来ることで頭が一杯で、早くベットに移動して行為を始めたいと思っていました。

21時半くらいになり、我慢出来ず電気を消して亜紗子をベットに座らせようとしました。いつものパターンならここで、何するのー?などと言って拒否されていました。しかし、亜紗子は服を脱がせようとしても何も言わず自分の行為を受け入れていました。亜紗子が男が来ることを期待しているように感じて、興奮と同時に益々嫉妬していきました。

その反面、亜紗子を全裸にしながらこれから極太肉棒で犯されることを想像すると興奮してたまりませんでした。
22時くらいになり、亜紗子にばれないように前回と同じく男の携帯にワンコールをしました。初めての時と同じくらい激しく胸が高鳴りました、真っ暗な静かな部屋で待つ気持ちはたまりませんでした。

亜紗子のワレメに手を伸ばすと、既にヌルヌルの状態でした。

「あっ、、」

今までの亜紗子の濡れ方と明らかに違う様子に嫉妬心が益々強くなっていきました。散々他人棒に犯されたい願望を持っていたはずなのに、亜紗子が他の男を待っているかもしれないと思うとたまらない気持ちになっていました。

ゆっくり愛撫しながら、他の男の為に準備をしているようで複雑な気持ちながら興奮していました。亜紗子が期待しているのは嫌なくせに、その反面早く犯されているところを見たいと思っていました。

そして、亜紗子の息遣いが徐々に大きくなってきたころ
玄関の扉が開いたのが分かりました・・・

<ガチャ>

亜紗子の気持ちは知る由もありませんが、自分は猛烈に心臓がバクバクしていました。男はゆっくりとこちらに近づいて部屋に入り姿を見せました。

「こんばんは」

低いトーンの声で男はそう言いながらズボンと下着を脱ぎました。男のいきり勃った肉棒を目の前にして、前回と同じように後悔と嫉妬の気持ちが芽生えました。男は上に白い肌着だけを着たままベットに近寄りました。

「亜紗子ちゃん、また来たよ」

亜紗子は自分に少し隠れるようにしていて何も言いませんでした。

「あ~もう裸だったんだねぇ、やっぱり亜紗子ちゃんたまんない身体してるな」

男は相変わらずの巨根を見せ付けるようにしてベットに乗りました。自分は男と入れ替わるようにベットから降りて横に座りました。

「またたくさんおまんこ突いてあげるよ」

男は亜紗子の乳房を両手で鷲づかみに揉みながら言いました。亜紗子は困惑しているような表情で自分の方を向いて、どうしたらいいの?という目をしていました。自分はそのまましていいよと頷いて合図をしました。

亜紗子の顔がゆっくりと男の方を向き、男は亜紗子の乳房を両手で鷲掴みながら吸いだしました。

「・・ん、んぁ・・・」

前回とは異なり、おとなしく男を受け入れようとしている亜紗子の姿に興奮していました。その反面、このような非日常の行為に身を委ねようとしている姿にますます嫉妬していきました。

