3人のギャルに代わる代わる手コキで何回もいかされて・・

ぼくは二浪中の浪人生です。

適当な大学なら合格できるけど、自分の父は厳格で、有名大学じゃないと認めてくれません。

妹にはすごく甘いくせに。
二浪中で小遣いも減らされたぼくの唯一の息抜きが、

既に大学生になった友達がたまにくれるエロ本です。

「女とエッチするから、もうエロ本なんていらないや」

と自慢げに言う友達には

「おめーだってついこの間までは童貞だっただろ!」

という思いもありちょっとムカツキますが、

そこは押さえてエロ本をありがたくもらいます。

その日も、友達から新しいエロ本をもらいました。

急いで予備校から帰ってみると、親は留守で家には誰もいません。

新しいエロ本も手に入ったし、

親の足音を気にすることなくフィーバーに興じることができるなんて、

今日はなんてラッキーなんだ。

そう思いながら、ズボンとパンツを脱ぎ捨て、

良さそうなページを開き、右手でちんちんをシコシコするぼく。

すると押入れの方からガタッという物音が!!

ビックリして、振り向くとそこには制服を着たギャルが3人。

どうやらその3人のギャルは妹の友達とのこと。

家に遊びにきたが、途中で妹は彼氏に呼び出されて近くの公園へ。

退屈なので、妹の友達の3人は、

男の部屋なら面白いものでもあるのではないかと兄であるぼくの部屋を探索。

そこで、ぼくが帰ってきたのであわてて押入れに隠れたらしい。

「何してるの?」

3人のギャル達は始めは分からなかったみたいだが、

すぐに目の前のエロ本に気付き

「あー、シコってたんだぁ!」と騒ぎだした。

ズボンとパンツを完全に脱ぎ捨ててしまっていたので、

ぼくは手で前を隠すのが精一杯。

「ねえ、シコシコの続きやってみてよ。」

と3人の中では一番ブスだけどオッパイが大きく

経験が一番ありそうな女の子が言ってきた。

「いゃ・・そ、それは・・・」と拒んでいると

「早くぅ~、やらないとヨーコ(妹)に言っちゃうよ。ヨーコのお父さんってお兄さんには怖いんでしょ。」


と言ってきた。

エロ本のことを父に知られるのはかなりヤバイ。

しかたなく、右手でシコシコするぼく。

すると3人のギャルたちは口々に

「うげぇー」

「きもーい」

とマジで嫌そうな顔をする。

お前がやれっていったんだろうと思ったが、

そんなこと言えるはずもなく、惨めにシコシコ。

3人とも処女ではないみたいだが、男のオナニーを見るのは初めてらしい。

そして3人の中で一番経験のなさそうな女の子が

「なんか、これ彼氏のと違う」と言ってきた。

すると、例の一番ブスだけどオッパイが大きく経験が一番ありそうな女の子が

「あーこれは剥いてないからだよ。こうすれば普通になるよ。」

と言いながら、

ぼくのちんちんを指で引っ張てきた。

「ん・・・・あれ?・・おかしいなぁ・・・」

ぼくの皮を剥こうとして悪戦苦闘する彼女。

それもそのはず、だってぼくのおちんちんは・・・

そんな状況の中、もう一人の女の子がハッとした顔をして

「もしかして、これが包茎なんじゃないの!?」と言ってきた。

「えっ、うそ、汚い~。触っちゃったよ!!」

と一番ブスだけどオッパイが大きく経験が一番ありそうな女の子が手をパンパンと叩く。

そして

「包茎で彼女とか嫌がらなかった?えっ、もしかして童貞?うそ、20歳なのに!?」

と包茎の上に童貞ということもばれてバカにされてしまいました。

一度は汚いと言って手を離したけど、包茎のちんちんが珍しいのか、

一番ブスだけどオッパイが大きく経験が一番ありそうな女の子が

ぼくのちんちんをシゴキ始めました。

ぼくも、どさくさにまぎれてオッパイを触ろうとしたけど

「童貞のくせいに触るなよ!」と一蹴(T_T)

「出しちゃダメだからね」

と命令されていたが、

童貞のぼくがそんなにガマンできるわけもなくすぐにドピュン!!

「早ーい」

「だらしない」

と罵倒されて、

その後3人のギャルに代わる代わる手コキで何回もいかされてしまいました。