妻が寝ている側で妻の後輩に…エッチ体験

これは15年前に経験したことです。

当時、妻はとある会社に勤務していて出産を機に退職しました。

その後輩として入社したのが「みき子」でした。

当時35歳。小柄で少しぽっちゃりでしたが、かわいいタイプの女性で、バストは結構グラマーです。

入社後まもなくの頃より仲良くなり、お互い子連れでそれぞれの家を行き来し、お食事会をしたりお泊り会をしたりしていました。

ある日、私の仕事がいつもより早く終わり、夜8時くらいに帰宅したときのことです。

玄関横の駐車場にみき子の車があり「また子供達を連れて遊びに来てるんだなぁ」と思いながら家に入りました。

その時は既にもうみんな夕食を食べ終わっていて、俺は食事の用意が出来るまでの間シャワーを浴びることにしました。
妻はテレビドラマを見終わり、みき子と共に食事の後片付けを終えると「そろそろ眠くなってきた」と言い、一度子供達の様子を見てきた後、みき子の布団を用意しました。

その時リビングに居たみき子は白系の薄いニットの半そで服を着ていて、形の良いグラマーな胸がはっきりと分かり、うっすらと薄いピンクのブラも透けて見えていました。

いつもみき子の胸や小さなお尻に憧れて見ていたので、脱衣室で服を脱いでいる時にはちょっと興奮してチンポが勃起していました。

あの大きくて形の良いおっぱいにいつかは触れてみたい。どんなに柔らかいんだろう。

乳首の色は?大きさは?口に含んでコロコロしたらどんな顔をしてどんな声を出してヨガるんだろう・・・

いつもみき子を見るたびにそう思っていました。

シャワーが終わってリビングでビールを飲みながら、みき子や妻と話をしていると子供達がやって来て「もう眠くなってきたから布団を敷いて」と言いました。

明日は日曜日だからみんな泊まっていくことになり、先に子供達を寝かせ、また3人で話を続けました。

夜10時になると妻がテレビのスイッチを入れ、ドラマを見る事になりました。

テレビの位置関係から、妻は俺に背中を向けて座るスタイル。

みき子は俺の左前にいます。

横から見ると大きく豊かなみき子の胸がすぐ目の前にあります。

手を伸ばせばすぐに触れるところにあるのです。

俺はじっとみき子の胸を見てしまいました。

みき子もテレビに目をやっていましたが、俺の視線に気がついたのか、チラッとこちらを見て「ニヤっ」としていました。

そんないやらしい目で見ていたなんてバレるのが恐くて、胸に目が釘付けにならない様に気をつけていました。

気付くとあぐらをかいて座っていた俺のチンポはかなりギンギンに勃起していて、テーブルから離れられなくなっていました。

ドラマを見ているうちに妻がみき子に「チョット肩を揉んで」と言い、みき子は妻の後ろに座り直し肩を揉み始めました。

その姿を後ろから眺めながら「みき子の胸を後ろから揉みたい」「あのおしりを両手でつかみ思いっきりバックから突きたい」と思っていました。

二人とも無言でドラマを見ています。

俺も無言でみき子に対していやらしい妄想をしていました。

あのスカートの中の中心はどんなに柔らかいんだろう?陰毛は濃いのかな?それとも細く柔らかい毛がかわいらしく生えているのかな?最初にチンポを挿入した瞬間の表情は?どんな声であえぐのだろう・・・

もう暴走した妄想は止まりません。

俺は息が早く荒くなっていました。

テーブルの下でチンポに触ってみるともう既にガマン汁が出ていてパンツに染みていました。

ドラマも中盤になった時、みき子が俺に「私の肩も揉んで」と言ってきました。

俺は待ってました!とばかりにみき子の後ろに座り、みき子の肩を揉み始めました。

妻、みき子、俺の3人が縦一列になって座っているのです。

妻から俺の姿は見えていません。

俺は妻の後ろで憧れのみき子の体に触れているのです。

その緊張感とスリルが最高潮になっていました。

みき子の肩を揉んでいる手が無意識のうちに早い動きになっていて、肩ばかりでなく背中、腕の方まで手が伸びてしまっていました。

あまりあちこち触っていると、どさくさ紛れにいやらしい事をされているなんて思われたら最悪なので、自分を抑えて出来るだけ「普通」のマッサージであるように振舞っていました。

