太ももを両肩にのせてむしゃぶりついたエッチ体験談

えと、31歳のリーマンです。去年の年末、会社の忘年会がありました。一次会が終わったあと、二次会に出るのがだるかったおれは、適当な理由をつけて帰る事にしました。

そしてひとりで駅に向かう途中、客先の事務員、A美にばったり遭遇。
「あれ、A美さん?」
「あ、Sさん(おれの名前)じゃないですか!」

A美は22歳の細身の女の子で、感じ的には上戸彩に似たかわいらしい子だった。この子は性格も明るく、愛想がいいので社内でも人気があるらしい。

と、ここでA美が隣にいる女性を紹介してきた。
「あ、この子、学生の頃からの友達なんですよ」
「K子っていいます。こんばんわ」K子もなかなかかわいい子だった。

というわけで、「せっかくだし、おれのオゴリで飲みますか?」おれは勢いで二人を誘った。これがあっさりOK。ちょうど二軒目をさがしていたらしく、渡りに舟との事。

さっそくおれは仕事でよく使う居酒屋に向かった。さてこの二人、どうやら学生の頃に気分が戻っているらしく、ものすごい勢いしゃべりはじめた。そしてよく飲む。

とりあえず適当に話をあわせるわけだが、おいちゃんちょっと疲れちゃいましたよ。というわけで、2時間も経つと二人ともできあがってしまい、特にK子がベロベロになっていた。
 
とりあえず会計を済ましたおれは、二人をつれて店を出た。(さて、これからどうすっかな)と思っていると、K子が突如ダウン。おれにもたれかかったまま動かなくなった。

そんな様子を見て「K子がこれじゃしょうがないし、よかったらわたしの家に来ます?」とA美が言った。この子もフラフラながら、意識はちゃんとしてるらしい。

もちろん彼女は一人暮らしだった。(なんか期待していいですか?)と思ったら 「わたし一人じゃ運べないし」との事。(まあそうよね)と言う事で、タクシーでA美のマンションに向かった。

苦労しながらK子を部屋まで運び、別室のベットに寝かせる。この頃になるとA美はだいぶ酔いが冷めてきてて、居間にもどると「じゃ、飲みなおしましょうか」と、冷蔵庫にビールを取りに行った。

その後姿を見ながら、(なんかいい雰囲気だな・・・やっぱいい事あるかも)なんて思っていたら、テレビの上にある写真立てが目に入った。

そこに、A美が知らない男と笑顔で並んでいる写真があった。「あー、それ、彼氏です」おれにビールを渡しながら、さらっと言うA美。(まあ、彼氏・・・いるわなぁ)

ガックリしながらビールを喉に放り込むおれ。だが、A美は彼氏に不満があるらしく、なんとなくそれを打ち明けてきた。

内容はよくある話なのだが、要は 「同じ歳だから彼氏が頼りないんですよ」 と言う事らしい。(ここは一つ、9歳も年上なんだから大人を演じなきゃ)と思い、あえて彼氏の弁護に回った。

「22だろ?その頃はおれもそうだったよ」
「仕事を一生懸命やってるから愚痴がでちゃうんだよ」
「あんま責めるのもかわいそうだよ」

A美はおれが一言いうたびに「えー、Sさんはそんな事なさそう・・・」「なんか女の子大事にしそうだしなぁ」と相槌をうち、終いには「Sさんみたいな人が彼氏だったらな・・・」という所までこぎつけた。

むろん、酒の力は大いにあったと思う。途中でビールがきれて、日本酒に切り替わっていた事も大きかった。(なんでも彼氏が日本酒好きだから、常においてあるんだとか。)

で、当のおれもすっかり酔いがまわっていたらしく「それじゃ、彼氏に内緒で付き合おうか?」みたいな冗談も出始めていた。

「えー、またまたー。いつも誰かに言ってるんでしょ?」「ん?そんなことないない。A美ちゃんだけだよ・・・なんてね」「あ、ひどーい」

しばらくそんなやりとりが続いた後、「・・・あの、そっちにいっていいですか?」そう言いながら、おれの横にA美が座った。

そして、「ちょっと、肩、借ります・・・」と、もたれかかってきた。(あれあれ、OKサイン?・・・だよね)と判断したおれは、A美の肩を抱き寄せると、そのまま胸元に手を入れた。

