まだ彼氏の精液が奥深くには残っている状態の膣に後ろから挿入して・・

父が入院する病院に見舞いに行ったとき、駐車場で母を見かけた。
声を掛けようと思ったが、歩いている方向がいつもと違うので、おやっと思って様子を見ていると、駐車場で見知らぬ若い男の車に乗って行ってしまった。
思わず後を付けてみると、二人の乗った車は郊外のラブホテルへ入っていった。
僕は、その状況が直ぐには飲み込めず、そのまましばらく車を走らせ、ようやく家に帰ったのは夜8時を過ぎていた。
台所へ行くと母は既に帰って食事も済ませたようで、流し台に向かって自分の食べた食器の後片付けをしていた。

 母は、どこがどうだと上手く表現出来ませんが、息子の僕から見ても欲望を掻き立てるような、豊満な体つきをしています。

昼間のことを思い出しながら、その後姿を見ていると、
「あら遅かったわね。でも、遅くなるなら遅くなるってちゃんと連絡してよ」
と、自分が昼間してきたことを棚に上げ、不機嫌そうに僕に注意しました。

そんな母に、ちょっとムっと来て、思わず、
「僕もお母さんとしたい………」
とつい言ってしまいました。

 すると母は、ハっとしたように「僕もって?……」と急に慌てて、しかもちょっと困惑した顔をして返事が返ってきました。
僕は、昼間見たことを話したら、母は暫くの間、無言で呆然としていました。

おもむろに
「見られていたのね……、ごめんなさい……。もう嘘言っても始まらないわね…、言い訳になるけど、後でちゃんと、話をするわ……」
と、黙って家事を続けました。

 僕は、その後はもう次の言葉が何も出なくて、お互い沈黙した何とも言えない静かな異様な雰囲気が続きました。

僕はそのまま黙ってご飯を食べて、自分の部屋へ戻りました。
その夜、母がお風呂上りの浴衣姿のままで僕の部屋に入ってきて、絶対に怒らないでね、と念を押されてから、その男性とのことを話し始めてくれました。

 相手の人は、母が初めて縫製工場にパート勤めを始めた工場に勤務している、男性従業員だそうです。
最初からとても親切に母に接してくれ、何かと丁寧に教えてくれていたという。
 僕ほどの年齢の若い独身の人で、関係はもう数年続いているということなど、母も正直に全て打ち明けてくれました。

「怒らないで…お願い、怒らないで……」
と、母は哀願するように言いながら、僕の口を母の口で塞いで吸い始めました。
 もうお互いに言葉は交わすことなど何も無く、僕も母の口を吸いながら、片手で浴衣の胸元を開いて、乳房を掴んで激しく揉み始めていました。

 母の口から離した口を、乳房に移して乳首を吸いながら、手を次第にお腹へと移し、そして下腹部にたどり着きました。
そこは下着を着けていない、裸体のままの母でした。

 既にねっとりと濡れ、ヌルヌルとした膣の中の感触を指先で味わい、鳥肌が立つほど興奮しながら壁を擦っていると…
母の口から
「入れて!……お願い、して…思い切りして……お母さんを犯して!…」
と、自らの手で、僕のいきり立ったものを掴み、膣に導きました。

僕は、そのままグッと腰を入れて母に挿入しました。
最初は興奮のあまり、あっと言うまに僕が先に射精してしまいました。

 一旦、僕のものを母の膣から抜くと、ペニスに付いた精子を母は、口で舐めて拭い取ってくれました。

 すると、僕のペニスは瞬く間に再度大きく勃起し、そして今度は僕の方から挿入しました。そのままピストンしていたら、今度は母が
「いい!……いいわ!…もう母イキそう!……イク!……イク!…イックァ~!…」
と両脚を広げ切って硬直しながら、膣の内部の肉片をヒクヒクと痙攣させて激しく逝きました。

 その日は、体位を変えながら、何度も何度もSEXを繰り返し、夜が更けて時間が経つのも全く気付くかないほど、母と僕の行為は延々と続きました。

 その日以後、母とは昼だろうが夜だろうが、台所だろうが居間だろうが風呂だろうがお構いなく、お互いどちらかが求めれば直ぐに、SEXを行い疼く身体の処理をし合っていました。

 ある夜、いつものように母の膣の中に挿入している時に以前から、母が他人に抱かれている姿を見てみたいと思い続けていた僕は、
 「お母さんが彼氏とこれからも逢って付き合っていくことは構わないし、むしろぜひ続けてして欲しいぐらいだけど、一度、彼氏としているところを見せて欲しい………」
と頼み込みました。

