妹達と乱交…最高のオナホを手に入れましたwww

オナニー大好きな童貞だった僕ですが…

最高のオナホを手に入れました♪
簡単なスペックと手に入れるまでの出来事を書き込みしたいと思います。

オナホ名…綾乃(高2)

特長…2穴※1、可動式の脚つき(原寸大)、上半身・頭部は布団or毛布素材

維持費…ゴム代、ローション代、月々の携帯代、オプション※2

※1、1穴のみ使用可
※2、おねだり機能があり、それを叶える(おこずかい)とオプション使用可能になる。

オプション内容

・おぱいモミモミ…
上半身部位の布団に隙間ができ素材の中に手を入れる事が可能になる。普段は頑丈にガードされている。
・おぱいペロペロ・フェラ・手コキ…
機能は装備されてるみたいだがまだ使用可能になってない。

でオナホをGETするまでの経緯を♪

親が泊まりで出掛けてる日、友達と遊びに出掛けてる妹から連絡がきた。今から友達つれて戻るとの内容だった。了解した僕は夕飯と風呂をすませ自部屋にこもってました。妹が帰宅、隣の妹の部屋へ複数人入っていく音が聞こえた。男の声も聞こえる。

音楽とかガンガンかけ出して煩かったので僕はヘッドホンしながらテレビ鑑賞してたのですが。

いきなし僕の肩をトントンと叩かれ振り返ると妹の友達のサキチャンが立っていた。
『一応、ノックしたけど気づかないようだったんで勝手に入ってきちゃった♪』
『ごめんね。急に押し掛けてうるさくして。』である。
サキチャンはよく妹とつるんでいて会話こそした事ないが挨拶くらいはかわしてた。僕のオナニーオカズランキングでは1位なほどカワイイしスタイルがいい♪
で僕の隣にちょこんと座ってきた。いい香りがふわぁっと(笑)
ドキドキしてしまってる僕はまともに目を合わせれずチラチラ見てしまってたんですが…胸元あたりで目が釘付けんなった。あまり大きくはないのだが…ポツンポツンとポッチが2つ♪
サキチャンの服装は薄いスウェット地のワンピース形状の寝間着な感じ♪である。

既にフトモモとかみて半ダチ状態の僕は…完全なフル勃起!!

ジャージ姿の僕は必死にバレないようにしてました。…が

サキチャン『お兄さん(爆)それ…(笑)』と指差されながら爆笑された。
僕『ごめん…いや…その…』て言いながら隠すようにサキチャンに背を向けました。すると、

サキチャンが『お兄さんのぉ♪頭のなかでぇ♪サキはぁどんな事になってるのぉ♪』と後ろから耳元で囁かれた♪なにげに背中におぱいヒットである♪小悪魔である。

もちろん返答に困る僕にさらに囁いてくる。

『サキ、知りたいなぁ♪してみせてほしいなぁ♪』小悪魔である。

このやり取りの中で僕が童貞だとサキチャンに知れてしまう…

『サキで良かったら♪やらしてあげる♪』である。当然ダメな訳なく。

僕『おねがいします!!』

小悪魔サキチャン『じゃあ♪シャワー行ってきて、一度綾乃とこ戻って30分後くらいにまた来るから』て事で一緒に部屋をでる。

妹の部屋手前に差し掛かると
小悪魔サキチャン『また♪あとでね♪』とホッペにチュー。




僕はデレッとしながら返事しようと思った瞬間…
妹の部屋のドアが開き、サキチャンに押し込まれるかのように部屋へ、
部屋の中には
妹=綾乃Bランク(結構モテルみたいなんでもしかしてAランクかも…身内だからわからん)
デカチチ=ナオミDランク(チチなければそれ以下)
男2名。適当にAとBとする。

…で部屋の様子なのだが…
綾乃がA・Bとデカチチに責められている……そう…ランコウまっ最中!!


小悪魔=サキチャンSランク(間違いない!!)
と僕が部屋に入る。

サキチャン『もう1個チンポGET童貞チンポだよぉ♪』まさに小悪魔である。

デカチチ『イェーイ』

A・Bは僕の事はどうでもいい様子でSランクサキチャンが戻ってきた事のがうれしいご様子。当然である。
すかさずAはサキチャンの手をとりブチューてチューしはじめて…Bはそのまま綾乃を責めている。
綾乃はまだ僕に気づいてない感じ。

で残るデカチチがこっちに…
『おっぱい触ったことある?見たことは?』『私のどう?』『何カップだと思う?』

やはりご自慢のチチ話である…
『ないです』『おっきいですね』『ん~Fですか?』

『ブッブー、Gだよ』と正面から耳元に囁かれる。サキチャン時みたいな破壊的なドキドキはなく…

実際チチを拝見かつ揉ませていただいたが…乳輪もでかくそっぽ向いて少し垂れぎみ…ん~デカイだけ…

んで僕のも今までの勃起が嘘のように萎えてしまっている…

デカチチ『ん~元気ないねぇ…緊張してるんかな…』
僕『はぁ…』落ち込む

サキチャン『お兄さん大丈夫だよ♪』とやさしい声が♪

デカチチお兄さんに反応『お兄さん?』
サキチャン『綾乃のお兄さん(笑)』
デカチチ・A驚く!!
こっからデカチチがテンションアップ(笑)

デカチチが僕をつれて綾乃の側へいきそこで綾乃がようやく気づく(笑)
綾乃『なにでいんの』

僕『…』さすがに返答にこまる

デカチチ『まぁまぁ♪』と言いながら綾乃を責め始める。

状況掴めず中断してたBも再開。

デカチチ、綾乃のオマンコ使って僕に色々説明や手解きしてくれる。

んで手解きの最終行程の挿入の時に、かなりアヘアヘ状態の綾乃から『それだけは許して』と…
で結局童貞喪失はコイツ(デカチチ)とか…と思ってるとデカチチから素敵な提案。

デカチチ『サキ♪綾乃の代わりなって♪』

サキチャンが僕に抱きついてそのまま寝そべる、

うまいこと入らない。

デカチチ『綾乃手伝ってあげなよ♪』

綾乃『ええー』と言いつつサキチャンのオマンコを指で拡げて
綾乃『ここだよ…』と
うまくいかない。
綾乃『もぉ…』と言いつつ僕のチンコもって先っぽ誘導(笑)

そくざに発射…
3回くらい腰振れたと思う…

綾乃『なにもういってんの…ダサー』

その日は綾乃への挿入はなかった。

で次の日、僕からやらしてと迫る。親には内緒(当然こっちも困る)サキチャン達には最後は越えてないて事にあとは今月ピンチで携帯代払ってとの事。毎月払ってやるからて事で継続的利用許可(笑)

頭から布団被って下半身だけがでてる状態。
顔などは見ることは出来ない。
おぱいも固くガードされている。こんなだからセックスとはちょっと違う(笑)