私のアパートでエッチするだけの付き合いでした

22歳ぐらいの時に付き合ってた人がいたんですが、今思えば相手は私の事をセフレとしてしか考えてなかったんだなぁ・・・と思います。
会うのも毎週土曜日だけ、私のアパートでエッチするだけの付き合いでした。彼はとにかく、“巨乳なら何でもいい”というタイプで、それだけの理由で私と付き合っていた感じ。私も、彼氏いない暦7ヶ月くらいで寂しかったし、それでもいいと割り切っているつもりでした。
最初は普通にエッチしてましたが、だんだん彼の欲求が激しくなり・・・。

「パンティを穿かずにパンストだけ穿いて欲しい」
「この水着(どう見ても小*生向けのピチピチのやつ)を着て欲しい」

・・・などと言われて、なんだかなーと思いつつも言われるままにしてました。

そういう付き合いが3ヶ月ぐらい続いてましたが、私はそれでも満足していました。
しかし彼はそれでは物足りなくなってきたのかもしれません。

ある土曜日に、真夜中過ぎに電話が来て、「今友達と2人で飲んでるんだけど、これからそっちに行ってもいい?」と聞かれました。

彼の友達とか知り合いに会うのは初めてだし、なんだか彼女になったみたいな感じで嬉しくて、「いいよ」と返事しました。

お酒とか簡単なお摘みを用意して、あと彼の好きなピチピチのカットソー(胸のラインがかなり分かってしまうもの)とミニスカ、パンスト、という格好で待ってました。

しばらくすると彼と彼の友人がやってきました。
最初は普通に飲んだりしていたのですが、だんだん酔っ払った彼が、「どう?可愛いでしょ?胸も大きいし」と言って、友人の前で後ろから胸を鷲掴みにしてきたりしました。

彼の友人(テル君)は、それをじーっと見てて、「いいなぁ、いいなぁ、俺もそんな彼女が欲しいなぁ」とかブツブツ言ってました。

グラスとかを下げにキッチンへ私が行くと、彼氏がそのまま追いかけてきて胸を揉んだり、スカートの中に手を入れてきたりしました。
お酒のせいもあって、彼はとても興奮してみるみたいでした。

でも、隣の部屋にはテル君がいるので、「駄目だよ、テル君いるし」と言って部屋に戻ったのですが、お構いなしにお尻を撫でたりしていました。

テル君はお酒を飲みながら、最初こそ「いいなー。いいなー」と言っていたのですがだんだん無口になって、ただ飲んでいました。

しばらくそうやっていたら、彼氏が突然、「風呂入りたい」と言い出しました。

用意は出来ていたのですが、友達がいるのに・・・と思ってちょっと変な気分でした。

多分彼としては、エッチがマンネリになりかけていたのを、友人を利用してまた刺激を得ようとしていたのだと思います。
テル君にとってはいい迷惑というか、勝手な話だったと思います。
先輩後輩みたいな関係のようで、テル君に対してちょっと申し訳ない気持ちになっていました。

彼氏がお風呂に入ると、テル君は、「マサ(彼氏)からしょっちゅう聞いてますよ。いいなーってずっと思ってたんだよね」と話し出し、酔っ払ったせいなのか「ねぇねぇ、俺のチンチンも見てよ」と言って、いきなりズボンを脱ぎ出しました。

私もちょっと酔っていた事もあって、「わー、マサ君より大きいねー」とか言って、つっついたりしてしまいました。

ちょっとこの頃からテル君の目が座ってきたというか、感じが変わってきたのだけど、もうじき帰るだろうしいいか、と思っていました。

そのうち彼氏のマサ君が風呂から出てきました。
風呂に入って余計お酒が回ったのか凄く酔っ払っていて、テル君もいるのにベッドに私を押し倒してきました。

「ちょっと・・・駄目だよ、友達いるのに」
そう言って押し戻そうとしたのですが・・・。

「いいじゃん、テルに見せてやろうよ。いいじゃん」と言って上着を捲り上げて胸を揉み始め、乳首を吸い始めました。

抵抗しようとしたけど、私も酔っていたし、乳首を軽く噛まれると気持ちが良くなってしまいました。

とりあえずこの場をやり過ごせばいいか・・・という気になっていました。
マサ君はテル君に見られているという気持ちがあるのか、とても興奮していて、私もだんだんと興奮してきてしまいました。