母は、最初「えっ」という不安そうな表情をしました。
それを感じた僕は、黙ってピストンの勢いを増していきました。

 それに反応した母は、もしそうなら僕に気兼ねなくこれからも彼氏と続けていける、という安心感と、息子の僕に彼氏とのSEXの光景を見られる、という未知なる卑猥な光景を思い浮かべてか、一層興奮してきた様子。
 一段と激しく腰を振り始め、泣き叫ぶように腰と膣を突き上げ、続けざまに絶頂を迎えて激しく逝ってしまいました。

 その後、僕が週末から2日間友達とドライブで旅をするため居なくなるという設定を作り、彼氏に自宅に来てもらいSEXしている光景を見る計画をたて、母に実行するよう迫りました。

 母は、彼氏との男女の関係を僕に知られた弱みから、息子とも関係を持つようになった以上、息子の言うことを聞かなければいけないし、また母自身も自分のSEXを我が息子に見られるという背徳の行為を期待したのか、案外すんなりと受け入れてくれました。

 その念願の実行当日は、自分の車を別の駐車場へ移しておき、不在であることの証明となるよう準備しておきました。

 夜暗くなって彼氏が家に来たときには、僕は母の部屋の押入れの中に入って、隠れて待つことにしました。

母はシャワーを済ませてちょっと濃い目の化粧をしていました。
 股間には軽く香水を振り、薄い黒色のしっとりした感じのスリップ一枚と、黒いストッキングだけの姿になって、彼を待っていました。

 僕はもうその母の姿態を見ているだけで興奮し、更にはこれから起こる、実の母親と他人の男とのSEXが見られる期待に、胸の鼓動が全身に伝わるほど高鳴っていました。

 母は、玄関を入って直ぐの洋間に彼氏を招き入れてほんの暫く話をしていましたが、やがてグリーンの豆球だけにしている寝間に彼氏を連れて入ってきて、二人でお布団の上に座りました。

 彼氏は部屋に入ると、あたりを少しは見廻していましたが、もう我慢出来ないといった感じで「節子さん……」と一言いっただけで、母を抱いて布団の上に倒すように寝させました。

 ストッキングを脱がせ、スリップをたくし上げると、母の大きな乳房が零れ落ち、それ吸いながら片手の指を膣の中に入れて擦り始める。
 すると、母は徐々に「あ~ん……あ~ん……」と呻き声をあげながら、腰をゆっくりと振り始め、遂に堪らなくなったのか「舐めて……」と自分からおねだりしました。


その言葉に彼氏は、母の両脚を一杯に広げて股間に顔を埋め、膣を舐め始めました。
 最初、あ~ん、あ~んと漏らしていた声が、彼氏のベロの動きに合わせ、膣を突き上げ両手で彼氏の頭を掴んで、押さえつけるようにしながら「あっ!あっ!あっ!」という声に変わった。

 そう思った途端に、母は急に「逝く!……逝っく!あっまた逝く!」と吐きながら、早々と数回も立て続けに逝ってしまったようでした。

 少し荒い息が収まると、今度は母が彼氏を上向きに寝かしてから手にペニスを握り、口でフェラを始めました。
 母は、僕が見ているのを忘れているかのように、ギュッと握って亀頭の部分を舌で舐めたり、口に含んだりしていました。

彼氏は相当気持ちが良いらしく、
「あ~、節子さん。気持ち良いよ・・・」
と何度も呟いていました。
母の頭が激しく動き出すと、彼氏は小さく
「節子さん、いくよ。俺のを受け止めてくれよ。ウッっ・・・」
と言うと、彼氏は母の頭を押さえ、ぐっと腰と持ち上げ口の中へ、最初の射精を行いました。

 母は、ティッシュのそれを吐き出した後、彼氏のペニスを舐めて綺麗にしたあと、手で揉んで再び大きくしました。
 先程のようにビンビンに大きくなり、上を向いて反りたっているペニスに母は跨りました。

それを母自身の手で握り締めてから、膣に埋め込んで、ゆっくりと腰を沈めました。
「あぁ、節子さん。久しぶりでとっても気持ちいいよ」
と彼氏が呟くと、母はおもむろにピストンを始めました。

「あぁ~、いい。いい。あたしもとっても気持ち良いわ」
と、髪を振り乱しながら、母も答えていました。
 僕は、押入れの襖を少しだけ開けて見ていましたが、実は既にもう我慢出来なくなっていて、母が膣を舐めてもらって逝った頃に一度射精していました。

 人のSEXをナマで覗くというのは、自分でするよりもある意味、興奮するものなのかもしれません。
 ですから、母が跨って膣に埋め込まれ、乳房を揺らしながら激しくピストンし、卑猥な言葉を発している姿に僕はまたも興奮して勃起していました。

 彼氏の頭は向こう向きでこちらの方は見えないので、襖を更に拡げて20cmほどに開けると、こっち向きの母と顔が向き合う格好になりました。
お互い見つめ合いながら、僕は自分の手で自慰をしている姿を母に見せ付けました。

