大きなおちんちんが私の中に入ってきました・・・

娘の担任教師にちょっとした恋心を抱いていました。
先生は、今年二十七歳、私より三歳年下です。
初めて会ったのは、懇談会の時でした。
どちらかというと陽気で可愛い感じのする先生でした。
年下の男を可愛いと思うようになるとは、私も年を取ったものですね。
しかし、先生に対する想いは、いつしか欲望へと変わっていったのです。
家庭訪問の日。
私は手ぐすねを引いて先生の訪問を待っていました。
家に上がってもらい、娘の事などを一通り話しました。
家庭訪問が終わると、案の定、娘は友だちの家へ遊びに行ってしまいました。
居間では先生と二人きりという状況になったのです。
私はチャンスとばかりに、ソファでお茶を飲んでいる先生に、モーションをかけはじめました。

先生の太ももに手を置いて・・・「ねえ、先生…。年上の女はお嫌い?」
「い、いいえ、そんな・・・。困りますよ・・・そんなこと・・・いけません」たちまち顔が真っ赤になりました。
そんな先生の返事を待つほど私は甘くないの。
手はすでに先生の股間近くをさまよいはじめていたのです。
「いいじゃないの。私、前から先生の事が好きだったの。抱いて、抱いて、先生!」
「ああ、お母さん・・・。ダメです・・・」有無を言わさず、私は先生の唇を奪っていました。

すると、最初はためらっていた先生ですが、何と言っても二十七歳。
やりたい盛りの、まだまだ若い肉体です。
自分で言うのもなんですが、私は容姿に自信があります。
色気もある方だと思います。

独身時代は狙ってオトせなかった男はいません。
結婚して子供を産んでからは、ますます魅力的になったと思います。
そんな自信から大胆なアプローチ作戦に出ました。
思った通り、先生の体は正直に反応しました。
先生の手のひらは汗ばみ出し、股間の部分がもっこりと膨らみだしたのです。

「ああっ、素敵…大きいのね、先生っ」
「あの・・・誰にも内緒にしてもらえますか?」
「もちろんですわ」先生ったら、急に張り切りだしたんです。
リミッターが外れたみたい・・・激しいんです。
私をソファに押し倒し、服をめくり上げ、ブラもはぎとるのです。

そして乳首に吸いついてきて・・・ああぁぁ・・・。
まるで×××みたい・・・感じちゃう・・・。
「あぁん、あぁん、先生ったら・・・激しいのねぇ・・・」
「あ・・・すみません・・・痛かったですか?」
「ううん、気持ちいいわ。もっと、激しくして・・・」

私は先生のズボンを脱がせました。
大きなおちんちんが反り返っていました。
私は得意のフェラチオをしてあげました。
先生ったら、眼を閉じて、うっとりとして感じているんです。

そして、挿入です。
大きなおちんちんが、私の中に入ってきました。
ああぁっ・・・感じちゃう・・・。
相性がいいみたいです。
すごく、フィットする感じ・・・。
ガンガン突かれちゃいました。
若い男性って、やっぱり素敵ねぇ。

私ったら、先生に爪を立ててしがみついちゃったの。
先生も気持ち良かったみたいです。
私はきつく抱きしめ、激しく腰を振るんです。

「ああぁぁ!ああぁぁ!先生!!すごい!!」
「はあはあ・・・お母さん・・・イキますよ!!」
先生ったら、ちょっと早かったみたいね。
我慢できずに私の中に出しちゃったの。
おまんこの中に、熱い飛沫がはじけ飛ぶのを感じました。
その瞬間、頭の中は真っ白でした。

「あの・・・くれぐれも、このことは内緒に・・・」
「さあ、どうしましょう?」
「ええ?そんな・・・」
「また、抱いてくれたら、黙っていてあげるわよ!」
うふふ。先生ったら、おろおろしちゃって、可愛いわ。
きっと、また、私を抱くことになるわね。
また、楽しめそうです。