母の喪服姿は僕をゾクっとさせて・・

父が亡くなる前、看病とかでやつれていたと思う。
傍で見守るようにしていて、母の悲しそうな顔を見るのがつらかった。
いまにも崩れそうな雰囲気があり、叔母から注意を受けていた。
葬儀の当日、僕は母の喪服姿に女の母を見た。
不謹慎と思う人もいると思いますが、その喪服姿は僕をゾクっとさせた。
自分の母親なのに、こんな女の香りが漂う様な母を見たのも初めてだった。
 常に母に寄り添う様にして、母からは淡いコロンの香りと、なんとも言えない、母の女のフェロモンなんでしょうか・・・

僕は母に恋をしてしまったのか、母から離れることもなく近くにいた。
葬儀が済み、家に帰ると母から呼ばれた。
「ねえ、喪服を脱ぎたいの手伝って」
え!と思った、脱ぐのを手伝う?

 「お母さんを見ていたのね解っていたわ、ありがとう、嬉しかったわ、あなたが見守っていてくれたなんて」
「見守るなんてしてないよ」
母が喪服の紐を解くのを手伝いながら、僕のペニスが勃起を始めていた。

 母に気づかれないかしていたが、母は僕が腰を引いているのに気づき、なんとなく解ったそうで・・・

 母が目の前で、裸になった綺麗な裸に見とれた、僕の正面に裸の母が立ち、僕はボー然となった。
形のいいオッパイ、くびれた腰、薄めのヘアーの下にワレメが見えていた。


「恥ずかしい・・・そんなに見てないで・・・・あなたも脱いで・・・」
僕は経験もない、裸になり母と向かい合った。
「すごい元気なのね・・・そこに寝て」
僕は仰向けになり、母が僕のペニスを咥え驚いた。

母がペニスを咥えている。
すごい、母が僕の上に乗り69になって母のおまんこが見えていた。
綺麗なピンクの中が見えていた。

夢中で吸い付くようにしてただ吸い付き舐めたりしていた。
 母のおまんこを舐めている、母がペニスを咥えている、僕は夢の中にいるかと思っていた。

母が僕を跨いでいた。
「入れるわね、あなたがお母さんの中に入るの」
気持ちよかった、母に言われ下から腰を突き上げる様にしていた。

「揉んで」
母が僕の手をとり、下からオッパイを揉み上げていた。

童貞卒業で、母に教えられながら、座位になり母と口を吸い合い舌を絡めて吸い合った。
バックもしてから、正常位で母に重なり母が僕にしがみついた。

「もっと・・・・もっとメチャメチャにお母さんを愛して・・・いいーもっと強く突くの・・・」
母の中は最高に気持ちいい、我慢できずに母に出した。

「すごいわー・・・・あー出てる・・・」
母の上に重なったままになってました。

その後も母に挑んで、何回したのか覚えてない。

夕食も食べず母と愛し合ってしまい、時計を見ると午後7時を過ぎ、母と4時間位抱き合っていたんです。