 その僕の姿を見ながら、母も何とも言えない恍惚とした、うっとり表情のままで激しく腰を振り続けていました。
 僕は、母の性欲を貪る姿を間じかにはっきりと見ると、射精感が強烈にこみ上げて来て一気に擦って射精しました。

僕は、そっと襖の戸を閉めてティッシュで後始末をしました。
襖の向こうでは、母の声が急に大きくなりました。
どうやら、僕が逝ったのを見て母もまた逝ったようです。

 がさこそと音がして今度は床が揺れ、ペタンペタンと肌と肌がぶつかる音がし出しました。再び、そーっと襖を開けてみました。
母は、四つん這いになり、後ろから彼氏に突かれていました。

僕の方からは、真横から見える位置にいます。
 母は、肘をしっかりと伸ばした状態て手を着き、腰を反らせてお尻を突き出して、彼氏を受け入れていました。

彼氏は、母の大きなお尻を抱え、後ろから突き刺しています。
 母の大きなオッパイが下がり、タプンタプン揺れるのが横からですから、良く見えました。

彼氏の突き上げる回数が多くなりました。
 母は快感に耐えられなくなったのか支えていた腕を曲げ、布団の中に顔を埋め、シーツを噛み締めて溢れる声を我慢しているようでした。

 その手はしっかりとシーツを握り締め、足もしっかりと固め突かれて前へ押されるのを押されまいとしっかりと支えていました。

彼氏の口から、
「もう駄目だ。節子さん、いくよ、いくよ今までお預け食わせてた、節子さんが悪いんだからね。いくよ、いくよ。こにまま中でいくよ」
と言って、更に激しく腰を振り続けました。

 そして、とうとう「いくー~~~~!!」という言葉を発して、彼氏は母の尻をぐっと引き寄せ、自分の腰をグイっと突き出すとそのまま動きが止まりました。

 彼氏は、母の膣の中に自分の精子を送り込む快感を、ペニス全体で感じているようでした。
 母は、彼氏にペニスから精子を送り出す脈動に合わせるように、ビック・・・ビック・・・と体を震わせ、こちらも全身でその瞬間の快感を味わっているようでした。

そのような母と彼氏とのSEXが、その後も何時間も続きました。
 僕が母とするようになってから母は彼氏にはさせず、彼氏の方は相当溜まっていいたようでした。

何時間かの行為が終わった後、母と彼氏は浴室へ行ったようです。
僕は、その間に押入れから出て、そっと自分の部屋へ戻りました。
彼氏が帰ったようで、母が僕の部屋へ来ました。

 「お母さん、気持ち良かった?……」と聞くと「嫌~、聞かないで恥ずかしいわ~………」と、僕のものを握り締めてくれました。
 キスをしながら母の膣に指を入れると、中までは洗ってなかったのか、彼氏の精子がまだ残っているようでした。

 内部を洗うかのようにしながら、擦ってあげていたら、母は「入れて…ここで…お母さんをもう無茶苦茶にして」と言って、ベッドに手を着いて支えてから、お尻をこちらへ突き出して求めてきました。

 あれだけやったのに、まだしたいのかと一瞬思いましたが、その姿を見ると僕ももう精液は出ないほど出し切った状態だったけれど、母のついさっきまでの彼氏との激しいSEXを思い浮かべると、またしても直ぐに勃起してしまいました。

 そして、まだ彼氏の精液が奥深くには残っている状態の膣に後ろから挿入して、無我夢中でピストンしてしまいました。

流石に精液は殆ど出ませんでしたが、でもとても気持ちよく逝くことが出来ました。

 ことが終わってシャワーを済ませてから、乾いた喉を潤すように二人でビールを分け合って飲みました。
 彼氏に吸われて出来たキス痣が、赤く残っている乳房を口に含みながら寝入ってしまいました。

 母自身、彼氏とはもうこれまでに数知れないほどSEXしてきたと思うけれど、初めて実の息子の僕に見られながらした彼氏としたことと、そしてその直後には僕とした、あの夜の感激と快感はとても忘れられないと話してくれました。

 母が初めてパート仕事に出て最初から優しく接してくれて、そして母がほんとに好きになったその彼氏とはこれからもず~と関係して欲しいし、私ともそれ以上に激しく愛し合っていきたいと言うと、母はちょっと照れくさそうに「嬉しいわ……」と舌を絡ませながらキスしてくれるのでした。

 母とはもう3年目に入っていますが、昔思っていた母とはイメージが変わってきていて、今はほんとに自分の親というよりか、大好きな一人の「女性」となってしまっています。
 そして昔思っていた時の母より、今の母の方が何となくというより、間違いなく若く綺麗になっているように感じてなりません。