とは言ってもみき子と俺との距離30センチ。

髪の香りがはっきりとわかるほど接近してるのです。

肩に置いた手の下にはみき子のブラのストラップがあります。

俺は時々そのストラップごと肩を揉み、みき子のバストや乳首に間接的に刺激を与える作戦に入りました。

ゆっくり、ゆっくりとみき子の体を狙っていきました。

肩から背中へ手を滑らせ、ブラのラインに沿ってマッサージをしていき、ちょっと思い切った行動に出ることにしました。

みき子は妻の肩を揉んでいるので両腕が上がっていて脇の下が空いています。

その脇の下から胸の下側に指を滑らせて軽く胸の横に触れてみました。

「あっ、マズイかな!」と思い手を引っ込め様としましたが、みき子は拒否する様子ではありません。

そこでもう一度胸の横から前に向かって指を滑らせてみました。

今度はあきらかにバストタッチです。

やはり拒否されていませんでした。

そして良く見るとみき子は両腕を少し開き気味にし、脇を開いているではありませんか。

言葉で会話するわけにはいかないので、今度は胸の横を円を描く様にタッチしてみました。

みき子は相変わらず腕を閉じようとはしていません。

それよりも、後ろから顔を近づけみき子の息遣いを聞いてみると、呼吸が少し荒くなっていて、みき子も興奮してきていることがわかりました。

俺は「第一関門通過だな」と確信し、この後妻が後ろを見ないように祈るばかりでした。

俺とみき子の間で意思の確認が取れたのをきっかけに、俺は更にみき子の体をまさぐっていきました。

妻にさえ気付かれなければ直接肌にも触れられる・・・

俺は大胆にみき子の胸を愛撫していきました。

後ろから思い切り揉みしだき、服の上からでしたが乳首も探し当てコリコリと刺激を加えていきます。

みき子は一瞬のけぞったりしました。

声を必死で抑えている様子がはっきりとわかります。

その悶絶する姿に俺の理性はほとんど飛んでいました。

もうチンポはビンビンになり、我慢汁は大量に染み出し、パンツはおろかその上のスェットパンツにも大きな染みが出来る程になっていました。

俺はガマン出来ずに時々自分でチンポに触れていました。

もうこうなると次の目標はみき子の「下半身」です。

新たな作戦を・・・と思いましたが、まだ胸にも直接触れていないので、何とかしてブラのホックを外して直接みき子の胸を愛撫することにしました。

まずはみき子の腰のあたりから手を服の中の滑り込ませ、ブラの上から胸を愛撫していきます。

さっき服の上から触った時よりも大きく感じられます。

それにすごく熱い。もううっすらと汗ばんでいます。

乳首も硬くなっていてはっきりとわかります。

みき子は時々「びくっ!」となり声が出そうになっているのが良く分かります。

グッと歯を噛締め、決して妻に様子を悟られない様に耐えているのです。

そんなみき子を見ていると更にスリルが欲しくなり、俺は乳首への集中攻撃を始めました。

3本の指で乳首をつまみあげコネコネしたりきゅーっとひねったり。

少しすると正座しているみき子の腰が動き出しています。

くねくねといやらしい動きになっています。

きっとみき子のアソコは愛液が溢れているに違いありません。

俺はみき子の後ろから耳に軽く息をかけ、更に乳首への愛撫を続けました。

もう妻の肩を揉んでいるみき子の手の動きは、早くなったり遅くなったり。時々止まってもいました。

もうそろそろブラのホックを外す作業に入ることにしました。ドラマが終わってしまい、妻が態勢を変えてしまう前に目標をクリアしておかなければならないのです。

また、その事がみき子との関係において今後とても大切な事であると確信していたからです。

まずは大胆にも両手で後ろからみき子に抱きつき首筋から背中に舌を這わせました。

みき子は「ビクっ」とし身をよじり悶えています。

そして俺はついにみき子のブラのホックをつまみました。

しかしみき子はホックが外されるのを感じ取り首を横に振り「イヤイヤ」をしています。

しかし俺はもうブレーキが効きません。

一つづつゆっくり外していきました。

「ポツ」

・・・3人共無言の中でホックが外れる音がします。

みき子は首を横に振っています。

俺は続けました。

「ポツ」

・・・二つ目が外れました。

あと残すところ一つです。

俺はこのホックを外す時の音がたまらなく興奮し好きなのです!

