性欲を一人で処理しきれなくなった童貞の俺が風俗に通い詰めて

まず俺のスペック
21歳180cm60kgのガリ
ブサメン大学生
彼女いない歴=年齢の童貞

大学生になったら彼女が出来ると思って入学したが、一年経っても彼女が出来なかった俺の性欲は爆発寸前だったんだ
そんな時事件が起きた
俺の童貞友達が全員彼女を作ったのだ
友達から聞かされる生々しい性体験
もうこの性欲を一人では処理しきれないと思った俺は風俗に行く事を決意した
一昨年の12月の寒い夜に俺は風俗街に諭吉を握りしめて行った。下調べはしなかった
俺の作戦は居酒屋のキャッチと同じ要領で声を掛けられて、値段交渉で安くしようというものだった。
そして歩く事30分。遂に薄汚い親父に話しかけられる

親父「お兄ちゃん!この娘どうだい!今なら本番もあるよ!」

そこに見えたのは素人目にも分かるフォトショ修正されたゴブリンだった。
それでも性欲がピークに達していた俺は本番という言葉に負けて聞き返してしまった。

俺「ホォ・・・いくらですか?」
親父「2万でどうだ」
俺「今手持ちが少ないんですよ」
親父「じゃあ15000でどうだい」
俺「1万円しか持ってないんですが」
親父「え、1万!?それじゃダメだ。帰れ帰れ」
俺「本番は無しでいいんで!」

胸倉を掴まれた。
あぁ・・・これはダメなんだなと察した

親父「てめーなめとんなかあkがrjg」
俺「ササーセン」
親父「この界隈じゃそんな金じゃ出来ねーンだよぼけtかjhがおい@ひ」

よくわからない罵声を浴びせられる。
その後平謝りでその場を抜けた俺は風俗にはもっとお金が必要だと理解し、出直す事にした

一週間、俺は2chの風俗スレを見ながら相場と優良店を探した。
しかしこの時、性欲任せの勢いは失われ、恐怖心が自分の中で増えていた
そしてたどり着いた結論が
手コキ→ヘルス→ソープ
の順でレベルを上げていけば風俗に慣れる事が出来るという事だった
上に行くほど値段が上がるので、貯めつつ行こうと思ったのだ
そして遂に俺は行動に移した。
手コキ30分3kの店へ行った。

前回のような受動的なキャッチとは違い、自発的に風俗店に入るのはとても恥ずかしかった
学生に思われたくなかった俺はスーツで行った。くだらない見栄である
手コキ店の周りで俺は1時間以上ぶらぶらしていた
その間キャッチの兄さんに声をかけられまくるが全て無視だ
遂にキャッチの兄さんに何してるか聞かれ、手コキ店に入るのが恥ずかしい事を伝えたら一緒に来てくれたwテライイニイサンwww
兄さん「この子30分フリーでお願いできる?」
などと兄さんが話しを付けてくれた
そして俺は野口三枚と別れを告げた

注意事項を聞かされた俺は部屋に案内された
一番安いこのコースは純粋な手コキのみでお触りは禁止だった
下調べしても知らなかった情報に俺はすこしショックを覚えた
4畳程の小さな部屋に椅子と机とテレビ
テレビにはAVが置いてある。
嬢が来るまでの間、俺はとりあえず椅子に座りそのAVを見ていた
緊張で勃起なんかしなかった
体感では10分くらい経って嬢が入ってきた
俺は就活生が面接を受けているかのような姿勢になった
嬢は黒木メイサ似の黒髪Cカップ位の胸、年齢は25くらい?香水がきつかった

メイサ「初めてなんだってーありがとねー」
俺「イエ!ヨロシャッス」
メイサ「うわー心臓バクバクいってるー!」
俺「緊張シテマス…
メイサ「あなたの初風俗戴き!
俺「ア、アリガトウゴザイマス」
メイサ「なんでうちの店来てくれたの?」
俺「値段ガ…安クテ」
メイサ嬢「あーわかる!うちのお客さんみんなそれ言うんだよねー!」

と話をしながら俺の息子へ手が伸びる

メイサ「うわーギンギン!

