祖父と妹のHな関係・・近親相姦セックス体験談

僕自身の体験でなく恐縮ですが書いて見ます。

今から○年前の話です。

当時僕は中学二年で、東北地方のある田舎で、祖父(63歳と両親と一つ下の妹の美穂の五人家族でした。
とは言っても父は関東へ出稼ぎしてたので普段は4人で暮らしていました。

祖母は訳ありで一緒ではなかったです。

僕も美穂もどこにでもありがちな、じいちゃんっ子でした。

勉強や成績の事はうるさく言わないし、お小遣だってくれる。

雨が降ると車で送迎もしてくれるし、僕も美穂も甘え放題でした。

それとどことなく品が漂っている感じがする祖父でした。

会社を辞めて三年、まだ現役バリバリの感じもするし、普段は暇を紛らわす為に水泳で身体を鍛えてました。

前置きはこのぐらいで本題に入ります。

中学時代僕は卓球で美穂は吹奏楽をやっていました。

僕の卓球はあまりレベルは高くはなかったのですが、美穂の吹奏楽はソコソコのレベルでした。

夜は遅くまで美穂は部活を頑張ってました。

どちらかと言うと僕は帰宅部同然みたいなものでいつも僕は先に家に帰ってました。

帰宅が遅い美穂を祖父はいつも心配し、車で迎えに行ってました。

母はスーパーのパートが結構遅いので祖父に頼んでる感じでした。

そして6月のある日でした。

その日も祖父は美穂を迎えに行って夜の7時近くに一緒に帰って来ました。

居間に入るなり美穂は『あ~疲れた~やっぱり重い楽器やると肩が張るわ~』

するとじいちゃんは『とりあえず腹減ったろ? 先に着替えてこいよ』

『は~い』

そしてバタバタと着替えて下に降りてくると祖父が『美穂、ちょっとおじいちゃんの前に来なさい、肩ほぐしてやるから』

『わ~い、おじいちゃんありがとう!』

そう言うと美穂は、祖父の前にあぐらをかいて座りました。

祖父は美穂の肩をぐりぐり揉み始めました。

美穂はうっとりし『う~気持ちいいよ~じいちゃん』『そうだろ、今度はここはどうだ?』そう言うと今度は腕とか脇のところのマッサージを始めました。

『う~~とろけそう、気持ち良すぎて眠くなるよ~じいちゃん、最高だよっ!』
『そうか美穂は頑張ってるんだもんな』

その言葉はまるで僕に対する当てつけのように感じました。

『さあ、美穂、ちょっと俯せになってごらん』

『は~い』

すると今度は俯せになった妹に祖父は馬乗りみたいな感じになり、美穂の背中や腰をいやらしい手つきでマッサージし始めました。

『じいちゃん、もう気持ち良すぎて眠くなってきたよ』
『そうか、じゃ寝るか?』
『やだ~、まだ、私ご飯食べてないんだよ~』
『あはは、そうだよな!』

そしてマッサージは終わり、夕飯を食べ、風呂に入って僕と美穂はテレビを見てました。

すると祖父が…『なあ、美穂宿題済んだら、おじいちゃんの部屋においで、もっと念入りにマッサージやってあげるから』
『わっ!本当に、じゃ宿題済ましてくるわ』

まんざら美穂は嫌がる様子も見せませんでした。

それからというもの、祖父の態度は明らかに変わっていきました。

お小遣も美穂はちょくちょく貰ってる感じでした。

それはともかく、美穂が祖父の部屋に通う事が、この一件以来頻繁になっていました。

そんな事がしばらく続いてしばらくたったある日の事でした。

祖父の部屋から、なんか真剣な顔をして出てくる美穂にばったり会いました。

やはり僕も、いくら祖父とは言え密室に二人きりになるなんて、もしかしたらと言う思いはありました。

僕は何度も『お母さんに言ったほうがいいのかな』と何度も思い悩みましたが、とてもそんな勇気はありませんでした。

そうなると悶々とした思いだけが、激しく募るばかりでした。

祖父と美穂が入った部屋の廊下で聞き耳を立てたり。

中からは『あ~じいちゃん、気持ちいいよ~』とか『ここもか?』『うん、じいちゃん』

やはりただならぬ雰囲気はありました。

僕は休日の誰もいない時、じいちゃんの部屋の中を覗けるようにある細工をしてました。

ここで、その方法は書きませんが、ちょっとした細工で中を覗けるようにしました。

そして日曜日の部活が終わったあと、衝撃の行為を目の当たりにする事に…。

僕が居間でテレビを見てると午後になって美穂が帰ってきました。

『あれ、兄ちゃん、部活休んだんだ』
『あぁ』
『今日は暑かったよね、私シャワー浴びてくるね』

そこへ祖父がやってきました。

『美穂、お帰り』

『うん、じいちゃん、ただいま、あれ、今日はスイミングに行かないの?』
『今日はない日だからな』
『あっ、そっか~、私暑いからシャワー浴びてくるわ、今日も疲れた~、後でいくね』
『じゃ待っとるよ!』

僕はこの会話で何かあると妙にドキドキでした。

十分程して美穂がシャワーを終えてきました。

美穂は無言のまま居間を通りすぎ、祖父の部屋に向かいました。

僕は間合いを置き、祖父の部屋が見える位置に座りました。

案の定、とても淫らな光景が…祖父はすでに昔アダルトビデオで男優がはくような、真っ白なスーパービキニ?をはいて、これでもかという位、ペ○スはそそり立ち、モッコリテントを張っていました。