男はねっとりと亜紗子の身体を愛撫し、膣内を指でかき混ぜました。すると亜紗子はすぐ自分の時には聞いたことのないような声をあげました。

「・・んぁっ、、いやっ、ああっ、、」

亜紗子はビクンビクンと全身を痙攣させて、膣内からいとも簡単に潮を吹きました。亜紗子の痙攣はしばらく止まらず、男はそれを満足そうに見ながら言いました。

「これ気持ちいいでしょう?今までしてもらえなかったんだもんねぇ」

自分は何とも言えない気持ちで聞いていました。男はぐったりしている亜紗子の口元に肉棒を持っていきました。

「今日は亜紗子ちゃんに咥えて欲しいなぁ」

男は自分のモノより明らかに大きな肉棒を亜紗子の唇に擦りながら言いました。

「舐めてくれたらこの前みたいにたっぷりしてあげるよ、これでおまんこ突いて欲しいでしょう?」

男はゆっくりと擦りながら亜紗子にフェラチオをするように言い続けました。

「亜紗子ちゃんが僕のモノしゃぶったら彼氏喜んでくれるよ?亜紗子ちゃんが自分以外のモノ欲しがって舐めてるのがたまらないんだって」

男が何度も唇の上をすべらせると、亜紗子の口がゆっくりと開くのが分かりました。

「そうそう、そのまま舐めてごらん、チンポ欲しいって彼氏に教えてあげようね」

亜紗子は否定することはせず、男の言われるまま舌をゆっくり出しました。自分は心の中で「あああ、止めて」と情けない声を出していました。

「あ~気持ちいい、そうそう、欲しかったらちゃんとしゃぶってね」
「・・・チュル、チュク、チュパ・・」

亜紗子が男の肉棒を舐めまわす卑猥な音が響いていました。自分は男の男臭さと下品な声に参りそうでしたが、亜紗子は躊躇う様子もなくしゃぶりついていました。

「あ~いい、亜紗子ちゃんフェラチオ上手なんだねぇ」

亜紗子は仰向けの状態から身体を横にして、男の肉棒を咥えこみました。自分には背を向けるような形で右手で肉棒を掴みながら出し入れを繰り返しました。

「・・ズチュ、ズチュ、ジュチュ、チュパ・・・・」

静まり返った部屋の中で卑猥な音が響いていました。
自分から表情は分からないものの、亜紗子が一生懸命フェラチオをしているのはよく分かりました。

「あ~すごい吸いつき、こんなに頑張ってくれるなんて嬉しいなぁ」

他人のモノを夢中でしゃぶる姿は、妄想はしていたものの実際に見るとたまらないものがありました。すぐに男はベットの上に仁王立ちをして自分に良く見える位置に来ました。

「しゃぶってるところ、もっと彼氏に見せてあげようね」

亜紗子は言われるままに移動して男の股間の真下に来ました。恥ずかしいのか手でゆっくりしごきながら男を見上げていました。

「ほら咥えてごらん、見られてるからって恥ずかしがらなくていいよ、彼氏のこと興奮させてあげて」

暗がりの部屋でも良く分かるくらいのカリ太の肉棒を目の前にして本当に参りそうでした。しかし亜紗子はためらう様子もなく大きな亀頭を口に含みました。自分が見るのもはばかる男の肉棒を亜紗子は舌を使いながら丁寧しゃぶり始めました。

「クチュ、ズチュ、ズチュ、チュパ、、」

卑猥な音を立てながら亜紗子は何度も亀頭から根元まで往復しました。男の極太の肉棒のせいで亜紗子のフェラ顔は見たこともないようなスケベな顔になっていました。咥えること自体大変なはずなのに亜紗子は頬をすぼめて一生懸命男に奉仕していました。自分の彼女が他人の快楽の為にしている行為は妄想よりも何倍も嫉妬させられました。

「ジュルル、ジュチュ、ジュパ、ジュチュ、、」

自分の気持ちなど知る由もなく亜紗子は唾を絡ませながらフェラチオを続けました。

「あ~いい、亜紗子ちゃんのフェラ気持ちいいわ」

男は下品な声で言いながら時おり亜紗子のFカップの胸を無造作に揉んだりしていました。男はしばらくすると亜紗子にフェラチオをさせて満足したのか、自ら亜紗子の口から肉棒を引き抜いて言いました。

「じゃあ、亜紗子ちゃん四つん這いになってごらん」

相変わらず亜紗子はほとんど何も言わず、恥ずかしいそぶりは見せながらも四つん這いになりました。男は亜紗子の両足を少し開くとワレメに指を入れました。

「あ~亜紗子ちゃんのアソコぐちょぐちょだねぇ」
「、、ああっ、」
「力抜いててごらん、また気持ちよくしてあげるから」

男がそう言って2本の指で掻き回すと、すぐに亜紗子のワレメからクチュクチュといやらしい音が響きました。

「、、ああっ、だめっ、」
「あ~ほら、また出ちゃうよ」
「、んああっ、いやっ、、ああんっ、」

ほんの数秒弄っただけで、亜紗子のワレメから潮が飛び散りました。亜紗子はいかにも気持ちいいと言っているような声が出ていました。自分では味あわせてあげれなかった快楽を他人の男がいとも簡単に与えているのを見てたまらない気持ちでした。

「いっぱい出たねぇ、気持ちいいでしょう?これからは僕が何回でもしてあげるからね」

男の言葉に嫉妬しながらも自分は恥ずかしいのもお構いなしにしごいていました。

「じゃあそろそろ入れてあげようかね、この前は正常位だけだったから今日はこのままバックでさせてもらおうかな」

亜紗子は少しだけ肩で息をしていましたが、四つん這いの体勢を崩していませんでした。

「亜紗子ちゃんチンポ欲しい?欲しかったら、もっと脚開いてお尻だけ高くあげてごらん」

亜紗子は恥ずかしそうな表情をしている癖に、男の言葉に従うように肘をついて少しだけ脚を開きました。

「ほら、恥ずかしがってたら入れてあげないよ?チンポ欲しいんでしょう、もっと股開いて、ケツ上げてごらんよ」
「、、、」
「彼のことなんていいから自分に正直なってごらん、もっとチンポ欲しいって突き出してごらん」