「ん・・・」と反応したまま、無言になるA美。抵抗まったくなし。調子にのったおれは、ブラの中に手を侵入させた。すぐに乳首が指にあたる。

「んっ」身を硬くするA美だったが、すでにスイッチの入っていたおれは、それに構わず乳首をつまんでクリクリ動かした。

「あ!だめ!」途端におれの腕を引き剥がそうとするA美。(や、やべぇ。いきなり過ぎたか)と内心冷や汗をかいたが、その後、A美の口から漏れた言葉に安堵した。

「恥ずかしいから・・・明かり、消してください」おれは電気を消すと、A美を絨毯の上に押した倒した。そしてシャツのボタンをはずすと、わざと乱暴に前をはだけさせた。

「あ・・・やぁ・・・」と反応するA美。
それを無視してブラに手をかけたおれは、ゆっくり上にずらした。ブルンと意外にもでかいA美のオッパイと、うすいピンク色の小さな乳首が現れた。

(さて、どうしてくれようか)おれは息がかかるくらいA美の乳首に顔を近づけて、しばらく凝視した。いわゆる焦らし。

それに違和感を感じたA美が「やぁ・・・、そんなに見ないで・・・」と両手で自分の顔を隠した。そこでおれは舌を伸ばし、乳輪の外側を円を描くようにゆっくりと舌先でなぞった。

あえて乳首にいかないのがポイント。「はぁ・・・」深いため息をつくA美。最初こそ体に力が入っていたが、しばらくするとそれに慣れて、ゆっくりと力が抜けてくるのが分かった。

(今だな)と判断したおれは、いきなり乳首を”パクッ”とくわえ、わざと音をたてながら吸った。「うんっ!」瞬間、仰け反るA美。

反射的におれの頭を両手で掴んできた。しかしおれは、チュパチュパチュパ・・・と無言で乳首を吸い続けた。そしてたまに”コリッ”と乳首を甘噛みする。

「はっ、あ!」ビクっと体を震わせ、過剰に反応するA美。焦らしの効果もそうだけど、基本的に胸が感じやすい子なのかもしれない。

さて、この責めをしばらく続けた後、(そういえばキスしてないな)という事に気づき、乳首から口を離すとA美にキスをした。ムニュっと口の中に舌を差し込み、ゆっくり出し入れをし始める。

「んん・・・」くぐもったあえぎ声を出すA美。すると驚いた事に、おれの舌をチュウチュウ吸ってくるじゃないですか。

(もういいだろ)と思ったおれは、そっと唇を離すと、自分の服を全部脱いだ。顔をそむけながら、それを横目で見ているA美。

おれはなんとなく 「触ってよ」 と言って、A美の手をひいておれのティンポを握らせた。恐る恐る細い指がサオに巻きつく。

「あ、大きい・・・」びっくりしたようにA美が漏らした。「彼氏のより?」「・・・うん、大きい、です」ちょっと意地悪な質問をすると、恥ずかしそうに答えた。

この後フェラをしてもらう算段だったが、なんかその言葉にムラムラっとしたおれは、A美の服をすべて剥ぎ取った。

すると、とっくに暗闇に慣れたおれの目に、A美の全裸姿がうつった。服を着ていたときよりもずっと大きく見えるオッパイ。上をツンとむいている乳首。

くびれたウエストには無駄な脂肪がほとんどなく、うっすらと腹筋が浮き出ている。そしてアソコの恥毛は、申し訳程度にうっすらと茂っていた。

(やべ、まじ完璧かも)完全に興奮していたおれは、手順もへったくれもなく、ぴっちりと閉められていた太ももを強引に開いた。すると目の前にA美のマムコが現れた。

「あ!やだ、やだ、恥ずかしいです!」身をよじりながら抵抗するA美。半分本気で嫌がっているようだったが、かまわなかった。

おれはA美の太ももを両肩に乗せると、一気にマムコにむしゃぶりついた。予想通り、A美はすでに濡れていてツンとした匂いがした。

「あ!だめ!あ!あ!」ベロベロ舐めると、A美が声を荒げた。おれは舌先でクリを探しあてると、思いっきりチューーっと吸った。

「あ、う!」両肩に乗せたA美の太ももが、おれの頭をぎゅーっと絞めつけてくる。あまりにその力が強く、痛かった。が、ここで止めるつもりはさらさらなく、そのまま責めつづけた。

「う!う・・・は・・・ああぁ・・・」次第に気持ちよさそうなあえぎ声をだしてくるA美。

おれはその姿勢を保ちながら、両手をオッパイに伸ばし、ゆっくり揉んだ。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・」
あえぎ声がいつのまにか規則正しくなっていた。

そして心なしか、A美の腰がおれの舌を求めるようにゆっくりと動いている。そのあまりのいやらしさに(だめだ、もう挿れてぇ)と思ったおれは、マムコから口を離し、A美の腰を下におろした。

A美は絨毯の上で、両足をMの字に広げてぐったりしていた。びちゃびちゃのアソコを隠そうともしない。ただ、荒く息を弾ませ、それに合わせてオッパイがうねるように上下していた。