ここ最近、こんなに至近距離で女と話す経験なんてない俺はすでにボッキッキしてた
ここでメイサがタイマーをセット
慣れた手つきで俺のズボンを下ろす
そして人生で初めて他人に見られる勃起状態の息子

メイサ「こうやって触るだけでもっとおっきくなるなんて変態だねーw
俺「ハヒッ

亀頭をくりくりされ、玉の裏を撫でられ、俺はすでに爆発寸前だった
ちなみにここに来るために3日間オナ禁していた

メイサ「もっと体みたいなー

そう言いながら俺のワイシャツを脱がしていく
お触りはNGのはずなので動揺する俺

メイサ「私が触る分にはオッケーでしょ?w

上半身も裸になった。遂に露わになる俺の体
メイサが俺の乳首を責める(指で
その時ドレス越しに嬢の胸が俺の体に当たる

メイサ「あぁーおっぱい当たっちゃった♪

今まで当たっちゃったりした事はあるが、ここまでしっかりとおっぱいが俺の体に密着したのは初めてだ
当然股間は反応

メイサ「あれれ、おっぱいに反応しちゃったの?えっちなんだからw

そして乳首責めしていた手が股間に
思わず声が漏れる

俺「アフゥ!
メイサ「あはは、エッチな声wもっと声出させちゃおう♪
メイサ「そーいえばここが痒いんだけど、君ちょっと掻いてくれない?

そういって俺の手を取って胸に押し当てた

俺「ヒャッ!デモコレッテ…
メイサ「いいのいいのwww痒いんだからwww

とか言いながらブラの中に手を入れた
生おっぱいを生お触り

メイサ「うわーwww超反応してるーwww
メイサ「痒いのは、頂点のポチってしてる所だよー
俺「イインデスカ、ヌフ!

こうして俺はおっぱいに触りながら手コキをしてもらいもう限界だった

俺「ウゥ。イキます!イキます!
メイサ「いいよ!出して

こうして嬢の手の中で果てた。こんなに出たのは中学の時以来だと思うくらいの量だった

メイサ「うわぁいっぱい出たねぇw今拭くからちょっと待っててね

手の中だけでは収まらなかった種達は俺の腹の上にも出てた
このコントロールはプロだったなぁと後日俺は思った

そうして処理して、メイサの手コキ店だから性病の心配がないっていう話に相槌を打ちながら賢者タイムを迎えていた
しかし賢者タイムなのに「何やってんだろ…俺…」という感じではない
「俺…遂に女の味わかったぞ…」といった感じになっていた
そう、俺の風俗への恐怖心はなくなったのだ

店を出た俺は家に帰ってこの思い出で抜いた
次は女の裸が見たいと思い、ネットで情報収集をした
俺は、興奮するAVランキングトップ5入りしていて、人生で一度はやりたかったマットプレイが出来るヘルスを次に行く事にした

手コキヘルスから一週間後、俺はマットヘルスの店に来た

前回の様に店の前でブラつく事はもうなかった
手慣れた気分で受付でフリー入場をした
手コキ店ではそのまま部屋で待機させられたが、ヘルスでは待合室で待機する事となる
待合室には先客が3人。汚い親父二人と中間管理職といった感じのサラリーマンだ
俺は明らかに浮いていた
見栄を張る為にスーツを来ているとはいえ、どうみても新入社員といった年齢だ
しかし先客は歴戦の兵だった。そんな俺を一瞥しただけで物珍しい目で見る事もなかった

そんな先客達との静寂なる待機時間を終え、俺の番号が呼ばれる
注意事項は前回と違い、本番行為の強要についてを念押しされた
扉が開いた先にはキタエリのような嬢がいた
年齢は20代前半、胸は小さめだ
先に言っとくと、俺は興奮出来たんだけど、エリは事務的なプレイで有名な子だった

エリ「今日はよろしくねー
俺「ヨロシクオナシャス

エリは俺の手を取り部屋へ入って行った

部屋は人が二人寝れるシャワールームとベットがあるシンプルな構造。築年数は結構経っているのだろうか。所々汚い
などと部屋を観察してるとエリが服を脱ぐのを促す
全裸になる俺
俺の服を畳んだら、エリをすぐ服を脱ぐ
おおおおお、生の女の体だー!俺はフル勃起した

エリ「マット準備するからちょっと座ってまっててねー

俺はベットに座り、準備しているエリをガン見していた
本物のアソコがみえた、フル勃起の限界突破を体感した
先述のように12月だった当時はとても寒く、震えていたが、それはこれから触れるであろうこのエリの体に対する武者震いであると錯覚していた

そうこうしてると準備が完了したらしく、エリからマットにうつ伏せになるように言われた

もうこの時点で俺は天元突破フルボッキしていた

エリ「うわ、めっちゃ勃起してるwwwマット破けちゃうかもwww
俺「実は…こういう所初めてで…
エリ「え、マジwなんで初めてなのにイメヘル行かなかったの?wマットって普通のプレイに飽きた人が来るんだよ?w
俺「マットプレイに憧れてて…それに…彼女とか出来そうになくて…
エリ「へー変わってるねーw