男が促すと亜紗子はゆっくりでしたが、尻だけを高く上げてたまらなくスケベな格好をしました。自分以外の男それもおやじの肉棒を求めていました。

「あ~そうそう、いい格好だね」

男は満足そうに亜紗子のムチムチした尻肉を掴みながら言いました。

「彼氏見てごらんよ、自分の彼女が他人にケツ向けてんのたまらんでしょう?」

男は肉棒を亜紗子のワレメに擦りながら言い、肉棒が往復するたびに亜紗子の声が漏れ出していました。

「これからたっぷり亜紗子ちゃんのまんこ使ってあげるからそこで寂しくしごいてなね」

2回目とはいえ、ギンギンに勃起させた肉棒が彼女に宛がわれようとしている光景はたまらないものがありました。大事な彼女の身体をただの遊び道具のように扱おうとしている男がいて、それなのに亜紗子はそれを待ち望んでいるかのような表情をしていました。

嫉妬と興奮の中、男はためらう様子もなくヌプリと挿入しました・・・

「、、んあああっ、」

亜紗子のかん高い声が響きました。男は亜紗子の豊満な尻肉を掴みながら、ビタンビタンと音を立てて突き上げました。亜紗子のFカップの胸は男が一突きする度にプルンプルンと揺れていてたまらなく興奮しました。

「、、あああっ、おっきいっ、、」

男の長く極太の肉棒を押し込まれる度に亜紗子は鼻声のような声を上げて、たまらないといった表情をしていました。

「あ~いい、亜紗子ちゃんのまんこ絡み付いてくるわ」
「、、ああっ、ああんっ、、」

男の激しい突きの度にベットはギシッギシッと音を立てていました。自分がすぐ真横で見ていてもお構いなしといった感じで亜紗子は喘いでいて、繰り返される男のピストンで顔を上げながら感じていました。

「ああっ、、やだっ、イキそうっ、、、」

すぐに亜紗子は自分の時には一度もなかった中イキを簡単にしそうになっていました。自分の粗末なセックスとの違い、モノの違いを痛感させられていました。

「イッていいよ、ほらっ」
「、、んああっ、、あああん、、イッちゃう!」

男の余裕たっぷりな様子と違い、亜紗子は男の肉棒を根元まで挿し込まれたまま全身をビクンビクンと痙攣しながらイキました。

「はぁっ、はぁっ、、」
「あ~亜紗子ちゃんやらしいねぇ、彼氏ちゃんと見てた?亜紗子ちゃんのおまんこヒクついてチンポに絡み付いてくるよ」

男はニヤケ顔で言いました。男がゆっくりと亜紗子の中から肉棒を引き抜くと、亜紗子の愛液がまとわりついて一段と卑猥に見えました。

「亜紗子ちゃん、もっと2人で楽しもうね」

男はぐったりしている亜紗子を仰向けにすると正常位で脚を開かせて肉棒を宛がい、チラッと自分の方を向いて言いました。

「亜紗子ちゃんホントスケベな身体してるねぇ、君のモノにしておくなんてもったいないよね」
「、、はい、」
「君みたいに貧弱な体じゃ亜紗子ちゃん満足させられないと思うなー」

男は亜紗子のビラビラを広げて肉棒を上下に擦りながら言いました。自分はそれを見ながら興奮してしごき続けていましたが、大きく股を開かれてるのに恥ずかしがる素振りもせずうっとりした表情をしている亜紗子にますます嫉妬していました。

「亜紗子ちゃん早くして欲しくてたまらないんでしょう?」
「、、、」
「ふふ、じゃあ、入れてあげるから気持ちよかったら我慢しないで教えてね」

男はそう言うと、また黒光りの肉棒をズブリと挿入しました・・・

「あ”あ”あ”あ”っ、、、」

亜紗子は全く聞いたこともない、快楽を我慢出来ないといったような声を上げました。

「あ~亜紗子ちゃん気持ちいいねぇ」
「、、ああんっ、あ”あ”っ、、」

男の逞しい肉体と肉棒は亜紗子の全身を悦ばせていました。一突きするごとに亜紗子はすこし震えた泣き声のような声で喘ぎました。

「、、んああっ、、あ”あ”っ、」
「亜紗子ちゃん気持ちいい?」
「あ”あ”っ、、あああっ、」
「ほら、ちゃんと言葉で教えてよ」

男は前後に大きくストロークを続けながら言いました。

「、、ああっ、んああっ、、」
「もっとして欲しい?答えてくれなかったらやめちゃうよ?」
「、、あああっ、、、」
「ほらっ、答えてごらん、気持ちいい?」
「、、ああっ、気持ちいいです、、」
「おまんこ気持ちいいの?」
「、、あああっ、気持ちいいっ、、」
「おまんこ気持ちいいって言ってごらん」
「、、おまんこ気持ちいいですっ、、、」