おれはおもむろにA美の両足を広げ、その間に割り込むとティンポをマムコにあてがった。そして亀頭の先端を半分ほどA美に沈め、ゆっくりと上下させる。

「あ・・・あ・・・」かすかに息を漏らすA美。徐々におれのティンポがマムコになじんでくるのが分かった。(生じゃまずい)と言う気持ちがありながらも、どうしても我慢できなかったおれは、腰をゆっくり沈めた。

ズブズブズブとおれのティンポがA美の膣に収まっていく。あれだけ濡れていながらも、A美の中はかなりきつかった。それでもなんとか根元まで挿入。

腰をピタリと密着させて軽くグラインドさせると、互いの陰毛が擦れ合ってジャリジャリいった。「おおきい・・・」A美がうわ言のように言った。

おれはそのままの状態でA美を抱きしめた。しばらくの間があって、彼女もおれの首に手を回してきた。おれは味わうようにゆっくりと腰を前後に動かしはじめた。

すると、亀頭の先に何かがコツンコツンとあたった。(子宮口だな)と判断するや否や、ズン!と思いっきりティンポを深くまで突き入れた。

「はう!」声をあげるA美。
おれは上半身を起こし、両手でA美の腰を固定すると、ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!と突きまくった。

「あっあっあっあっ、あ!」ティンポが奥に届くたびにA美が声を上げる。おれの下ではオッパイがユサユサと揺れていた。それを見てたらぐーっと射精感が高まってきた。

(やべ、でちゃう)おれはとっさに腰の動きを抑えて、目の前の乳首をくわえた。「・・・もっと、強くして・・」A美はおれの頭を両手で包み込むと、自分のオッパイに押し付けてきた。

おれは両手でオッパイを乱暴に揉みつつ、乳首を舌で押しつぶすようにベロベロ舐めた。やはりここの感度がいいらしく、揉むたびに膣がきゅっきゅっと引き締まった。

(とりあえず先にイカせるか)おれは乳首から口を離すと、両手でオッパイをがっしり掴みつつ、激しく突いた。ズン!ズン!ズン!ズン!

おれの手の中でA美のオッパイが痛々しいほど形を変えていたが、かまわずガシガシとスパートをかけた。しばらくしてA美が「あ!あ!うう・・・くぅ、い・・・くぅ・・・うぅ!」と体を硬直させてイッタ。

本当ならこの後、ゆっくりとA美の体を弄ぶつもりだったが、A美がイッタ時、膣がビクビクと痙攣しておれのティンポの快楽中枢を直撃。

情けない事にこれで限界が来てしまい、「おれもイクわ」と言いながら抽送を繰り返した。

「・・・外で、外でだして・・・」もとより中出しするつもりのなかったおれは、爆発寸前まで我慢した後、A美からティンポを引き抜きドクドクと腹の上に射精した。

A美のヘソのくぼみあたりに、驚くくらい精子が大量に溜まっていた。おれは肩で息をしながら、テッシュで精子を丁寧に拭うと、A美を抱きしめてキスをした。

そのまましばらく余韻を楽しんだ後、交互にシャワーを浴びた。シャワーを浴び終わった後、しばらく二人で話をしていたが、今度は湯上りのA美にムラムラっときたおれは、「もう一回いいだろ?」と、電気をつけたままA美を抱いた。

明るいところで見るA美の裸は、シミ一つない白い肌だった。ただ、さっき強く掴んだオッパイだけが所々赤く充血し、その痛々しさがまたそそった。

一度射精した後だったので余裕があったおれは、バック、座位、騎乗位と楽しみ、最後は台所で立ちバックまで挑み、そのあと果てた。

「もう、絶対、これ以上無理だから・・・」フラフラになったA美は、再度シャワーを浴びる気力もない様子。手近にあった服を着ると、膝をガクガクさせながらソファーに倒れこみ、すぐに寝息をたてはじめた。

おれもさすがに疲れて、軽くシャワーを浴びた後、絨毯に寝転んでそのまま寝た。次の日の朝、ちょっと用事があったおれは早々とA美の部屋をあとにした。K子は結局ずっと寝たままだった。

で、現在。実はまだA美と続いています。でもちょっと悩んでるんですよ。というのも、A美の事を本気で好きになってしまいまして。

もちろんこの後もちょくちょく飯を食いに行ったり、たまに抱いたりもしてるんですが、やっぱり彼氏とは別れられないらしい。というか結局はあっち優先なんです(まあ当たり前ですけどね)。この前A美を抱いた時なんか、オッパイに彼氏のキスマークがついてて嫉妬メラメラだったりしました。・゚・(ノД`)・゚・。





PAGE TOP