彼氏の前でもイッた事ないのに・・

春休みに、1人で温泉旅行に行きました。
その時に、夢みたいな出来事があった。
俺は、温泉好きなので、旅館へ到着と同時に温泉へ行き、ご飯を食べ、
お酒を飲み、その日が終ろうとした深夜、
寝る前にもう一度温泉に行こうと思い、温泉へ行きました。
すると、一人の女子大生が入っていました。
俺は、少し緊張しましたが、声をかけました。
俺「どこから来たの?」
彼女「大阪です」
俺「一人?」
彼女「彼氏と二人です」
俺「彼氏は?」
彼女「お酒に酔って、先に寝ました。なので、一人で温泉に」

それから、少し怒り気味な話題で盛り上がり、
調子に乗ってつい、彼女に「よかったら、この後、俺の部屋で飲まない?」
と言ってしまいました。
あまり、期待はしていませんでしたが。

彼女「彼氏も酔いつぶれたし、私も飲もうかな」
俺「そうしたら?じゃぁ、着替え終ったら、前で!」
彼女「うん」
そして、俺と女子大生は、ビールを沢山買い、俺の部屋へ行きました。

そこでも、彼氏の話で盛り上がり、
二人ともかなり酔い、
眠気で黙りかけた時、俺は、思わず、
彼女の浴衣の乱れに気づいた。

真っ白い太ももに黄色いパンツ、
胸の谷間(彼女は、ノーブラでした)。
俺のアソコが急に反応し、大きく、
浴衣の間からもわかるくらい、大きくなっていた。

酔った行きよいもあり、彼女に、
「おちんちんが大きくなってしまったよ(笑)」
彼女「なんで?」
俺「君の浴衣が乱れてて、パンツと胸がみえちゃったから」
彼女「も~。エロ~い。大きくなりすぎ~」

俺「ほら~」とアソコを出した。
彼女「きゃ~。でも、こんなまじかで見るのは、初めて」
俺「彼氏のは、見ない?」
彼女「じ~っと、見たりしないもん」
俺「フェラとかは?」
彼女「したことがないもん」
俺「じゃぁ、俺ので練習してみたら?」

そう、言いながら、彼女の頭を持ち、
俺のアソコへ、少し強引だったが、近づけた。
すると彼女は、俺のアソコを咥えた。
俺は、彼女の頭を持ち、上下へ動かす様に誘導した。

5分ほど経った時、彼女が「もう、おしまい」
俺「それは無いよ~」
彼女「でも、もう戻らないと、彼氏が起きてるかもしれないし~」


そして、彼女が立ち上がった時、俺は、
彼女の後ろから軽く抱きつき、
浴衣の胸元あたりから、するりと手を入れた。
そこには、とても柔らかい大きな胸がありました。

彼女「ダメ!」
でも、俺は我慢できず、胸を激しく揉み、乳首を刺激した。
彼女は、抵抗はしていたが、
確かに、息が荒く、感じているのに気づいた。
そして、一揆に彼女のアソコへ手を伸ばした。

彼女の抵抗は続いたが、力が抜けたのか、
前のめり状態で壁にもたれ、お尻を突き出した状態だった。

彼女「ダメ。もう、おしまい。ダメ!」
俺「でも、こんなに、濡れているよ」
彼女「いや~ん。恥ずかしい」

そして俺は、彼女をこちらに向かせ、
胸を舐め、指はアソコを刺激した。
クチョクチョと凄い音がした。

俺は、彼女のアソコに顔をうずめ、舐めまくった。
指の動きに合わせ、クリトリスをおもいっきり舐めた。
すると、彼女は「ダメ!ダメ!イク~。イク~!あっ!」
彼女は、その場へ座りこんだ。

彼女の足元は、愛液でいっぱいだった。
彼女は、潮を吹いたのだ。
彼女「はずかしい~よ。彼氏の前でもイッた事ないのに」
俺「とても可愛かったよ」
そして、俺は彼女に一度、軽くキスをした。

そして、今度は、舌を絡めてみた。彼女も、舌を絡めてきた。
俺は、彼女をそのまま、畳の上に倒し、俺のちんこを
彼女のおまんこへ入れた。

彼女「あ~ん。あ~ん」
俺は、今までにない、激しく腰を振った。
彼女「あ~ん。気持ちいい~」
今度は、彼女を上に跨がせ、起上位で。

彼女「あ~ん。気持ちいい~」
彼女の腰の動きも激しくなり、
俺は、とても気持ちよかった。

彼女「もうダメ。イきそう」
俺「俺も」
彼女「あ~。ダメ。イク。イク」
その可愛い声を聞き、俺も、そのまま、
彼女の中に出してしまった。

彼女「あ!中に出した?」
俺「ごめん」
彼女「も~う」
そして、それから二人で部屋風呂に入りました。

当然、言うまでもありませんが、
そこでも、もう一回、彼女の中に出してしまいました。
そして、お風呂から上がり、彼女は
「彼氏には、内緒ね。じゃぁ」と言って、部屋に戻りました。