俺にはエッチするにあたっての願望があった・・

俺にはエッチするにあたっての願望があった。
だが彼女には言えずにいた。

いつも会う度エッチはするし、毎回毎回気持ちいいのだが・・・。
物足りなさと言うか、もどかしさと言うか、そんなものを感じてしまっていたのだ。

彼女の顔は、美しい・・・とまでは言えないが、肌の色が非常に白く、あそこもアナルもピンク色で素晴らしい。

[adrotate group=”1″]

白人のような感じでいつまでも綺麗なのが最高だ。
見ているだけも十分に興奮できるくらいだ。
それにいつまでも恥らう姿がまた素晴らしい。
そんな身体に俺は俺のものを突き刺し、最終的にはいつもお腹に出すのだけど、一度でいいから口の中で出して、それを飲んで欲しいと、いつも思っていた。
磁器のような白い顔を見ながら絶頂に達し、放出したものを飲んでもらえたら、彼女の願いを何でも聞いてあげても良いとさえ思った。

・・・だが言えないのだ、なぜか。

そんなこんなしている内に1年が経ったのだが、俺の誕生日に会う事になり、彼女が「何か欲しいものある?」と聞いてきたから、「物はいらない。俺が出したものを飲んで欲しい」とストレートに思い切って言ってみた。

怒られるかも?と思ったが、彼女は顔を赤らめつつ「うん」と言ってくれた。

もうそこからホテルまでは夢見心地で、膨らんだ股間を隠して道を歩くのが困難だったくらいだ。
部屋に入るなりどうにもならなくなり、お風呂でやってしまった。
いつもよりかなり興奮しながら彼女のあそこを攻め、水の音に少しエコーがかかった彼女のあえぎ声を聞き、湯気で曇る中で激しいエッチを展開した。

そして遂にクライマックス。
そろそろ出そうという合図を彼女に送ると、少し戸惑いながら顔を俺の下腹部にもって行き、俺のモノを含んでくれた。
舌の感触が物凄く気持ちよく、一気に爆発した。

出た瞬間、彼女は「んんっ」と言うような声を発し、顔を少しひそめたが、俺が出すものは全て飲む覚悟だったようで、一生懸命、舌と口を使ってくれていた。
とろけるような快感の中、膝がガクンとなりそうになったが、白い顔をピンクに染めたの彼女の顔を見つめる事に集中した。
全てを出し終わり、彼女の口から俺のものを抜くと、“ゴクン”と言う音を立てて飲み干してくれ、笑顔を見せた。

とにかく、この夜から俺は彼女が更に可愛くてたまらなくなり、大切にしようという思いを強く抱いたのだ。
俺の出したものは既に消化され、地となり肉となって彼女の肉体を僅かでも作っていると思うと、何かこう感動すらしてしまう俺である。

あれ以来、たまに飲んでと頼むと3回に1回くらいはOKしてくれる。
残りの2回は口の中で出してもOKだが、飲む事はできないと言われる。

おしまい



PAGE TOP