と会話をしつつ、俺の体にローションが塗りたくられる
そしてエリが俺の体の上に乗った
おっぱいが背中に当たってるwww
ぽつんとしてるこれが乳首かwww

背中を舐められたり、ローション塗れの体が行き来したりと
すっかりマットプレイを堪能していた俺

エリから仰向けになるように指示
背中を超える刺激がそこにはあった
乳首を責められると声が漏れる

俺「アッ、フッ」

足やら手やらに股間を押し付けるエリ
そのたびに当たってるwww当たってるwwwと興奮する俺

しかしここである出来事が

プレイも盛り上がってる所で俺は失敗を犯してしまう
絶対に動かないでと言われていた所で、あまりの気持ちよさに動いてしまい、エリがマットから落ちてしまった

俺「ア、ダダ大丈夫デスカ?アワワ…」

エリの顔が一瞬怖い顔になっていたのが見えた
がすぐに

エリ「もー動かないでって言ったでしょー
エリ「ぬるぬるだからマットから落ちちゃうんだからー

と元に戻った

それ以降のプレイはやらかしてしまった罪悪感が残ってしまった
会話もほとんどなくなり、いよいよ気まずくなる
それでも出すもんは出したいのである
ローションプレイだからこそできる素股で果てた
体への刺激だけで頂点に達したのだった

プレイ後はローションを洗いながし、帰り際エリからキスをされた
が、初キスではないし、こんな事務的なキスは嬉しくなかった
俺は家に帰って二回抜いた

2回の風俗での反省点を自分の中で吟味した
その結果、エリからも言われたように、普通の風俗に行く事にした
それまでちゃんと体をみた事もないし、おっぱいにしゃぶりついた事もない。エリとのプレイは全て受け身だったからだ

そしてその2週間後、給料の入った俺はエリの店の近くのイメヘルへと行く事を決意した
3回目ともなると、ベテランの風格が出てきた童貞の俺は、受付でフリーで入った
今までの店と違い、シチュエーションやコスチューム選択、好きなプレイ、呼ばれ方などなどのアンケートを記入出来たので

シチュエーション:メイドと御主人の息子との関係
コスチューム:メイド
好きなプレイ:責められ
呼ばれ方:どーてーくん
特記事項:初めてなので体を隅々までみたい

と記載し、提出した
自分の素直な気持ちをアンケートにぶつけた

注意事項を聞かされカーテンの向こうにいた嬢は竹達彩菜をキツネ顔にした感じのぽっちゃりの女の子だった

後日HPの情報を調べたらバストはD、身長は155cm、22歳だった(ちなみに、プレイ中に打ち明けられた年齢は24歳だ
ネットの評判は顔はイマイチだが、テクニシャンのベテランとのこと

彩菜「はじめましてー!
俺「はじめまして!

いきなり腕に飛び付かれる
すぐ後ろには受付のお兄さんがいる
少し恥ずかしかったw

彩菜は話がうまい子で、コミュ障の俺にもちょっとやそっとじゃとまらないマシンガントークを繰り広げてくれた
部屋に着くとまずメイドという事でご奉仕としてキス

彩菜「御主人さまには内緒ですよ♪
俺の息子「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

服を脱ぐ途中も

彩菜「わわwもうこんなになっちゃって!えっちなんだからぁw
彩菜「パンツの上からくりくりくりくり、うわ!おっきくなった!
彩菜「それじゃ、パンツ脱がしますねー、うわーおっきい!始まる前からこんなに大きい人滅多にいませんよw

などと俺の股間を刺激する言葉を投げかける
その間もどんどん俺の息子は大きくなる
服も全部脱ぎ終わり、シャワーを浴びる
衛生面の問題があるので体を洗って貰い、イソジンでうがいをする
ちなみにこの時は二人入るのがやっとなシャワールームで体が密着している
この体を洗ってもらう作業がくせ者でボディーソープで股間を洗うのが気持ちいい

彩菜「おちんちんは念入りに綺麗にしないとですね!

