彼女の手のひらの中で勃起が強まるのが分かりました

二十歳の時にバイト先の社員さんに告白されて
初めて女性と付き合いました。

それまでも七〜八人の同級生や後輩に告白されたりしていたのですが、
恥ずかしくて女の子とはなかなか付き合えずにいました。
でも初めての年上(四歳上)で自分をさらけ出せそうで
付き合うことしたんです。

その日は彼女のマンションで他の女性社員二人と
女性アルバイト三人と僕の七人で、彼女の同僚の送別会をしていました。

まだ付き合い始めたときだったので、
キスはしていたのですが童貞のままでした。
時間は進み、みんな酔いが回り始めた頃、社員さんたちがエッチな話をし始めたんです。

僕自身、そんな話を女の子とするのは初めてだったので
下半身はずっと固くなったままでした。
僕が少し油断して、固くなったアレのボジションを調整したとき
転職していく社員さんがそれに気づいたんです。

僕は慌ててその行為を否定しましたが、
話のターゲットは、すっかりこちらを向いてしまいました。
今までに経験の無いくらい恥ずかしかったのを、
ハッキリと覚えています

「○○君て可愛いのにそんなとこ触るんだ」
「もしかしておっきくなってる?」
「今まで何人の女の子を泣かしてきたの」等
色々質問責めにあい、最後には童貞で有ることを白状してしまいました。

普通の人には、なんでもない事かもしれませんが
僕にとってはこれだけで出してしまいそうでした。
その内誰からともなく彼女に対して
今から抜いてあげれば?みたいな事を言い出して
この場で逝かせちゃえと言う雰囲気になっていました。

彼女は酔いも手伝ったのか、みんなの前なのに触ろうとしてきます。
僕は抵抗しましたが、社員さんが彼女に協力して
僕を押さえ込んでしまいました。

ジーンズの上からゆっくりと撫でられ、
ファスナーに彼女の白い指がかかりました。
抵抗しました。幾等なんでもこれは有り得無い
彼女達も少し我に返ったのか、押さえ付ける力を緩めました

僕のアレはすでにヌレヌラになっていて我慢の限界がキテイマシタ
彼女達は余りにも僕が恥ずかしがるので、
「そんなに恥ずかしいんなら後ろ向いておくんで
アイコ(彼女の名前)にしてもらったら」と
みんなが後ろ向いてしまいました。

恥ずかしさと、逝きたい、出してしまいたいと言う葛藤の中で
いつの間にかボクは彼女の手を取り、自分のアレに押し付けていました。
彼女はゆっくりとファスナーを下ろし、直にボクの固くなったアレに触れました。

生まれて初めて他人に見られ、そして握られました。
彼女の手のひらの中で勃起が強まるのが分かりました。
ジンジンと股間が熱くなり、ボクの呼吸は次第に大きくなり
静まったワンルームに響き渡りはじめました。

彼女だけではなく、いつも仕事を教えてくれる社員さん。
バイトに一緒に入った同い年の同じ大学に通っている女の子。三つ下の○校生の女の子。
みんながいるのは分かっていたけど、息が荒くなるのを押さえられなくなっていました

彼女の手のひらはいつの間にか上下に動き出し
先から溢れてきたヌメリのある液体で恥ずかしい音を立て始めました。
みんなは後ろを向いてはいますが、この音を聞いているはずです。
もうどうにでもなれ!僕は快感に飲み込まれてしまい、意識が朦朧としてきました

暫くして彼女は、顔を固く反り返ったボクのアレに近づけ、
そっと口に含み、軽く吸い込んで来ました。
あったかくて、今までにない気持ちの良さで僕は恥ずかしくも
「アー‥は、ん‥」とかすれた声を出してしまいました。

彼女は黙ったまま、あったかい口の中で転がし続けました。
そのたびにボクの息は荒くなり、声も抑えきれず漏れ続けました。

ふと見るとみんなが向こうを向いて同じ空間にいますが
もう声を漏らすのを止められません。
そして彼女が舌と上アゴの間で一番敏感な所を押さえ付けた瞬間、
ウワァー

泣きそうな声を上げながら、彼女の口の中に
ボクの精液を出してしまいました。
十秒、いや二十秒はあったように感じた射精でした。


PAGE TOP