美大の黒人に強姦されたのに、巨根過ぎて性奴隷になった女子大生のSEX体験

私は女子大生で、
夏休みの終わり頃の体験です。

暑かったのでノーブラでTシャツを着て、
ショートパンツでくつろいでいたところに
インターホンが鳴りました。

家の受話器は年代物なので音が聞こえにくく、
この時も何も聞こえなかったので仕方なく玄関へ行き、
ドアを開けると若い黒人が立っていました。

男は、自分は日本で生まれ育った美大生で、
自分で作った作品を売り歩いていると言い、
カバンから金属プレートを出し見せました。

それは金属を細い棒のようなもので
引っ掻いて描いた風景画で、
なかなかの腕前でした。

でも家には私の他に誰もおらず、
私自身お金をあまり持っていなかったので断ると、
男は私の名前をしきりに尋ねてきたのです。

名前ぐらいいいかなーと思って
「倫子です」と言うと、
黒人はいきなり私を抱き寄せキスをされました。

ただのキスじゃありません、
口内を舌でかき回すディープキスです。

逃げようとしても外国人、それも黒人のチカラに
叶うはずがありません。

背中に廻された腕は私のお尻を
掴むなりグイグイと押さえつけられ、
結果、黒人の巨根を下半身にはっきり感じたのです。

気を失いそうなほど長いディープキスから
開放されむせ込んでいると、
そのまま玄関に押し倒され、
ハープパンツとパンティーを下ろされ、
Tシャツは破かれました。

男に乳首を吸われると乳首が
弱い私はすぐに声を上げ、
下半身も濡れ出してしまったんです。

10分ぐらいでしょうか、私の体は
男の唾液でベトベト、愛液でヌレヌレになってました。

男が左手で私のオ○ンコの濡れ具合を確かめると、
ジーンズのファスナーを右手で降ろすと、
見たこともない巨大な巨根が勢いよく飛び出てきました。

そして改めて感じた恐怖に逃げる間もなく、
ソレは私のオ○ンコの入り口にあてがわれ、
一気に突き刺されました。




最初から一番奥を突かれた私は、
体中のチカラが抜け、抵抗する気力も
もう残ってませんでした。

黒人のピストン運動にあわせて
声を上げつづけ、気付いたときには
玄関に裸で横たわっていました。

オ○ンコからは白いモノが溢れ出ていました。

それから1週間、誰にも言えないまま時間は過ぎ、
私も忘れようとしていた日のことです。

インターホンが鳴り、
約束していた友達が来たと思っていたので
何の疑いもなく扉を開けると、
そこにはあの時の黒人が立っていました。

男は私を見るなりニヤッと笑い、
強引に家に入ってきたのでリビングに逃げ
助けを求めようと携帯に手を伸ばしました。

しかしその手を入ってきた男に掴まれ、
そしてソファへと投げ出され、
押し倒されました。

男はニヤニヤ笑ったまま
私を裸にすると自分も裸になり、
巨大なアレを私の顔に近付けて
フェラを要求してきました。

私が必死に口を閉じて拒否する
と男は鼻をつまみ上げ、苦しくなって開けた口に
無理矢理突っ込んできました。

顎が裂けそうなほどの大きさに
私は涙をこぼしてしまいましたが、
男は気にする様子もなく、
私の頭を掴んで前後にふさぶりました。

程なくして口内に発射されむせ込んでいる
私を男は両手で持ち上げ、
そそり立っているソレの上に

そう騎乗位の格好でレイプさられました。

自分の体重に加え、
下からも突き上げられ常に奥に当たる感覚に
私の理性は吹き飛び、
自ら腰を振っていました。

結局、その日は3回イカされました。

それ以来、私は黒人の性奴隷として、
男だけではなくその友人
(日本人もいれば黒人もいます)達にも
犯されています。

もう普通の生活には戻れません

戻りたくないんです。

強姦されたのに、
今では黒人の大きな巨根の虜になってしまいました。

その為、彼氏とのノーマルSEXじゃ全然感じくなくなり
別れてしまいました。

今日も早くあの黒人に
乱暴に犯されたいんです。