と皮を剥いて洗うと、俺はもうそれだけでイキそうだった

俺「洗ってるだけでイキそうですwww
彩菜「いいよ。何度でもイッていいよ。二人で記録作っちゃお♪

この言葉で俺は頂点に達していたw
この時果てなかったのは彩菜のテクニックだと俺は思ってる

こうして体を洗い終わり、ベットの上へ

彩菜「体を見たいんだってね。どーてーくんは興味津々なんだね
彩菜「いいよ、私の体、隅々までみていいよ

と言いながらキスをする

手コキでもマットでもなかったディープキスだ
舌が俺の口の中に侵入してくる
経験のない俺だが絡ませ方は体がわかった
俺もそれに応える
舌を入れて入れられてを繰り返していると彩菜は唇を離した
俺の舌は行き場を失った
はっとしているとまたキスをされる
キスってこんなにいいものなんだ・・・
俺はすっかりキスの虜になっていた

また唇が離れ、俺の顎、首、鎖骨とどんどん下へと舐めて行く
味わった事の無い快感に俺は体が捩れるほど刺激を受けていた
そして乳首を舐められる
体に電流が走るという表現をエロ関連の話ではよく聞くだろう
まさに俺に 電流走る――!
と表現するしかなかった

脱線するが、乳首を舐められる刺激が忘れられなかった俺はこの日を境にチクニーに目覚めた

話を戻すと思わず声が漏れた
俺は後に気づくのだが、プレイ中は息遣いは荒くなれど、声は滅多に出さない。我慢する事でより興奮するのだ
しかしその時は声が漏れた

俺「あ、あ、、あああ
彩菜「声でちゃってwどーてーくんはかわいいんだからw
俺「乳首って気持ちいい・・・・
彩菜「ここがいいの・・・
俺「あっ!
彩菜「あらあら声と一緒におちんちんも反応しちゃってw
俺「だって・・・だって・あっ
彩菜「かわいいんだから

右乳首を舐め倒したら左乳首も舐める
その間右乳首は先ほど舐めた際の涎がローションの役割となり指で繰りまわされる
これが気持ちよくないはずがなかろう

一通り乳首を責めた後はさらに下へ
へそを舐めてわざとらしく股間を凝視

彩菜「わあ!こんなにおっきくなっちゃってw爆発しちゃいそう

こんな事言いながら俺の股間に息を吹きかけたりしている

俺「もう爆発しs・・アンッ

亀頭にキスされる
条件反射で声が出て、股間がピクンピクンする

彩菜「まだまだおっきくなるなんて、どーてーなのに変態さんなんだねw
彩菜「あれれ、てっぺんから汁が出てるよ
彩菜「このねちょねちょしてるのはなんですかー?
俺「我慢汁です・・・
彩菜「せーかい!ごほーびに・・・

と言いながら俺の亀頭が彩菜の口に入る
これがフェラチオか・・・と思い馳せながら堪能した
乳首責めの際のような電流が走る感覚はない
正直使い慣れた右手でしごいた方が気持ちいい
しかしそれは体への快感の話だ
「女」が「俺の股間」を「咥えて」いる
そう思うと私の興奮は頂点だった

俺「あ・・だめ・・・すぐイッちゃいそうです
彩菜「どーてーくんだからそーろーくんなんだね♪
俺「ハヒッ!

フェラチオを止めた彩菜は俺に抱きついてきた

先ほどシャワーの後に着直したメイド服を脱ぎながら
そしてブラとパンツだけになった

彩菜「外して・・・見たいんでしょ?私の体
俺「ハヒッ!

ブラジャーの外し方は妹の物で練習済みの俺には余裕だった

目の前にはおっぱい。AV女優の大きさで言うとつぼみくらいの大きさのおっぱい
舐めてー
俺のそんな気持ちを読んだのだろうか

彩菜「舐めてもいいよ

俺はしゃぶりつくように舐めた

彩菜もいやらしい声を上げてくれてその場のふいんきは盛り上がっていた

ここまで来ると誘導はいらなかった
俺はそのまま彩菜の唇にキスをしながらパンツを下ろした
途中でひっかかったが、彩菜が取ってくれた

彩菜「見ていいよ、私の・・・

俺は本物のマンピーを食い入るようにみた
ネットでむしゅーせー動画を見た事はあるので、初めてではないが、本物、触れる、嗅げる、舐められるなどという気持ちが俺の中に渦巻いた

そして彩菜はくぱぁをして
彩菜「ここが尿道、ここがクリトリス、わかったどーてーくん?

とその場で講習を開催してくれた
俺は犬の如く従順さではい!はい!わかりました!
と息を荒げた

彩菜は俺の指を手に取り自分の口に入れた
涎塗れになった俺の指をマンピーに押し当て

彩菜「指なら挿れていいんだよ・・・?

