悪いけどこのオチンチンで私すごく気持ちよくなっちゃった・・

社会人のバトミントンサークルに入っています。
週1回平日の夜7時から10時までなので、仕事が終わってから見ているだけの組も多く、個人参加でペアもバラバラで決めます。
私たち夫婦と友達のさやかちゃん夫婦は仲が良く(年が近く20代)、一緒に参加しています。さやかちゃんの旦那さんのマサト君は結構イイ男で、たまにメールをしていて冗談でエッチな話をしたりしています。
「今度のバトミントンで二人で抜け出そう、最近さやかとはエッチしてなくて溜まってる」
とメールが来ていて、それも冗談だと思っていました。

8時半を過ぎてくるとみんなダレてきて、そのスキに抜け出しました。

体育館の隣の倉庫みたいな薄暗い小さな部屋に二人で入り、いきなりディープキスされました。

「だめっ、さやかちゃんに悪いよ・・あっ・・んっ・・」と言いましたが、マサト君は後ろに回り込み、後ろから胸を揉んできました。

わたしは赤のジャージの上下を着ていて、ベルトをしていないので、バックの体勢でジャージのズボンとパンツを同時にズルッ!と下げられ、大きなお尻をワシづかみにされて立ったままバックで挿入されました。

小声で「さやかよりお尻も胸も大きいよ・・・お尻やわらかいんだね・・・エッチだよ・・・ずっと前から麻紀ちゃんの裸見たかったんだっ・・・さやかより麻紀ちゃんの中の方が気持ちいいよっ・・麻紀ちゃん好きだよっっ・・中で出すよっ・・・麻紀っ麻紀っ!!愛してるよっ!・・・麻紀っ麻紀ぃっ・・・」

ビッビュビュッ・・・

マサト君は私に立ちバックで乗りかかってきて腰を振り、さらに膣の奥へ精子を流し込んできたのです。

私は他の人にバレないように声を出さないようにがんばっていましたが、途中であえぎ声を「あっあんっ!あんっ!・・あんっ!あんっ!!・・マサトくん好きっ・・・麻紀の中にさやかちゃんよりたくさん出してっ・・・」
と野太い声を出してしまいました。

旦那よりも突くのが上手で、中出しされたあとヌルヌルになっているマサト君の大きなアソコをきれいにしゃぶってあげてた時、
「ああ・・このオチンチンの中に入っている精子が全部欲しい・・・さやかちゃんには悪いけど、このオチンチンで私すごく気持ちなっちゃった・・・」

うちら夫婦はエッチをよくしてるので、バトミントンが終わったその晩はすごく燃えて、旦那にまたがり騎乗位で腰を激しく振りまくりました。