おにいちゃんのおちんちんなめてみてもいい?

5歳年下の従妹が居るんだが、これがませたやつなんです。
俺が小6の時のことだった。
「おにいちゃんだっこ~」
有無を言わさず俺とこたつの隙間にすべえり込む。
母の実家に遊びに行くと、いつものことだった。
まあ、可愛いしいいか!ってな感じで受け入れていたんだが
ある日従妹が小刻みに動いてる事に気が付いたのだが、
貧乏ゆすりか何かで揺れているのと思っていた。
従妹は次第に息が荒くなり始め、たまにビクンと体を震わした。
従妹の肩越しにその振動の元を確かめた。
パンツをずらし、そのすきまから幼い割れ目を必死に擦っている。

幼い指は的確にその場所を探し当てているのか、激しくこすって位置がずれると

有る場所を探し当てる様に可愛いお肉を、これでもか、っとばかりに拡げる。

その様子を覗き見てると、流石に従妹も気が付いた様だ。

止めるか、ごまかすのかと思ってると、思わぬ行動に出る従妹。

「おにいちゃん・・おまたいじってるところのぞいてたでしょ」

「・・あ・・うん・・・いや、何してるのかと思ってさ~ちょっと見てみたんだ」

「・・・ねえ!もっとみたい?おまたにね、ちんちんあるんだよ~みせてあげる~」

従妹はスクッと立ち上がると、一気にパンツを脱ぎすてた。

「ほら、みてみて~これ~、チンチンチンチンチンチン!」

従妹は幼い割れ目を両手で広げ、器用に人差し指である突起をコロコロと弄って見せた。

「・・・ン・・やっぱり・・わたしね、ちんちんいじるときもちがいいの!」

両手の人差し指でコロコロ転がされた肉の突起は、次第に硬くなって来たのが指の

動きで見てとれた。

「・・・あ・・・・あ・・・・・・・あっ・・」

従妹の口からか細い声が漏れ出る、思わず俺は従妹のまんこに手を伸ばしてしまった。

「なんか・・・ヌルヌルしてる・・あ、穴みたいな所がヒクヒク動いてる・・・」

俺は従妹の割れ目をじっくり観察していた。

「ねえおにいちゃん、おまた、なめて、ね~なめてみて~」

「なめてって、いいのかよ、じゃすこしな」

舌先でチロチロと突起の辺りを舐めると、

「ああっ!なんかへんなかんじする~もっとやって~やって~」

横たわった身体を弓なりになる程そらして、舐めるように求める従妹に

気迫負けしたように、ペロペロと舐め続けた。

暫くすると、何かに耐えきれなくなったのか急に足を閉じたり開いたり、

のけっぞって、全身に力が入った。

「・・・・おにいちゃん・・・・もう・・・あっ、へんなかんじ~~~~~」

幼いおまたが、クパクパと息をしてる様に動いていた。

「どうした?なんかなった?おい!なんか、おしえてみろよ」

従妹は不意に起き上がると、俺の股間に手を伸ばした。

「あっ、おちんちんおっきくなってる~かた~い、ね~みせて、みせて~」

従妹は俺のジャージをずり下げると、一緒にブリーフも下がってしまい、ビョ~ン

と勃起したちんぽが飛び出してしまった。

「ね~いじってもいいでしょ~、うわ~おっき~これって・・・」

従妹の小悪魔的な好奇心は、とんでもない事をさせる。

有無を言わさずズリッ!と亀頭を露出させてしまった。

「うわ~なにすんだよ~、痛って~戻んなくなっちゃうだろ~」

「うわ、なんか白いのついてる~くっさ~~い」

「勝手にやって文句言うなって~」

「あっ、そうだ赤ちゃんのおしりふきでフキフキしてあげる~」

隣の部屋からおしりふきを持ってくると2~3枚手にとって拭き始めた。

「・・ウッ、・・ウウッ!もっと優しくふけよ~びんかんなんだぜ~」

「おにいちゃんのおちんちんも、いじるとへんなかんじになるの~」

好奇心がむくむく芽生えたのか、先の穴を広げてみたり裏側を見たり皮を

戻して見たり、好き放題いじりまくっていた。

「きゃははは~、これおもしろ~い」

皮を剥いて亀頭を露出させては、元に戻したりを繰り返す従妹。

その内俺の下腹部に味わった事のない、むず痒い感覚と共に熱い何かが湧きあがって来るのを

感じたが、その悪戯を制しする事が出来なかった。

「おにいちゃんのおちんちんなめてみてもいい?」

「・・・う、うん・・・・」

込み上げてくる何かに必死に耐えていた俺は、言葉を発せずにうなずくだけだった。

「なんあか~、しょっぱいよ~そういえば・・・こう・・だっけ・・?」

従妹は何かを思い浮かべる様に、チンポを口に含んだ。

口の中で舌をレロレロ動かしているのか、とてつもない刺激が俺を襲った。

「・・・あ・・だめ・・・もうだめ・・・ストップ!・・・」

ドピュ・・・・ドピュ・・・・堪え切れずに何かが従妹の口中に放出された。

「んんんんんっ・・・なんか・・でたよ、おにいちゃん・・」

「・・・・・・・ごめんな・・・早く口ゆすいでこいよ」

「へいき!じゃ、こんどはわたしのなめて~」

ティッシユに吐き出し、何事も無かったかのように俺の前で指で割れめをクニュクニュ

させながらほほ笑む。

その後、実家に行くとお決まりのお遊びでした。


PAGE TOP