「ポツ」

・・・最後の一つが外れ、ブラが胸の方に縮んで行きました。

一瞬みき子の背筋が伸び少し深い息をしていました。

俺は妻に悟られない様細心の注意を払い、みき子のブラの下側から直接胸に触れ、その肌の感触や乳首の硬さ、乳輪の感じを確かめました。

ちょっと汗ばんでいましたが、その胸は大きく柔らかく、乳首はやや小さくて乳輪も大きくなく、触っていくうちに「ポツポツ」がだんだん増えてきました。

みき子もかなり感じてきています。

俺はもうこれ以上我慢が出来なくなってきました。

みき子の胸を愛撫しながらゆっくり立ちひざになり、みき子の背中に俺のギンギンになったチンポを押し付けました。

みき子もすぐに様子が分かった様でしたが、今ここではどうすることも出来ないので黙ったままでした。

俺はもうとにかくみき子と一つになってみき子の中で思いっきり射精したい願望でいっぱいでした。

ドラマも終わりに近づき、妻がみき子に「あと3分で肩揉みを止めていいよ。ありがとう!」と言いました。

俺とみき子は妻の後ろで内緒の行為に没頭し、興奮も絶好調の時でした。

とても名残り惜しくて残念でなりませんでしたが、俺はみき子のブラを元に戻しホックをかける事にしました。

服も調え肩揉みが終了し、妻はトイレに立ちました。

その時俺はみき子をギューっと抱きしめました。

みき子も俺にしがみついてきました。

妻はすぐに戻ってきてしまうので、二人とも少し離れたところに座り直し、何事も無かったかの様にしていました。

しかし、この時のことがきっかけで俺とみき子は秘密の関係になっていったのです。

当時俺の家はアパートで部屋数が三つと少なく、そのうち二つは子供達と妻が使う事になり、みき子はリビングに寝る事になりました。

俺はまだテレビを見ながらお酒を飲みたかったので、リビングのソファーにそのまま寝ることになりました。

それぞれの部屋の戸は開けてあり、妻とみき子は頭と頭が近くなる様に縦に布団を敷きました。

この時、妻から俺の座ってるソファーは死角となり見えていませんでした。

やがて妻はパジャマに着替え布団に入りました。

電気を消しあくびをしながら「いつまでも起きていないで早く寝なさいよ!」などと言い、5分後には寝息を立てて寝てしまいました。

最初みき子は妻と話をしていましたが、妻が寝てしまったので今度は俺に話しかけてきました。

「もう寝ちゃったみたいだよ・・・」

小さな声でみき子が俺に言いました。

俺はさっきまでの事が頭から離れずにいたので、すぐにみき子との「秘密の行為」を再開する方法を探しました。

リビングは暗く、テレビの明かるさだけです。

妻はまだ眠りが浅いかもしれません。

ちょっとした物音で目を覚ます可能性もあります。

特にこれが「男女の事」の音や声だと反応が鋭くなってしまうかもしれません。

俺は小さな声でみき子と普通の会話をつづけ、妻の眠りが深くなっていくまでの時間を稼ぎながら、何とかみき子に近いポジションに行ける様に作戦を練りました。

それから少し時間がたち、みき子も布団に仰向けになり、そろそろ寝る体勢になりました。

俺はこのまま何も無く朝を迎えることだけは避けたかったので、とりあえずみき子の足元に移動して座りました。

そして「足裏のマッサージも気持ちいいよ!」と小さな声でみき子に言い、足の指から揉み始めました。

「あ、そうなんだ!ありがとう!」とみき子。

しかしその彼女は単純にマッサージを喜んでいるのか、さっきまでの「秘密の行為」の続きを期待しているのか・・・

その時の俺はまだどう判断してよいのか分かりませんでした。

さっきまでの事は「チョットだけ魔が差しただけ」とみき子は思っているかもしれません。

みんな普通に起きていた時間のことだし、少しくらいスリルを楽しんだとしても、その場でセックスになる事も無いし・・・と。

しかしどうだろう・・・ひょっとしてみき子は俺との行為の続きを期待してマッサージを受け入れているのかもしれません。

さっきと同じ様なスリルと快感を楽しむ事を限度として、みき子は俺の手によって再び愛撫される事を望んでいるのか・・・

もしかしたらセックスを期待しているのか・・・

ただひとつ確信があったのは「さっき」肩揉み中にみき子を愛撫した時の腰の「くねり」は間違い無く「感じて」いて体が疼いていたと言う事です。

その「疼き」はまだ冷めていないと言うことです。

俺は自分の直感を100%信じてみき子を「堕とす」ことに決めました。

もし嫌がったとしても大声を上げたりはしないと言う自信もありました。

