口の中のザーメンをゴックンしてくれたw

今年の夏、休日にたまに遊んだりする会社の同僚の梅田と、梅田の彼女裕美ちゃんと、私の彼女・優樹菜の4人で東伊豆へ海水浴&温泉旅行に行ってきました。
その海水浴場は雑誌に穴場と書いてあっただけあって若い人はあまりいなかったが、混雑はしていなかったし水は綺麗で店もそれなりに充実、天気も良くて4人は大変満足していた。
う~ん、優樹菜に買ってあげた三角ビキニもいいし、裕美ちゃんはかわいい顔してなかなかの体付き。久しぶりに泊まりで遊びに出かけた私も大満足。
しかし、私と梅田がこの場所を選んだのは海水浴場が気に入ったからだけではなかった。
泊まる予定の旅館は温泉が充実しているのです。
貸切風呂もいくつかあるし時間によっては混浴になるお風呂も…
しかも、予算が…とか予約しようしたら…とか言って部屋は1つしかとらなかった…。

海から上がった4人はさっそく宿へ戻ってお風呂に
入ることにした。
貸切風呂が二つ空いていたので相談した結果、カップル
同士で入ることに決定。
離れの貸切露天風呂は新設したばかりのようで海も見渡せて
(逆を言うと向こうからはまる見えなのだが)
なかなか良かった。

私は彼女の日焼け跡をチェックしたりしていたら
Hしたくなってしまったが、隣に梅田達が入っていたので
それはやめた。
お風呂の中でさりげなく彼女に
「夜、本館の露天風呂に入りに行こうよ」と話してみた。

断られるかもなぁとも思ったが彼女は
「ツトム(私の名前)がいいならいいよぉ」とすんなりOKしてくれた。
『よし、あとは梅田と裕美ちゃんのほうだけだ。』
(同僚とは前もって4人で混浴しようと言う話をしていた)

お風呂の後の食事は部屋食ではなかったのであまり期待
していなかったが、コース料理のように料理が出てきて
味もなかなか。お酒もススムススム。
食後は浜辺で夏の定番、花火をやった。
現地で買った花火なのになかなか豪華、
女の子2人はかなりの上機嫌。

帰りには酒やつまみを大量に買いこんで今夜の酒盛りの準備。
宿への帰り際、梅田に「夜のお風呂はどんな感じ?」
と聞いてみると、夕食前の貸切風呂で話したときは
裕美ちゃんは乗り気でなかったらしいが
「宿泊客は若いカップルや女の子の団体だけだったからいいかな」
とのこと。

そういやぁ食堂にはオジさんとかはいなかったなぁ。
そうなりゃあとはお酒を飲ませて勢いで行ってしまおう。
なんて感じで、結構飲んだし飲ませました。
トランプを使ったゲームでのちょっとHなバツゲームや
エロトークを織り混ぜつつ、ひとしきり盛り上がったところで
混浴露天風呂に行く事にしました。

「男の脱衣所には誰もいないヨー」なんて話をすると
女の子2人は覚悟を決めたようで脱衣所へ(女のね)
「じゃぁ先入ってるねぇ」なんて私と梅田が一足先に風呂に入ると
そこには先客が。
「うげ、荷物も無かったよなぁ」なんて思っていたら
先ほど食堂にいたお姉さん四人組じゃぁないですか。
しかも、みんなタオル一枚。

四人は私達2人が入ってきて明らかに驚いていたが
あとから裕美ちゃんと優樹菜の2人が入ってくると、安心したようだった。
裕美ちゃんと優樹菜も先に入っていたのが女性だったためか
わりと物怖じせずにお風呂に入れたようだ。
(お酒のせいもあるのか???)

それにしても、優樹菜のガードが甘い。梅田もいるのに!!!
体育会系の卒業生だという四人組は
体育会の気風からか男2人に監視の目がついていたからか
お酒のためか、気さくに話し掛けてくれた。

どこから来たのかとか海水浴の話なんかをしばらくしたあと
四人組は先に出ていった。
私は四人の体をじっくりと見ることは出来なかったが
(隣に自分の彼女がいたからね)
それでも、何人かのオッパイや毛を見せてもらいました。
(お尻は四人全員見たね。)
まぁ、私のも見られてたかもしれないけど。

四人組が出て行くと、少し静かになってしまったが、
先程の四人組が結構大胆に振舞っていたためか
私達4人のお互いに対する警戒心は薄れており、
なんか妙な空気が漂っていた。
4人ともタオルを持ってはいたが全身を覆い隠そうとは
していなかった。
裕美ちゃんは水着姿から想像していた以上にオッパイが大きく
私は思わず見入ってしまった。