とても60過ぎた人に見えないくらい元気でした。

すると祖父は『なあ、美穂、今日はこれにするか?』

祖父は美穂に黒のブラとパンティを差し出しました。

『うん…』と美穂は頷きました。

祖父は美穂にキスをしたまま、たくみにシャツとショートパンツを脱がしました。

あどけない美穂の顔は涙目になりかなり本気モードになってる感じでした。

あっというまにピンクのスポブラにパンティー姿にされると、祖父はそれさえもすかさず剥ぎ取りました。

祖父もかなり興奮していました。

あっという間に全裸にされた美穂は、舐めるように祖父にジロジロと見られてました。

『あ~美穂、最高だ、美穂は世界で一番かわいいぞ』
『うん、ありがとう…』

そして、手渡された黒のブラとパンティーを自分で身につける美穂。

多分祖父が美穂の為に通販で買ったものだと思いましたが、子供体型の美穂にはどう見ても似合っている感じがしませんでした。

『じいちゃん、ホックかけて…』

普段スポブラしかやってない美穂は、どうやらブラのバックホックがうまくかけれないようでした。

僕も激しいジェラシーが込み上げてましたが、異様に興奮してました。

そして、ブラとパンティーを身につけると、美穂はじいちゃんの前に立ってました。

『おぉ~、凄いぞ、美穂、やはりおじいちゃんの子だ、かわいいぞ』
『ありがとう、じいちゃん好きよ』

祖父は我慢出来なくなったのか、ベッドの上に仰向けになると、美穂に来るように催促。

美穂は祖父のビキニの中でテントを張ったペ○スに自分のパンティーごしのマ○コの部分をあてがい、ゆっくりと腰を動かし始めました。

『いいぞ、美穂、その調子だ!』
『ハアーハアーハアー、じいちゃん凄いよ~気持ちいいよ』
『じいちゃんも最高だぞ!』

『ハアーハアーハアー』
『美穂、あまり声出すなよ、ひかるがいるんだからな』
『うん』
『ハアーハアーハアー』

じいちゃんも腰を浮かし、二人ともかなりいやらしい腰つきでぐりぐりしていました。

すると祖父が起き上がり、美穂の腰に手をやり、持ち上げるようにしました。

そして、パンティの上からクンニを開始しました。

美穂のお尻をガッチリ掴み、かなり激しいクンニでした。

『アッアッアッ、じいちゃん、美穂ヤバイよ、アッハアーハアーハアー、気持ちいいよ~!』

『美穂、声が大きい』
『だって~、きもちいいんだもん、ハアーハアーハアー』

そして、祖父は一曲なパンティを下ろし、直接クンニを。

…少し毛は生ているように見えましたが、祖父の顔でハッキリ見えません。

『アッアンアン、じいちゃん、…』

『クチュクチュクチュ』美穂のマ○コからはそんな湿り気のある音が響いてきます。

『なあ、美穂、じいちゃんもう我慢出来ん、そろそろいいか』
『うん、あっ、ゴムちゃんと付けてよ、ヤバそうだから…』
『わかっとる』
『さあ、美穂、じいちゃんのパンツ脱がしてくれ』
『…』

美穂は慣れた手つきで祖父のビキニを脱がすと、行き場を失ったペ○スが自由になり思いきり姿を現しました。

あんなにデカイものは始めて見ました。

水平より、ちょっと上を向いてました。

『さあ、美穂コンドーム』
『うん』

美穂は袋を手際よく破り、うまく被せました。

かなり手慣れた感じでした。

祖父は美穂のホックを片手で外すと、そのままベッドの上で舌を絡めるかなり激しいキスを。

『じいちゃん、気持ちいいよ~、』
『さあ、行くぞ』
『うん』

二人はベッドの上で向かいあって座り、対面したままSEXを開始。

『ハアーハアーハアーハアーじいちゃん』
『美穂じいちゃんも気持ちいいぞ』

二人はキスしたままそのまま腰をゆっくりと動かしてました。

そして最後は祖父が仰向けになり、その上に美穂が跨がり、懸命に腰を動かしてました。

『美穂、最高だ、最高に上手いぞ、その調子』

『ハアーハアーハアー、じいちゃん、じいちゃん、気持…』

そして祖父は美穂の顔を引き寄せ、キスしながら腰を浮かし腰をぐりぐり…

『ピチュピチュピチュ』と言ういやらしい音が響き、ベッドもギシギシなってました。

『美穂、我慢出来ん、行くぞ~』
『うん、じいちゃん、あっあっあっ、うっ~』

そして、祖父は果てました。

僕もここまで、三回くらいは抜いたと思います。

二人はそっと離れると、祖父のペ○スは驚く事にまだ半勃ちでした。

コンドームには、たっぷり入ってました。

『じいちゃん、今日もたくさん出たね』
『だって美穂がかわいいから当たり前なんだよ』
『ほんと、私、嬉しい!』

そしてじいちゃんは美穂の汚れたマ○コをティッシュで綺麗に拭いてました。

『美穂、シャワー浴びたらいいんじゃないか?』
『うんさっき浴びたし、まだ行ったら、兄ちゃんに怪しまれるから後にするよ、それより、お腹すいたよ、なんか食べに行こうよ』
『そうだな、そしたらひかると三人で、なんか食べに行くか?』
『うん、そうだね』

これがこの日みた二人の淫らなSEXの一部始終です。

もちろんこの日ばかりでなく、淫らな関係はしばらく続きました。

僕の怒りの感情や、悶々とした感情は辛うじて止まってましたが、やはりつらいものはありました。

その後、何事もなかったかのように居間でテレビを見ていると、1時間くらいして二人は居間にやってきました。

祖父はさりげなく僕に『ひかる、三人でお好み焼き食べに行くか?』

僕は当然、断りました。

『今から、見たい番組あるから』と…。




PAGE TOP