だってもう不倫はしないから・・

あなた(主人)、ごめんなさい。
先日、あなた以外の男性に抱かれました。
あなたも知っているA課長です。
結婚して20年、今までこんな事は思ってもいませんでした。
課長はあまり仕事が出来ない私を常にフォローしてくれ、上司としてとても尊敬していました。
しかし、単身赴任だった課長は本社に行く事になりました。

先日のお別れ会の時です。
お別れ会と言いましたが、実は2人だけの会でした。
言い出しは私です。

その日、仕事が終了後、少しばかりの食べ物を抱え、課長のアパートに行きました。
その時は本当に食事だけの思いでした。
課長と会食しながら色々話している時、ふと課長が・・・。

課長「私には妻がいるのに、こんなこと言うのはなんだけど、あなたが好きだったんだよ。会社で会うのが楽しみだったんだけど・・もう会えなくなるね」

私も課長に好意を持っていた事は事実です。
でも私には主人がいるし、課長にも奥さんがいる。
でも心は揺れ動いていました。

しばらくお互い沈黙の後、課長に私は引き寄せられ、抱き締められました。
課長の顔が目の前にありました。
目を閉じると課長の唇が私の唇に・・・。

課長「ごめんね、こんなことしちゃダメだよね。でもとっても寂しいんだよ。あなたとの思い出が欲しかったから」

私「・・・私も本当は課長が好き。だから気にしないでね」

その時、再び唇と唇が合いました。
今度は先ほどよりディープ、課長の手が服の上から私の胸にきました。
私は課長の手を払うと、少し寂しそうでした。

課長「こんなことしてはいけないよね、本当にすまない」

私「さっき、思い出が欲しいと言ったよね。私も同じ思いです。課長の好きにして下さい。5分したら隣の部屋に来てください」


そう言い残し、私は隣の寝室に行き下着だけになり、お布団に潜りました。

5分後、課長は来ました。

私「主人以外の男性のところで服を脱ぐのは初めて。主人以外の男性は知らないけど課長との思い出を作らせて下さい」

課長「ありがとう、2人だけの思い出作ろうね」

全裸になった課長は私の隣に、そして私は下着を全て外されました。
とっても恥ずかしかったけど、全身を愛撫され、体は反応していました。

課長のモノが顔の前にきた時、それを口に含みました。
しばらく愛撫が続き、課長が私の上になり、私の足を広げてきました。

課長「本当にいいんだね、後悔しないよね」

私「はい」

課長のモノが私の中に侵入し、荒々しく動きました。

私「もうダメ、課長は強いんだから」

課長「俺だって逝きそうなんだから、あなたは人の奥さんだからもしかの事があってはいけないから、防具付けてから逝かせてね」

私「たまに来る奥さんと使うものを私に使わないで。今日は心配ない日だから思いっきり課長の思いを私の中にぶつけて」

私は、なんて事言ってるのだろうと思いました。
更に荒々しさを増した攻撃は「逝くよ」の言葉で終わり、私の子宮に課長の体液が浴びせられました。

私「最高ランクのことしたんだから、私のこと忘れないでね。本当に2人目の男性という事だけは信じて下さい」

本当は心配ない日か分からなかったけど、奥さんと使ってる物は嫌だったから使いたくなかった。

でも今日生理がきました。
だから告白する気になりました。

私の最高の思い出として。

今まではこのサイト、見ていただけの私が告白する立場にいる。
でも今後はやはり見るだけにします。
だってもう不倫はしないから。

だからあなたごめんなさい。