本能の赴くままに指を彩菜の中に挿れていく
彩菜はAV女優の様な喘ぎ声を出す
演技だとわかっていても興奮する

彩菜「そこがGスポット!あぁん♪

マンピーのGスポットを発見した
撫でるように触るほど彩菜は声をあげる
ちょっとテクニシャンになった気分だった

俺が指を抜いたら彩菜が四つん這いになってといってきた
指示に従い座薬を入れられるポーズになる俺
そして彩菜は俺のアヌスを舐めてきた
乳首ほどではないが、アヌスは気持ちいい
乳首との最大の違いは体が逃げているのがわかる事だ
乳首はどんなに舐められても大きく動く事は少ない(舐められてていきなり右に50cm動く人はいないだろう
しかしアヌスは動く。簡単に反応してしまう。その反応に身を委ねてもいい。逆に耐えてみようとしてもいい
どちらにせよ、四つん這いでアヌスを責められて俺の股間は限界を迎えていた
その時だった

ピピピピピピピピピピピピピピ

部屋の中に鳴り響くタイマーの音、そして部屋に取りつけてある受付と繋がっている受話器がなる
俺は焦った。ここまで高ぶってお預けにされるのは勘弁だった

彩菜「もうおしまいみたい・・・
俺( ゚д゚)ポカーン
彩菜「でも・・・少しくらいなら延長しても平気・・・だよ・・?

俺の中で何かが弾けた
彩菜は最後の仕上げで69の体勢でお互いに陰部を舐め合った

世に言うバキュームフェラというものだろうか
普段の右手とは違う
俺の股間の全部が吸われている
すぐさま俺は果てた

彩菜「すっごーいいっぱいでたね♪

今までの手コキ、マットでの量よりも多かった
ふぅ・・・と一息付こうとしたその時
イッた直後の俺のブツを彩菜は触りだしたのだ

彩菜「くすぐったい?w
俺「ああぁあ・・・ぁぁぁ!!!!

イッた直後のあそこをいじるのは初めての経験だった
またしても俺に電流が走る
後に射精の向こう側と呼ぶ事となるこの快感
俺は無様な声を出していた

彩菜「もっとすると男の人でも潮吹くんだけど、続きは今度にしよっか

そんな事を言いながら、後処理をする彩菜
俺はいまだかつて感じた事のないエクスタシーの余韻に浸っていた

しかしタイマーがなった事を思い出した

俺「あ、あの、タイマーの延長って・・・
彩菜「あれはちょっと早めに設定してあるから料金とか関係ないよwもーどーてーくんは心配性なんだからーw

一安心した俺は、退店時アンケートに100点で出した。

彩菜とのプレイは俺に衝撃を与えた。ここからスレタイで書いたように風俗に嵌った。

今まで貯蓄に回していた金をすべて風俗に使った
過去3回とも外れを引いた事がなかったし
それに自分のB専は自覚して、わざわざ指名料を払いたくなかったので、基本的にフリーで通い詰めた

ダイジェスト
4回目:パイパン、大林素子、素股フィニッシュ
5回目:彩菜店フリー、箕輪はるかを可愛く?、フェラ、脱がせなかった・・・
6回目:制服プレイ、デブ汚ギャル、タバコ、フリーの恐怖
7回目:彩菜、40分で2回、汗まみれ、勘違いされる
8回目:M向けヘルス、前立腺を開発失敗、やはりMだった
9回目:初めてのホテヘル、部屋が広い、あたしんちの可愛い子、産毛無処理、コスプレ
10回目:ピンサロ、ともだちのかーちゃんに、おおうそつき
11回目:本場へ、韓国本番アリ、失敗した失敗した失敗した
12回目:M向け、大山のぶ代、意外と燃える
13回目:彩菜店、早見沙織、目隠しに目覚める
14回目:アイマスク持参、ホテヘル、メリークリトリス!、ギャルールー
15回目:M向け、アイマスク持参、大山のぶ代、バックファイヤーに目覚める

俺は性欲の全てを風俗にぶつけた
しかし失うものはある
それは金だ
6ケタ以上あったおれの貯蓄は遂に尽きた
そして冷静に過去を振り返り恐怖している
「風俗に費やした金があれば…」
過去を振り返っても遅いのだ

最近は自分が童貞なのかわからなくなっている
いまだ挿入した事のない俺は素人童貞すら名乗れないのかもしれない
しかしここまで女遊びをしていて童貞ではないのかもしれない

ひとつわかるのは女遊びするくらいなら彼女を作れって事
俺は風俗での経験を知人に一回も話した事はない
そして、風俗の感覚で女の子と話すと大体引かれる
嬢たちは俺をいわば虜にする為にあの手この手で話術を披露するが
一般の女からすれば俺なんてただの童貞ガリブサメンだ
よく風俗に行ったら女に免疫付いたというがあれは全員に当てはまる事ではない
少なくとも俺はいまだに女との会話の仕方がわからないのだ
こんな風にはなってはいけない




PAGE TOP