今日の昼で焼けてしまったらしいちょっと赤くなった肌と
もともとの肌の白さとの対比がなおさら目を引いた。
それを察した優樹菜に突っ込みを入れられてしまったが、
優樹菜も堂々としたもので、梅田にオッパイや毛が見えていても
まったく気にしている様子は無かった。
そんな彼女を見て私はなんか心細くなって、彼女を
後ろから抱きしめて湯船にしゃがみこんだ。

そんな状態でしばらく、4人で話をしていたが
「2人とも体隠しててズルイ」とかなんとか裕美ちゃんが
言い出して、梅田と一緒に湯船につかってしまった。

せっかく打ち解けてたのに、気まずくなってしまった
とも思ったが、前の四人組を見たからか裕美ちゃんが
可愛かったからか優樹菜を抱きしめた私のチンコは
立ってしまっていた。

さらに体を密着させていたので、優樹菜にはすぐに私が
立っている事はばれてしまった。

怒られるか無視されるかと思っていた私の考えとは逆に
優樹菜はお湯の中で私のチンコをいじりだした。
「これじゃぁ出られなくなっちゃうよ」などと思いながらも
お返しにと優樹菜の肩や腰などを触っていたら、
「なにおめーらやってんだよぉ」と梅田に言われてしまった、が
梅田も裕美ちゃんといちゃついていたのは明らかで、
「お前だっていちゃついてんじゃんよぉ」

「文句言うならお前は向こうの風呂に入ってろよ」
などと私が言うと、梅田の口から出て来た言葉は
「チンコ立ってて出れない、お前もだろう」
というぶっちゃけた、でも紛れも無い事実だった。
女の子2人は「ヤダー」とかなんとか言ってたが
私と梅田とで「イッセーノセ」で湯船からあがると
2人は黙ってしまった。

「あぁ、酔った勢いとはいえ、優樹菜もいるのに梅田や裕美ちゃんに
自分の勃起したチンコ見せちゃった」
なんてことを考えていると、
梅田は裕美ちゃんに自分のチンコを握らせていた。
「え?そこまでするの?そんな話はしてないよ」
と思っていた私の考えをよそに、優樹菜は自発的に私のチンコを
触ってきた。

すると負けじと裕美ちゃんは梅田のチンコを口に含んだ。
梅田のチンコは裕美ちゃんの唾液でヌラヌラとてかり、
まさに天を向いていた。
そんな光景を見て興奮した私は優樹菜の顔を股間に近づけると
優樹菜の口に自分のチンコを含ませた。
調子に乗った私は優樹菜を湯船からあがらせるとオッパイを
もみながら、おまんこをいじった。

そんな痴態は梅田や裕美ちゃんに思いっきり見えていたが
優樹菜はたいして嫌がる様子も見せず、むしろアンアンよがってた。
それを見ていた梅田は私の目を見て笑みを浮かべながら
裕美ちゃんを湯船からあげると足を開かせて
私達2人に見せるようにしながら裕美ちゃんのおまんこを
いじり始めた。
裕美ちゃんのおまんこは遠めでもわかるほど濡れてきて
クリトリスは小指位の大きさにまでなっていた。

また、クリの当たりから臍にかけて幅3cmほどに切りそろえて
ほかは剃ってしまったと思われる毛も印象的だった。
(優樹菜の毛は肛門あたりにもチョボチョボと…)
私も優樹菜も人前でいちゃつくことはあっても、これまで
人前で梅田EXしたり、見たりしたことはもちろんなかった。
が、酔っていたためか、旅の恥はかきすてなのか…
たぶんその場の雰囲気がそうさせたのだろう。

私はそれほどいやな気持ちはしていなかったし、むしろ
チンコはギンギンになっていた。
優樹菜もいつもより多めに濡れていたようだ。
「いつもより多めに濡れてるよ」と私が優樹菜に教えてあげると
優樹菜は「バカァ」と言ってうつむいてしまった。

「なんだ、優樹菜ちゃんて結構Hなんだねぇ」なんて調子に
乗って梅田がいうと、
「そのHなこと企画したのはあんたら2人でしょぅぅ」と
裕美ちゃんに突っ込まれてしまった。
(私はココまでやるなんて話はしてないんだけど…)

相互鑑賞がしばらく続いた後、辛抱堪らなくなった私は
優樹菜をまたがらせてゆっくりとチンコをおまんこに沈めていった。
優樹菜のおまんこはドロドロと熱いものを滲ませながらも
ときおりヒクヒクと私のチンコを締め上げた。