男は激しいストロークを続けながら、亜紗子の唇や乳房を欲望の赴くまま味わっていました。満足そうに亜紗子を覗き込みながら更に続けました。

「セックス気持ちいいでしょう?こんないいもんだなんて知らなかったでしょう」
「、、ああっ、、あ”あ”っ、、」
「今まで物足りなかった分これからおじさんがたっぷり満足させてあげるからね」

そこから暗がりの部屋の中で男は20分以上亜紗子を突き続けました。隣の部屋にも聞えてるだろうなと思うくらい亜紗子は声を上げ続け、その間3度もイッていました。

「あ~気持ちいいねぇ、じゃあそろそろ僕もイカせてもらおうかな」
「、はぁっ、はぁっ、、」
「ねぇ彼氏、この前も中出しだったし今日も亜紗子ちゃんの中に出していいよね?」

男は正常位で亜紗子のゆっくり出し入れしながら言いました。

「僕みたいなのが亜紗子ちゃんのおまんこで射精するのたまらないんでしょ?ほら、亜紗子ちゃん何も抵抗しないよ?まあ力が入らないだけだろうけど」

亜紗子は中出しと言われてもぐったりした様子で何の抵抗もしませんでした。

「女の子はこうやって躾けていかないと、どこに出されるかなんて考えられないくらいしてあげないとだめだよ」

男は1人で話しながら自分の意志などお構いなしにピストンを早めていきました。

「、んああっ、あ”あ”あ”っ、」
「あ~気持ちいい、亜紗子ちゃんのまんこホント絡みつくわ~」
「、、ああっ、やぁっ、すごいっ、、」

部屋中にビタンビタンと男の打ちつける音が響き、亜紗子の大きな乳房はブルンブルンと揺れていました。

「あ~ほらちゃんと見なよ、彼女君以外のチンポでこんなに悦んでるよ」
「、、んあああっ、だめっ、いっちゃう!、、」
「あ~いいよ、ほら、イッてごらん」

亜紗子は男の首に手を回してしがみつきました。

「、ああっ、イクっ、イッちゃう!、あ”あ”あ”あ”あ”っ!」

亜紗子はビクンビクンと痙攣して全身で男から与えられる快楽に溺れているようでした。男は亜紗子の身体に密着させピストンを更に早めて言いました。

「じゃあ僕も出すからね、亜紗子ちゃん、僕の好きなとこに出してよければこのまましがみついててくれる?」

自分はその様子を見ながら頭がおかしくなりそうなぐらい興奮してしごいていました。亜紗子は男の言葉を聞いたにも関わらず、首に回した手を離しませんでした。
目の前で亜紗子の心が男の思うままに変えられている気がしてたまらない気持ちでした。

「あ~そろそろ出すよ」

男はそう言うと亜紗子に濃厚なディープキスをしながらピストンを更に更に早めました。亜紗子は男のキスに夢中で舌を絡めながらこたえていました。

「あ~でる、でるよっ」
「、ああっ、出してっ、、」
「あ~イク、あ~っ」

男はズッポリと根元まで差し込んだまま射精をしました。
射精しながら2人は30秒くらいキスを繰り返しました。
自分はそれを見ながら床に精子を巻き散らかしていました。中々離れない2人を見ながら嫉妬をして、改めて自分の情けなさを思い知らされていました。

しばらくすると男は亜紗子から肉棒を引き抜き、用意してあったのか自分の連絡先を書いたメモを亜紗子に手渡しました。

「これ自分の連絡先だからね、彼に内緒でしたくなったらいつでも連絡しておいで(笑)」

男は笑って言い、亜紗子は恥ずかしそうに首を振っていました。何となく嫌な予感がしながら、男が帰りその日は終わりました。その後、亜紗子は自分との会話を避けるように疲れたから寝るねと言い眠りにつきました。
今後何があるか分かりませんが、何かあればまた報告します。




PAGE TOP