テル君は「何勝手にやってんだよ・・・勝手にしろよ」とかブツブツ言いながら、お酒を飲んでいました。

いつもは電気を消すように頼むのですが、今日は明るいまま消してくれません。
しつこく乳首を責められて、物凄く感じてきてしまいました。
マサ君のモノを触ると、凄く固くなってました。

我慢できなくて、「ねぇ、もうダメ。入れて・・・」と小さい声で言いました。

でもマサ君は、「なに?何を入れて欲しいの?テルにも聞こえるみたいに言ってみ?じゃないと入れないよ」と言って、乳首をずっと弄っています。

「もうちょっとダメ・・・」って感じになりました。

もうテル君に見られている事も気にならなくなって、むしろ見られているという事に私も興奮してしまい・・・。

「入れて、お願い。マサ君のチンチン入れて。お願い」と頼みました。

マサ君は凄く大きくなったものをぐいっと入れてきました。
正直、今までで1番凄くて気持ちよかった。
マサ君はずんずんと思いっきり突いてきました。
もう気持ちよくて気持ちよくてどうにかなりそうなくらいでした。

つい大きな声で、「いいよ、いい、凄い気持ちいい・・・もっと、凄いいい・・・」と言ってしまいました。

気持ちよすぎて、よく分からない事も口走ってしまいました。

マサ君は、「うん、いいよ、いいよ。すげえ気持ちいい。イクよ・・・」と言って思いっきり出しました。

腰が砕けそうなくらい気持ちよかった。
しばらく口も聞けずに2人ともグッタリしてました。
テル君はその間、トイレにいたようでした。

戻ってきて、「俺、もう帰るよ」と言いました。

私はそりゃそうだな・・・と思ったのですが、マサ君は「お前、俺達の聞いて1人でやってたんだろ?いいじゃん、やんなよ」と言い始めました。

よく分からないまま、テル君が伸し掛かってきました。
もの凄い勢いで息遣いも荒くて、伸し掛かってきた時から足に固いモノが当たるのが分かりました。

「ちょっと・・・やだ・・・こんなの」と言いましたが、マサ君が、「いいからいいから」と言って腕を抑えるので何もできません。

その時の私は、上着のカットソーだけ着て(首の辺りまで捲り上げられて)、下はスカートだけでした(マサ君は服を全部脱がさずにエッチするのが好きだったので)。

テル君はハアハア言いながら胸を揉んでしゃぶりついてきました。
力が強すぎてちょっと痛かった。

“おっぱい好き”と言っていただけあって、ずっと胸を揉んで、乳首を舌で転がしたりします。

「もうダメ。ちょっと入れるね」

そう言って、パンツを下ろしていきなり入れてこようとしました。
私もさっきのエッチで濡れていたので、そのまま入ってしまいました。

凄い勢いで腰を動かして、「んん、だめ・・・すげえいい・・・ダメだ、イキそう」と言いながら突いてきました。

体をよじって逃げようとしたのですが、マサ君が凄い力で腕を抑えるので動けず、テル君は「ああ、もうダメ。イク!!」と言って、胸を掴みながら一気に射精したみたいでした。

その後は私もどうでもよくなってしまい、ただグッタリしてました。

マサ君は謝ってくれるかと思いましたが、テルと私がやっていたのを見て興奮してきたのか、テルを押しのけるようにして、私に抱きついてきました。

「ごめん、ごめん」と言いながら舌を絡めてきて、ずっとキスしました。

「ごめん、またしたくなっちゃった」と言いながら、今度はバックでしました。

私も、テルに見られていると思うと異様に興奮してしまい・・・。

結局それ以来、マサ君ともテルとも会っていません。

マサ君から電話が来ましたが、“どうせまた3Pしたいんだろう”と思うと、気持ちが冷めました。

ほとんど後半は×××みたいな感じでしたが、実は今でも思い出すと少し体が熱くなります。