俺の舌先は母の体内に挿入していく

21歳の俺は、社会人2年目。そして、母の綾子は、43歳の主婦。
俺は母が好きだった。どうしようもないほど好きだった。
だから、本気で母に頼んだ。母は俺が本気だということを知るとOKしてくれた。
数日後、俺と母は少し遠い街のホテルに入った。
二人だけの秘密の時間が流れていった。シャワーを浴びてバスタオルの母を、俺はお姫様抱っこをして、ベッドに入った。母は、背面して、恥ずかしそうだった。
「暗くして・・・」そういう母の声に、明かりを少しだけ落とした。
「もっと・・」
「だめだよ・・お母さんが見えないから」
二人のキスは、熱く、舌を絡ませていった。
耳も、うなじも、首筋も、しっかり処理した腋の下も、舌を這わせた。
母は、女の声を出し始めていた。

母は、こんな可愛い声を出すのか、と俺は更に熱くなっていった。
母の閉じている足を開き、自分が生まれて来た場所を、至近距離で初めて見た。
まだ薄っすらとピンク色になった短い花弁が、綺麗に縦に閉じ合わされていた。
薄いアンダーヘアーの下には、母そのものが、息づいていた。

「お母さん・・舐めるよ・・・いいね・・」
「優しくしてね・・・」
母と両手の指を絡ませて、俺は母の中心に舌を這わせていった。
舌先が閉じた扉の上に這わされただけで、
「あっ・・・」
母の女の声が、漏れた。

 舌先を進めると、扉は左右に開いた。扉の中は、すっかりと潤っていた。その愛液を、舌ですくいげて、口にした。
何とも言えない、体液の味がした。

縦の亀裂に舌を這わすと、母は背中を反らせて、くねらせた。
絡めた指先に力がみなぎり、母の爪が手の甲に食い込んだ。
必死に、母は迎える快感に、堪えていた。

 何度も何度も、俺は母の縦の亀裂に沿って、舌を優しく、丁寧に、入念に、ピンク色の母のあそこの膜を、舐め上げていった。
母の口は半開きになって、長い髪を枕の上で乱しながら、女の声を上げていた。

 今、自分の母親を抱いていること、それも、母親の一番大切な女の部分を舌と口で愛し、俺の愛撫で母が快感の中にいてくれていること。
そして、必死に俺の手を握り締めて、その快感に堪えてくれていること。
漏れる声は、次第に高鳴っていき、部屋の中に広がっていた。
母も一人の女なんだ、と俺は思った。

小さな蕾を舌で転がし、そっと吸い上げてみる。
 母は、背中を大きく反らして、堪えている。逃げでしたくても逃げ出せない快感に、襲われている。
上り詰めていく様子が、母の声と動きではっきりと分かった。

「お母さん・・イッても、いいよ」
「イキそう・・・あああ・・うう」
「支えてあげるから、イッていいよ・・」
蕾を含み、そっと離しては、舌が亀裂を降りていく。

硬く伸ばした舌先を、そっと、母のヴァギナに当ててみる。
「あっ・・いや・・・」
俺の舌先は、母の体内に挿入していく。
これまでにない快感に襲われて、母は上り詰めて行く。

「ああ・・」
そして、母はぐったりとなった。
母は、俺の舌と口で、女の頂点を迎えてくれた。
嬉しかった。

自分の息子に、一番大切な女の場所を愛されて、その快感に負けて、上り詰めた母。
乱れた髪をそのままに、肩で息をして、ぐったりだった。

「どうだった?」
「凄く、恥ずかしかったけれど、気持ち良かったわ」
そして、母は、俺のペニスを口に含んでくれた。
母親にフェラをされているだけでも、イキそうになった。

そんな母を見ていると、
「恥ずかしいから、見ないで」
と微笑んでいた。
「約束だから、いいよね」
母は、小さくコックリと頷いた。

スキンは着けないまま、母の両足を開いた。
腰を進め、あてがった。
「いいね・・」
「うん・・・」
俺は、腰を落とした。ペニスの先端が、母の亀裂を割った。

「はう・・ああ・・」
ゆっくりと進めていくと、根元まで沈んだ。
母の眉間に、軽く皺が寄った。
「深い・・凄く深いわ・・」
子宮の手前まで届いているように、母が言った。

俺は、ピストンに強弱をつけて続けた。
母は、背を反らせ、シーツを掴み、髪を乱し、声を上げた。
母親を抱き、その母親が俺のペニスに感じてくれいる。
「また、イキそうよ・・・」
俺の背中を抱き、母は声を上げた。

そして、母は、イッた。
俺も、先端から、生温かい体液を、母の奥底へと力強く放った。
鼓動するペニスに、母は体を震わせた。
母親の体内に、俺は自分の証を放った。
奥底で受け取った母は、またぐったりとなった。

俺の腕の中で、母は目を閉じていた。
「自分の息子に抱かれて、挿入された気持ちは、どう?」
「意地悪な質問をするのね」
そう言って、母は俺の胸に顔を隠した。

「でも、素敵だったわ・・・」
「母も・・綺麗だったよ」
「自分の母親を抱いて、どう?」
「嬉しかった。もう、お母さんは俺だけのものだよ」
母は、俺を抱き締めた。

「お母さんのすべてを、知ったしね」
「恥ずかしいわ・・」
「俺のものは、どうだった?」
「大きくて、立派だったわ。感じちゃった」
母は、赤面していた。
「二人だけの何かを作ろうよ」

そして、後日。
俺と母は、ぺアリングを作った。
二人だけの秘密。