俺はみき子の足指から踵を経てふくらはぎの方へとマッサージの手を進めました。

最初みき子は足を閉じたままでしたが、ふくらはぎの内側に手を入れると軽く開いてくれました。

「ん!これはいける!」俺はそう確信しました。

そして膝の横、裏側をマッサージしながら柔らかい太ももへと手を進めました。

最初は太ももの外側を。

そしてだんだんと内側へと進んでいき、ついに足の付け根付近に到達しました。

もうその時、俺のチンポはさっきよりもかなり硬直していて、早く射精したい一心でした。

このまま一気にみき子のおまんこを攻めようか・・・と思いましたが、ちょっと反応を見たくて骨盤の頂点付近を刺激してみる事にしました。

さっきもみき子が感じていた場所です。

親指で軽く刺激してみるとやはりみき子は腰をクネクネさせ、両足をすり合わせる様にしています。

声が出せない分余計に感じるのでしょう。

口に手を当て、必死に声を押し殺しています。

ビクンビクンと体が動いています。

鼻息が荒くなっていて、その顔がとてもセクシーで可愛かったのを覚えています。

みき子はきっと更に快感を求めているのでしょう。

俺は骨盤に置いた指をいよいよみき子の体の「中心」へと向かわせることにしました。

少しづつ、少しづつパンティーのラインに沿って指を真ん中へ移してきました。

みき子はもう体が反応しています。

大きく仰け反り、足を更に広げてきました。

手がだんだんと熱くなってくるのがわかります。

そしてみき子の「割れ目」のすぐ横まで手を進めた時にはもう俺には理性なんて無くなっていました。

さっきと同じにチンポは脈打ち、また我慢汁が大量に分泌され、みき子の中に射精したくてしたくてたまらなくなっていました。

みき子は更に感じてきていました。

彼女自身にしてもあと少しで快感の「ツボ」であるクリトリスが俺の手で愛撫されるのを分かって期待しているからなのです。

俺は軽く「中心」の下あたりをパンティーの上から触ってみました。

みき子は一瞬「んんッ!・・・」と声をあげ、慌てて口を押さえながら悶えていました。

その時パンティーはもうグショグショに濡れていて、その表面にもヌルヌルしたみき子の体液が染み出ていました。

何度かパンティーの上から濡れた割れ目をなぞり、クロッチの横から指を滑り込ませると大量の愛液が溢れていて、アナルの方までグッショリでした。

軽くクリトリスをさすり、みき子の体に「快感の記憶」を思い出させておいていよいよパンティーを脱がせにかかります。

みき子はチョット困った表情をしましたが、体の疼きはもうどうする事もできません。

すぐに腰を浮かせてパンティーを脱ぐ事に協力してくれました。

脱ぎ終わるとみき子は大きく息を吸って止め、背中を反らせて両足を大きく開きました。

俺は手での愛撫を止め、口での愛撫をしました。

ほんのりと甘い香りがして、薄い陰毛はその愛液でしっとりしていました。

俺は無我夢中でみき子のおまんこを舐めクリトリスを吸い、膣へ舌をねじ込み愛液を掻き出しました。

うつぶせになってみき子を味わっていたので、布団にチンポが擦られて気持ちよく、危なく射精してしまうところでした。

みき子も体を細かく震わせたり、両手で顔を押さえて声を殺したり、指をかんだりしていました。

愛液はどんどん流れてきました。

クリトリスを集中的に舐めたり吸ったりしていくうちにみき子の体の動きが止まった・・・と思ったら急に「ビクン!」となってイってしまいました。

声を殺していましたが「あぁーっ!ううーん」と悶えながらイっていました。

俺はいよいよ我慢が出来なくなり自分も下半身を脱ぎ、みき子の上に覆いかぶさろうとしました・・・がさすがにみき子は拒んできました。

頭のすぐ上には俺の妻がいるのです。

ここでセックスまでいってしまうと声ばかりでなく、そのいやらしい音までもして妻が起きてしまう事を警戒したのです。

仕方なく俺はみき子の中に入るのは断念しましたが、みき子のおまんこへの愛撫は続け更に何度もイカせてあげました。

声は殺していますが、おまんこからは「くちゅくちゅ」とイヤらしい音がしています。

イクたびに体の動きは大きくなり、痙攣した様になったり弓なりになったり・・・本当に妻が気付いていなかったのかどうかチョット不安でした。

何度もみき子イカせた後、俺もソファーで寝る事にしました。

みき子とセックスまでは出来なかったけれども、俺の気持ちを受け入れて体を開いてくれたことはとても嬉しくて幸せでした。

次の日の朝、みき子と俺は何も無かったかの様に普通の会話を妻と3人でしていました。





PAGE TOP