パンティがびちょびちょになってるのが自分でもわかって胸もまれながら腰クネクネしてたw

こないだ3Pしたので体験談書きます。
メンバーは、あたし、処女の女の子、男性。サイトで知り合いました。挿入無しで、手や舌と道具などを使ってプレイする予定で集まりました。処女の女の子はまだ学生で19歳。あたしは22歳です。男性は28歳で紳士的な雰囲気の人だった。処女の女の子は陽子、男性マサルとします。
最初はとりあえず、ホテルに入って軽く話したり、シャワー浴びてAV見たり。陽子はAV見て凄く恥ずかしそうにしてた。処女の反応だなって感じ。

最初はあたしも緊張してたけど、陽子が凄く緊張してるのがわかったから、割と落ち着いていられた。AV見ながらどんどん興奮してたけどね。ちょっと濡れてるのが自分でもわかった。

マサルが「おっぱい大きいね。Eぐらい?」って言いながら、キャミの上からあたしの胸をモミモミ。その時、マサルはトランクス、あたしと陽子は下はパンティ、上はノーブラにキャミ姿でいた。

「うんっ・・あたり。」キャミの上から陽子の見てる前で優しく胸揉まれて、ただでさえ感じやすいのに、凄く気持ちいいし、ドキドキしてた。

マサルがあたしの後ろにまわって、陽子によく見えるように、さっきよりも激しく円をかくように胸を揉んできた。あたしは凄い興奮しちゃって、はぁはぁ言ってた。そしたらマサルはあたしの息にあわせて激しくモミモミ。

「あぁぁ・・・だめぇ・・・」ってあえいじゃった。服の上から胸揉まれてるだけなのに・・・。すると、「ほら、陽子よく見な。美佳(あたし)のおっぱい大きいな。凄く柔らかいよ。気持ちよさそうだろ?」

マサルがあたしのおっぱいを揉みながら陽子に言ったの。陽子は恥ずかしそうだけど、しっかりあたしの姿を見ながら「うん・・・///」と素直に頷く。

マサルに「しっかり見てなよ。これからどんどん美佳がエッチになってくから」とそんなこと言われたせいか、ますます感じちゃって、パンティがびちょびちょになってるのが自分でもわかって、胸もまれながら腰クネクネしてた。

「直に触って欲しい?」マサルが耳元で言ってきた。あたしは焦らされるのって凄い興奮しちゃうから「うん。早くぅ・・・」って涙目でお願い。

「エロいなぁ」
「乳首早くいじってほしいんだろう?」
「んっ・・・お願いぃ」

陽子が見てるのにと思うと余計に興奮して、はぁはぁ言いながらマサルにお願いしてた。陽子も熱っぽい目でこっち見てた。

「ほらっ乳首立ってるよ?すげぇエロすぎだろ」って乳首をコリコリ。身体が電流走ったみたいにビクンってなって、ほんと気持ちよかった。あたしは「やぁぁんっ・・・気持ちぃぃょぉ」と乳首だけでイきそうなくらい感じちゃった。

「陽子、見てみろよ」
「美佳はさっきよりすげぇ感じてるだろ?」

そして、「はら、こうすると」そう言ってマサルは両方の乳首を親指で早く擦ってきたの。その刺激で「あああぁぁん!・・はぁはぁぁんっ」と気持ちよすぎておかしくなりそうだった。

「陽子は誰かにおっぱいいじられたことある?」
「ないよ・・・」

心なしか陽子の息が荒かった気がする。

「陽子もされたい?」
「・・・・。」
「美佳みたいに気持ちよくなりたいだろ?」

こくんと陽子がうなずいた。マサルはあたしに「そこでじっとしてろよ。」そう言って今度は陽子の方へ。陽子は凄く緊張してたみたいだけど、興奮のが勝ってる感じだった。

「陽子のおっぱい凄く柔らかいよ」そういって激しくもみもみ。すぐに「あっ・・・はぁはぁぁぁ」と陽子も凄く気持ち良さそうな顔してされるがままになってた。声を出すのはちょっと抵抗があるらしく、堪えてる感じだった。

あたしはそんな姿を見て、中途半端にほうり出された熱くなってる自分の身体をどうしていいかわかんなくて辛かったぁ。でも美佳体質だから、それがまた快感だったかも。

陽子がマサルにおっぱい弄られてる姿見てたまんない気持ちになったよ。じっとしてろと言われたからきちんと守ってたけど、腰はクネクネしてた。パンティやベッドにあそこが擦れるだけで、ほんとにイきそうなくらい感じてた。