「やっと入って来たぁ」みたいな顔をしながらも
腰を動かしている優樹菜は私の胸に顔をうずめたままだったので、
私は梅田と裕美ちゃんの方に結合部を見せつけるようにした。
優樹菜の肩越しに梅田達の方を見ると裕美ちゃんが後ろから
梅田にブッサリと刺されている所だった。

Fカップはあるという裕美ちゃんの胸は立ちバックで
さらに強調されゆっさゆっさと揺れていた。
私は体の向きを変えて、優樹菜にも裕美ちゃんの悶えている姿が
みえるようにすると、優樹菜がポツリとつぶやいた。

「裕美ちゃんすごいねっ」「いいなオッパイ大きくて」と…
すると、梅田は裕美ちゃんの胸を背後からつかむようにして
もみあげて、腰の動きを一段と大きくした。
そして、「でも優樹菜ちゃんみたいな綺麗なオッパイもいいよ」
と少し乱れた声で言った。

確かにBカップでは大きさは裕美ちゃんには負けてしまうが
優樹菜のオッパイの色・形はとても綺麗で私のお気に入りだ。
私は優樹菜の胸がよく見えるように優樹菜を立たせると
梅田と同じように後ろからおまんこにぶち込んだ。

私と優樹菜、梅田と裕美ちゃん、で向かい合うとおかしなモノで、
普段は後背位だと相手の顔が見えないが、この場合は
よがっている2人の顔がよく見えた。
風呂場には女の子2人の「アッ、アッ」という声?と
男ドモの押し殺すような呼吸が響いていた。

私と梅田は競うように腰を振っていたが、そのうち
私のほうが先に出てしまいそうになったので
「もうでるよぉ」と私が言うと、
「あぁ、俺もでる」といいながら、梅田はすばやくチンコを抜いて
裕美ちゃんの口の中に勢い良くザーメンを出した。
それを見てもう堪らなくなった私も普段はやらない
口内射精をやることにした。

いつもは嫌がるのに優樹菜はもう口をあけて待っていた。
私はチンコを抜いて口の中に勢い良く出した。
少しタイミングが悪く口に届く前に出てしまったが、
異常な梅田EXをしたためか、いつもの3倍位は出たような
気がした。

優樹菜の口の中は私のザーメンでいっぱいになっていた。
興奮した様子の優樹菜は、口の中のザーメンをゴックンしてくれた。
隣を見ると裕美ちゃんが梅田のチンコを舐め舐めしているところだった。

優樹菜はぐったりとしながらも私のチンコを舐めて綺麗にしてくれた。
私も梅田もそんな姿を見てニンマリしてしまった。
「あーあ、お前お湯の中に出しちゃってどうすんだよぉ」
とか「4人ともHだなぁ」なんて話をしながらも、
男たちのチンコはまだ元気だった。
女の子2人もなんとなく相方の相棒をいじっている。
「なぁ、ツトムのチンコでかいよなぁ」と梅田は私の
チンコについて批評を始めた。

私も銭湯やトイレなどで他の男のモノを見たことはあっても
勃起している男のソレの(ビデオなどではなく)実物を
まじまじと見たことは無かった。
確かに比べると梅田のより若干大きいようだ。

「結構自身あったんだけどなぁ…」「なぁ裕美」などと
梅田は話を自分の彼女にも振っていく。
ここは梅田に話を合わせて私も「そんなかなぁ」なんて言ってみると
優樹菜が「今までの人で一番大きいと思う…」などと
言い出した。

そんな言葉に、私は誇らしいような寂しいような、驚きの入り混じった
複雑な心境になっていた。
そんな気持ちを知って知らずか梅田は「アハハ、衝撃的告白」
とか言いつつ、裕美ちゃんに私のチンコを触らせようとしていた。
優樹菜もイヤな顔をせずに手を離したので、裕美ちゃんはおずおずと
私のチンコをさすりはじめた。
いいのかなぁ、と思いつつ私が優樹菜に目をやると
優樹菜も梅田のチンコをしごき始めた。

調子に乗った私達は互いの彼女のおまんこに手を伸ばした。
やがて2人のチンコがギンギンになった頃に
裕美ちゃんが優樹菜にか梅田にかわからないが
「おちんちん舐めてイィ?」と聞いた。

梅田は首を縦に振り、優樹菜は梅田のチンコをしごくだけだった。
私は2人の表情を確認すると裕美ちゃんの髪を撫でていた。
すると裕美ちゃんはチロチロと私のチンコを舐め出した。
優樹菜と梅田は私達2人の行為をじっと見ていた。
なぜか私は、「優樹菜も梅田のチンコを口にすればいいのに」
などと思っていた。


PAGE TOP