マッサージ師を誘惑し犯されるいけない変態人妻

マッサージされるのがすごく好きなんです。
初めて体験したのは旅行先でのことでした。
それからというもの、旅行とマッサージはセットになっています。
でも、ただ単に、マッサージを受けるだけじゃないんです、私の場合。

先日も友人と旅行に出かけました。
友人はお風呂に行っています。あまりマッサージには興味ないんですね。
で、マッサージ師と二人きりです。
今日のマッサージ師は30代半ばの男性です。
そう、男性でないと意味がないんです。

夫はしばらくセックスしていません。
ですから私、欲求不満なんですね。
その解消として、マッサージを受けるんです。

いつものように、私はノーパンノーブラで浴衣を着ています。
まずうつ伏せでマッサージが始まりました。
背中が感じる私は、時々くすぐったくて身をよじらせてました。

始めは先生も笑いながら気にしてなかったけど、
おしりのマッサージでノーパンに気づいたようです。
無言になり出し妙な空気になりました。
予定通りです。

そして、仰向けになりました。
乳首が立ってるのが浴衣の上からでもわかります。
ちょっとでも感じると、私、乳首が固く尖ってしまうんです。
そして敏感になっちゃうの。

目をつむってると先生はとても自然に、
でもあきらかにマッサージにはないだろう触り方で、
胸の周りを揉んだりしてきました。
優しく柔らかに、そして時々強く激しく……。
絶妙な強弱の付け方です。
マッサージ師って、こういうの上手なんですよね。

浴衣が乳首に擦れて感じちゃいます。
いつのまにか浴衣がはだけて、
先生からはおっぱいが見えるはずです。
薄目で見ると先生は来た時と別人のような、
イヤらしい表情で私を見てました。

私は興奮して、くすぐったがるふりをして、
浴衣の下半身もはだけさせました。
ノーパンですから、黒い茂みが見えることでしょう。
だんだん先生の手が下へ向かいました。

股の内側を撫で付け根を指圧してきます。
既におまんこは濡れて、今にも声が出そうですが、そこは我慢です。

すると、またうつ伏せにされ、先生がまたがってきました。
先生は股の上に座り、前傾で背中をマッサージしてきました。
その度にお尻に何か硬いモノがあたるんです。
そう、それは、勃起したおちんちんです。

私が軽く足を開くと、おちんちんが生で、
股とおまんこの間に挟むように押し付けられました。
先生はハァハァ言っています。

背中をマッサージしながら、腰をゆっくり動かしスマタ状態なのです。
時々グイッと先っぽをクリトリスやおまんこに押し付けてきます。

「すみません、お客さんの体、すごくエッチなものですから、興奮しちゃいました」

なんて言い出すんです。
我慢しきれなくなったのでしょう。

「ここが、ほら、こんなになってしまいました」

おちんちんを私に握らすのです。
硬くて熱くて脈打っていて蠢いているのです。
なんと刺激的なおちんちんでしょう。
もう欲しくてたまらない私は腰が動いてしまいました。

すると先生も我慢できなったらしく、一気に挿入してきたのです。
熱く勃起したおちんちんが、ついにおまんこに突入してきたのです。

「あぁん! あぁぁ~ん! すごぉい!」

私、我慢できずに、叫んじゃった。
先生も感じてイヤらしい声をだすんです。

「ああぁぁ、ああぁぁ、お客さん・・・ああぁぁ・・・」
「あぁん、もう・・・こんなことになって・・・だめぇ!」

本当は全然ダメじゃない。
こうなるように仕向けたのは私。
私は嫌がりながらも感じちゃってるんです。

最後仰向けで激しく突かれて、何回もイカされました。
いつもこうやって、マッサージ師を誘惑して、犯されるんです。
いけない人妻です。




PAGE TOP