私はあっという間に射精して母の中に精液を注ぎ込んでしまいました

私は結婚もして子供がおりますので、母とその頃の過去に戻って告白します。
父が仕事から帰り、お風呂のあとにビールを飲むのはよく見ていました。
母が相手をして、母は飲む振りをしていたと教えてくれてました。
父が酔って寝てしまい、母が私の部屋で一緒に寝るようになっていたのですが、いつ頃からそうになったのか覚えてません。
母が寝るときは、ノーブラは毎日でしたが、夏場はノーパンノーブラの裸にスリップ一枚、母と寝るのが嬉しかったですね。

 母が肩紐をずらし、乳房を露出させ、私に乳首を含ませていたんです。よく吸わせてもらってました。

オッパイを吸っていると、私のが勃起をしてしまい母もそれに気付いてました。
 母にピッタリくっつきオッパイを吸っていたのですから、気がつくのは当然だったのでしょう。

「どうしたの?・・・・オッパイ吸ったら興奮しちゃったの?」
「う、うん・・・」

「しょうがない子ね・・・お父さんに言わないのよ」
そういって母はスリップを脱いで裸になっりました。もともとノーパンノーブラですから、スリップを脱ぐと母は素っ裸です。

「秘密よ」
そういうと母は仰向けになつて両脚を開いてくれました。

「見ていいの?」
「いいわよ」
私は母の股間に顔を近づけていきました。

初めて見る母のあそこ、つまりおまんこが綺麗だと思いました。
「もっと近づけて・・・舐めていいのよ」
驚きました。母のおまんこが舐められるなんて思いもよりませんでした。
私は夢中で舐めました。

「あーっもっと優しく、ゆっくりでいいから」
母が可愛い声で、ノケゾリ喘いでいました。
「もういいわ、お母さんの中に入れて、教えてあげるから」
私は母の足の間にはいり、母は私の痛いくらいにボッキしたちんぽをおまんこに押し当ててくれました。

「そこに入れるの、そのまま入れて」
母の中にニュルと入りました。気持ちよかった。

「腰を前に突き出すように動いてごらん」
「うん・・・」
私は言われたとおり腰を動かしました。
母の体内の粘膜と擦れたとき、私はこんな快感がこの世にあるのか! とさえ思いました。

温かくてヌルヌルした粘膜にちんぽ全体が包まれて、ちんぽを中で動かすたびにきゅっ、きゅっ、と締めつけられます。自分の指とはぜんぜん違うのです。

あまりの気持よさに、私はあっという間に射精して母の中に精液を注ぎ込んでしまいました。この射精のときの快感といったら言葉では言い表せません。
気持よすぎて、自分の腰がドロッととろけてしまうようでした。

「おめでとう、隆もこれで立派な大人よ」
そういって母はティッシュを持ってきてちんぽを綺麗にしてくれました。

それが初体験で、私は中一でした。

それ以来、母と密かにやるようになっていました。
ときどきですが、母からセックスのレッスンを受けていたのです。

そのおかげで、初めてできた彼女とやるとき、慌てずに彼女をリードしてやることができました。母には感謝しています。

あれから数十年。母はすでに亡くなっています。
あの夜のことは、遠い遠い昔の懐かしい思い出です。