W不倫していた憧れの事務員を寝取って調教したH体験談

俺は30歳、会社員。
俺の会社は電気部品の工場で、俺は製品管理をしている。

ある時、友人から噂話を聞いた。
事務員の女と検査の男が浮気をしているとの事。
しかも、書類室で密会をしていて、中では何をしているのか?

その女は俺の2歳年上で、かなりの美形&スタイル抜群。
入社当時から憧れの女性だった。

しかし、結婚していたので俺は諦めていたのだ。
しかも、相手の男性も結婚していて、まさにW不倫だった。
まぁでも噂なので、嘘だと思っていた。

ある日、俺は書類を捜しに、例の部屋に入って作業をしていた。
その時、誰かが中に入ってきた。
その後を追う様にもう一人が入ってきて、会話が始まった。
俺は、黙って陰で様子を窺っていた。

男「誰もいないよな」

女「大丈夫、こんなとこ、誰も来ないよ」

男「キスしようぜ!(チュッ)興奮するよ。真奈美」

女「でも、バレたら大変よ」

男「もう、我慢出来ない、早く頼む」

女「もう・・・でも、私も濡れまくって大変なの」

男「お前がそんな女だったとは思わなかったよ」

女「そんな事言わないで」

男「早くお尻をこっちに向けて」

パンパンパン!

肌が当たる音がした。

(こんな所でSEXしている!)

俺は物陰から2人を確認して驚いた。
噂の人だった。
俺は携帯で、映像を盗撮した。
開始のタイミングで音がするからドキドキしたが、気づいていない様だった。
15分位して2人は出て行った。
事務所に戻ると、何もなかったかの様な素振りで仕事をしていた。

帰り時間、俺は例の彼女に初めて話しかけた。

俺「今晩は、真奈美さん」

真奈美「エッ、あー、お疲れ様」

何でって感じで彼女が返答した。

俺「これ見てもらっていいですか」

俺は、携帯を見せた。

真奈美「なんですか?急いでるんですけど」

ちょっと怒った感じ。

俺「ここで見ます?やばいと思うけど」

真奈美「何が!!!」

俺「じゃ、ちょっとだけ」

俺はスピーカーの音量を下げた。

真奈美「エッ・・嘘!何で?」

俺「続きは後で、俺の車について来て下さい」

真奈美「・・・」

俺は、車を走らせた。
彼女もついて来ていた。
会社から離れ、コンビニの駐車場で止まった。

俺「俺の車に乗って」

真奈美「なんでよ!嫌よ」

俺「みんなに見せてもいいんだよ。困るでしょ。会社でこんな事していたら・・・クビだよ」

真奈美「どうすればいいの」

俺「乗って」

俺はまた車を走らせた。
人気のない山道で車を止め、俺は彼女に抱きついた。
彼女も覚悟をしていたらしく、抵抗はしなかった。
俺は最高に興奮した。

10年も憧れ続けた女性とこんなことが出来るとは!!!

彼女のパンツを脱がせ、スカートを捲り上げ、俺は汚れた彼女の性器を舐め回した。
臭かったが、アナルも舐めた。
彼女は恥ずかしそうにジッと我慢していた。
しかしアソコは素直で、段々ヌルヌルと液が出てきた。
俺は、もう我慢できず彼女のマンコに入れた。
直ぐに果てた!

彼女はすぐにスカートを直すと話し始めた。

真奈美「もう、いいでしょ。画像消して!」

俺「何言ってるんだよ!駄目だよ。まだまだ楽しむんだから」

真奈美「どうして・・・お願い、消して」

俺「俺、お前が好きなんだよね。家族にバレたら大変でしょ」

真奈美「・・・消して」

真奈美の目から涙がこぼれた。

俺「たまに俺の相手してくれればいいんだよ。いいだろ?会社でもSEXしてるんだし」

真奈美「会社にも家族にも絶対言わないで・・・お願い」

俺「もちろん、約束する」

俺は、また彼女のマンコに入れた。
彼女の携帯番号とアドレスを入手し別れた。
それから、毎週2回会う約束をした。

彼女は最高だった。
初めは車でSEXしていたが、「汚いから」と言うので、ホテルや俺のアパートで会う事にした。
洗った彼女は、最高の匂いと締りの良いマンコだった。
俺と会うようになって彼女は会社での不倫を辞めたらしい。
今では、俺と不倫している。
彼女は淫乱で、かなりのMだった。

俺は、彼女に色々仕込んだ。
彼女は全て俺に従った。
休みの日も、一緒に出かける様になり、いつもタイトのミニスカートでかなり色気の漂う雰囲気だった。
デパートでは周辺の男達が振り向くほどだった。
そんな女性に俺は好き放題できる。
最高の気分だった。

この前、彼女と遊園地に行った。
もちろん彼女はミニスカート!
遊園地では見て下さい状態なのだ。
俺は、彼女に売店のテーブルで待っててもらい、トイレに向かった。

その時、男達が「さっきの女見たか!最高に色っぽかったなぁ。ジェットコースターでパンツ見えていたよ。また追っかけようか?」と話しているのを聞いた。
興奮が収まらなかった。

俺は彼女を連れて、フリーホールに向かった。
正面から彼女のスカートの中は丸見えだった。
彼女が座るなり、目の前には男達は群がっていた。
7人はいただろうか?
みんな間違いなく、彼女の股間を凝視していた。
中にはビデオで撮影している人もいた。
彼女も気づいているのだが、興奮もしているのだった。
後で確認すると、マンコは濡れ濡れだった。

その後も彼らが、彼女の後をいつまでも付いて来ていた。
興奮と嫉妬で、観覧車で一回抜いた。
そして、彼女のパンツを脱がせた。
観覧車から出た彼女は明らかに歩き方が変わった。
しかも太股には薄っすら愛液が垂れていた。

そのままお化け屋敷に入ると、男達も一緒に入って来た。
俺は、中のちょっと広くなった所で、わざと彼女から離れてみた。
彼女の周辺には男達が群がっていた。
彼女の表情は確認出来なかったが、時より「アッ」という声がしていた。
お化け屋敷から出た時、彼女のスカートには大量の白い物が付いていた。

俺「いたいた。探したよ」

真奈美「急にいなくなるんだもん。怖かったよ」

俺「ごめん。それどうした」

真奈美「痴漢!」

俺「入れられた?」

真奈美「大丈夫。だけど・・・汚いし、どうしよう」

俺「着替え持って来たでしょ!着替えよう」

真奈美「うん。でも、もっと過激じゃない、あれ?」

彼女はトイレで着替えてきた。
それは、ワンピースだが、かなり短め(本来は、中にスパッツなど穿いて着るもの)。
パンツもスケスケのTバックだった。

その後も俺と彼女は遊園地を楽しんだ。
着替えて20分もすると、追っかけ男がまた現れた。
上空3m位にあるレールを走る自転車に乗れば、彼女の下には男達が群がっていた。
下からはもちろんパンツは丸見えなのだ。
しかもTバックなら、下からはほとんど肌しか見えていないはず。

自転車が終わると今度は、円形の360度回転する乗り物だった。
逆さになると彼女のワンピースは完全に捲れあがり、下半身丸出しとなった。
男達からも「おー凄ぇ」って声が漏れていた。
遊園地の従業員までもが、目を丸くして彼女を見ていた。

俺が居なくなると、声を掛けて来る人もいたそうだ。

「一回幾らで遣らせてくれる?」とか。

俺は、一日彼女と楽しみ、帰路に就いた。
今では、彼女は旦那と別れ、俺と一緒に住んでいる。

もうすぐ結婚する予定だ。




PAGE TOP