どこかに連れ出して無理やりにでもシテ欲しかったです・・

社員旅行はとある温泉宿。
有志だけを募って人数は20人前後でした。
夜の宴会はそこそこ盛り上がり、カラオケなどをして楽しく過ごした後、各部屋に帰って、
仲のいい同志で飲みなおすことにしました。

上司(♂)3人と同僚(♀)4人で、ゲームをしながら楽しく飲んでました。
少し酔いはじめた頃に、みんなでゲームコーナーに遊びに行きました。
プリクラなどをとって、気づいたら上司と二人でした。
その主任は密かに思いを寄せている人だったので、
私は、「主任・・・」と上目づかいで見つめてしまったのです。
びっくりした表情で主任は「どうした?」と聞いてくれました。
私は「・・・なんか、人恋しくなっちゃって。」というと、優しくゆっくりと抱きしめてくれました。
人目を避けるようにして、さっきまで食事をしていた宴会場まできました。
片づけがされてなかったけど、真っ暗でした。
逆に片づけがされてないほうが「さっきまでみんなが居たんだ。」
と思い、余計にリアルでドキドキしました。
私は主任にギュッと抱きつくと、主任は「かわいいなぁ」と 言って抱き返してくれました。
すると、だんだんと下腹部あたりに熱く硬い感触が伝わってきました。
そうなると、もうドキドキが止まらなくなってきて、
思わず私のほうから、手を熱く硬い部分に触れました。
浴衣の上でしたが、すごく熱くて大きくなっていました。
酔いも手伝って、私は大胆になり、浴衣の上からゆっくりと手を上下させました。
するとピクンピクンと反応があり、私の悪戯心をくすぐったのです。
浴衣の中に手を入れて、パンツの上から触りました。
「お、おい・・・」と少しびっくりされましたが、主任を見つめながら手を上下に動かし続けました。
『もっと触りたい』私はそう思い、パンツの中に手を入れました。
直に触ると、すごく大きくてびっくりした反面、嬉しくなっていました。
「・・・すごく、大きい・・・」と囁くと、抱きしめてくれていた手に力が入るのがわかりました。
そこに、宿の従業員が近くの廊下を歩く音が聞こえてきて
主任は「ちょっ・・・ちょっと待て。部屋に帰ろう」と言い私たちは部屋に戻りました。
私は疼きっぱなしで、もっと触っていたかったけど 、
二人とも何食わぬ顔でまたみんなと飲みなおしました。
しばらくして、私がトイレに立ったとき、後ろから主任がついてきました。
トイレは、部屋にもありましたが、誰か入っていたのでフロアのトイレまで行きました。
すると、主任はトイレの入り口で大胆にも私の浴衣をはだけさせて、胸を触りだしたのです。
私はとても胸が弱いので、すぐに乳首が起ち興奮してしまいました。
『この場所じゃ、誰かに見られる!』と思うと、余計に興奮しました。
一気に血の巡りがよくなってきて、酔いが回ってそこからの記憶がありませんが、
最後までは出来なかったのだけ覚えています。
どこかに連れ出して、無理やりにでもシテ欲しかったです。
その後、一緒に仕事をしていても、お互い何も言いませんが
『またいつかは・・・』とチャンスを待っていたりする私でした。




PAGE TOP