マサルは陽子の足を美佳字に開くよう指示。陽子は恥ずかしがって「やだょぉ・・・はぁぁはぁぁ」って言ってたけど、マサルの手で簡単に足を開いてた。

「美佳、陽子のどうなってる?」
「パンティに染みが出来てる」
「いっぱぃ濡れてるょぉ」


陽子は真っ赤になりながら「やだぁ」と声を出す。マサルはすかさず「処女なのに感じてるんだ?エロいな陽子」そういってマサルの手が陽子のあそこに・・・。あたしは羨ましくて仕方なかった。あたしのも触って欲しいのにって泣きそうになってた。

「すげぇ濡れてる」
「ぐちょぐちょだょ。ここ気持ちいい?」

そういって陽子のクリを優しくつんつんすると、「あっ・・・なんか・・変な感じぃ・・・」と言う。マサルはパンティの上から陽子のあそこをぐにゅぐにゅしていた。

私はお預けされた犬みたいに「はぁぁはぁぁ・・・」と我慢できない状態になっていたら、マサルが陽子に「パンティ脱いで、まってな」そういって今度はあたしの方へ。やっと来てくれたって嬉しかった。

マサルはあたしの足を思い切り広げて「パンティ濡れすぎだろ。透けてるよ?ほんと淫乱だな」と意地悪な言葉に更に感じて濡れちゃうあたしのあそこ。

そして、パンティを脱がされて指で入り口をくちゅくちゅ。入れて欲しいのに入れてくれない。涙目でマサルの方を見ると、目があっていきなりズボッと入れられた。

思わず「ひゃぁぁっ・・・」と声が出で、指2本で気持ちいい場所を擦られて、おかしくなりそうだった。マサルは「すげぇヒクヒクしてる。締め付けすぎ。泣くほど気持ちいいの?漏らしたみたいにびちょびちょだよ」と言葉で責めてくる。

あたしは焦らされていた事に加えて言葉責めでさらに高まってしまい「だめぇ・・・イっちゃぅよぉぉ!!」と身体を痙攣させてイっちゃった。

その後マサルは今度は陽子のところへ。「美佳イっちゃったな。陽子もイきたいだろ? こんな濡れてるもんな」そういって陽子のあそこをぐちゅぐちゅ。あたしはイったあとポーッとしながら見てた。

「これ知ってる?」そういってマサルはローターを取って陽子に見せた。「うん」陽子は期待でいっぱいの目で見てる。マサルは陽子のクリの辺にローターを当ててスイッチを弱に入れた。「あぁんっ!」ビクンって陽子がなってた。初めての感覚に戸惑ってる感じ。

「どう?気持ちいい?」
「何か・・・ビリビリするぅ・・・」

マサルはローターを当てたままゆっくり中に指を入れていってた。指がゆっくり入ってく姿が凄いエロくて、見ながらまた濡れてきちゃったあたし。ゆっくり指を出し入れする度、愛液が溢れてる。

「はぁぁぁ・・・」と息がどんどん荒くなる陽子。マサルが指を抜いていきなりローターを強にすると、「きゃぁぁんっ!」悲鳴のような声を上げる陽子。マサルは指を今度は二本にしてあそこにいれた。

どうしようもなく興奮したあたしはいつの間にか自分のクリをくちゅくちゅ。「あぁぁんっ・・・」と腰をくねらせながらオナニーを始めてた。

しばらくして、オナニーしてるあたしに気付いたマサルは陽子に「ほら、淫乱美佳がオナってるよ。陽子も締め付けてきたな。イきそう?処女のくせにイくの?」と言葉で責める。

陽子は「んっ・・・わかんなぃ」と答え、マサルは陽子弄りながらもじっとあたしのあそこを見てて、ますますあたしは感じて腰くねらせながら喘いでた。

そのうち「やっ!やだょぉ!やだぁやだぁ・・っ」って陽子が言いながらビクンってなってイっちゃった。ぐったりなってる陽子を置いてマサルがあたしのところへ。

そして「さっきイったばっかなのにまだたんないのかよ」と意地悪な言葉に興奮するあたし。もっといじめてほしい。マサルはあたしの足を思い切り持ち上げて、手マン開始。

「美佳のまんこ、俺の指で弄られてぐちゅぐちゅ鳴るよ」
「音がやらしいな」
「やぁぁんっ・・・気持ちぃぃっ・・」
「ほらっ!もっと感じろよ」
「やっだめぇ!・・・やっ・・でちゃぅょぉ!」

潮吹いちゃった。マサルの手マンすごい上手だった。しかも、休む暇なくマサルは今度はバイブを取って、先っぽをあたしのあそこに当ててきた。

ぐちょぐちょになってるあたしのあそこは刺激が欲しくてたまらなくなってたから、腰くねらせて自分から入れようとしちゃった。

「俺動かしてないのに、どんどん美佳のまんこに入ってくよ」と言われたけど、入っていくほど気持ちよくて止まらない。
そして、「どうして欲しいか言えよ」と言われて、あたしは気持ち良過ぎて、理性もなくして「ぐちゅぐちゅにしてぇ」って喘いでいたw