先生は俺の返事を待たずしてしごきだした!

俺が注2の時の話。
水泳部だった俺は夏休みになると学校のプールへ練習に行った。
水泳部といっても俺の学校の水泳部ははっきりってお遊びみたいな感じで、顧問の先生も元水泳部とかそんなんじゃなく、運動ができない普通のオッサンが名義だけ顧問ってだけでぜんぜん力が入っていなかった。
部員も俺が入ったときは先輩が何人かいたけど辞めたり卒業したりで、実質的に活動しているのは男子は俺一人、あとは女子で部長のりな先輩(3年)とみどり(2年)がひとりずつって感じだ。

ちょうどそのとき俺の学校には教育実習に来ている女の先生がいた。

実はこの先生、以前はこの学校の水泳部でかなり活躍したらしかった。
で、夏休みはその先生の申し出もあって実習の先生が顧問として見てくれた。

その先生はたしか生物関係のことを専攻している人で、わりと可愛かった、というか奇麗な人だったのを記憶している。

昔水泳をやっていたせいか細身でかなりスタイルが良かった。
だから男子にはけっこう人気があったし、もちろん俺もファンの一人だった。

そんないつもと変わらない部活練習日のこと。
練習時間ももうすぐ終わるくらいの時に先生にプールサイドに集合をかけられた。

先生「みんなには正式に言ってなかったけど実は私、この学校の卒業生なの。で、君たちと同じ水泳部だったのよ」

ちょうどこの先生が現役のころはうちの水泳部は人数ももっといてかなり強かったらしく、練習も半端ないものだったというのを噂で聞いたことがある。
俺の時はぜんぜん弱くて信じられなかったけど。

先生「君たち水泳部なのに練習はほとんどまともにしてないみたいね。さっき部長のりなさんから聞いたわ」

先生「とにかく君たちの実力を知りたいからこれから泳いでもらいます。そして、私の現役時代の部員平均タイムより5秒以内のタイム差を目指してもらいます。
それが達成できなかった者は罰ゲームとして裸になってもらいます。10秒を超えたら女子はおしりぺんぺん、男子は搾取します」

「これは私たちのころ実際にやっていたルールです。だから男女とも部員全員の裸なんて全員一度は見てると思うわよ。でもこの罰ゲーム、君たちくらいの年齢がちょうどいいのね。みんな死ぬ気でタイムに食らいつくから」

と言われた。正直俺はなんとも言えないドキドキ感があった。
(というわけで必死に泳ぎました。その話は趣旨と外れるので飛ばしますが、結果的には全員10秒を余裕超えでした。–)

俺たちは横一列に並ばされ、先生の前に立たされた。

先生「じゃあ全員罰ゲームということね。情けないわね~。じゃあとりあえず全員その水着、脱いでくれる?さっさと終わらせたいから早くしてね」

ええ??ええええ!!!????

このとき俺はまだ自分のモノを人様に見せたことなんて一度もなかったしこんな外で素っ裸になるなんてかなりの抵抗があった。
それはもちろんほかの連中も同じだったようで誰もなかなか脱ごうとしなかった。

俺「マ、マジっすか!?」

先生「マジです。グズグズしてないで早く脱ぐ脱ぐ!」

だんだんと怖くなる先生。昔実力があってかなり怖い人がいたという噂を聞いたことがったけどまさかこの人じゃないだろうか、なんて思いながらも俺を含めみんなモジモジしているだけだ。

先生「あ~~もう!君たちはホント恥ずかしがり屋なのね。もういいわ。じゃあ部長のりなさん。前へ出なさい」

りな「は、はい!」

そう言われ、りなは先生の目の前まで進んだ。
先生はりなの体を吟味し、体つきなどを手で触りながら確かめた。

その様子を俺ともう一人の女子は後ろから眺めていた。
こうしてあらためてりなの後ろ姿を見ると意外とくびれがはっきりしていてとてもいい曲線を描いていた。

たしかに普段変な眼でみていたけどこうしてまじまじみたのは初めてだったのでちょっと変な意味で感動した。

先生「じゃありなさん。みんなの方を向きなさい」
りな「え? は、はい・・・」

こっちを向いたりなはとても不安げな顔をしてこちらを見ていた。
まるでこれから何が起こるか予期しているかのようだった。

先生はりなの体の確認が終わると水着の肩ひもに両手をかけた。
りなは一瞬「え?」といった感じの表情をしたが時すでに遅し。
先生は両手にかけた肩ひもをいっきにへその辺りまでずりおろしたのだ。

おっぱいがぷるる~んと俺の目に飛び込んできた。
おれが初めてみたおっぱいだった。
とても奇麗な形をしていて、つんと上向きのかわいいおっぱいだった。

すこし体が濡れていたのでよけいにエロく見えた。
今まで水着ごしに大きさを見てただけだったからか、生のおっぱいが想像よりも少し大きく見えた。

当時の俺には予想外に大きく感じ、15歳のおっぱいってホント可愛いなぁと思った。
なにしろ最高に俺好みのおっぱいだったのだ。
 
りな「きゃ~~~っっ!!!」

とっさに両手で隠すりな。

先生「こら!部長なのに何を恥ずかしがっているの!!あんたがそんなだから後輩がダメなんじゃない」

そうりなをしかると、先生は力ずくで両手を気をつけの姿勢にさせた。若干胸を張る感じになり、おっぱいがより強調されて見て、しかもとてもエロい体に見えた。

とても恥ずかしそうなりなをみて、不謹慎ながらも俺はかなり興奮した。

先生「りなさん。まだ脱ぐのは途中でしょ?」
りな「え・・?ほんとに・・・・??ですか??」

そう言い終わるかどうかと同時に足首まで一気に脱がされた。
とっさにしゃがみこむりな。もちろん先生に怒られ、再び立ち上がる。

俺の目の前に全裸で立つりな。水着ごしでとてもスタイルが良かった体がいま全裸で見て、改めていい体をしているのを実感した。

色白できれいな形のおっぱい。
始めてみる同年代の女子のあそこ。
そしてスラっと伸びた足。

りなには悪いが思いっきり直視させてもらったし長らくおかずにさせてもらった。

先生「じゃありなさん。10秒以上超過したからおしりぺんぺんの罰だからいいわね?」
りな「は、はい」

すでに泣きそうな顔をしているりなにそういうと、

パチン!

りな「きゃっ!」
わりと強めにりなのおしりを叩いた。

りなにとっても予想以上に強めだったせいか一歩前に体が動いた。
と同時に、りなのかわいいおっぱいがぷるるんっと2、3回弾んだ。

当時おっぱい星人だった(今もだけど)俺はかなり興奮した。

先生「しっかり立ってなさい。あと2回だからね」
りな「・・はい」

パチン!
りな「うっ!」

今度は体は動かなかったが、これもやっぱりおっぱいがかわいく弾んだ。
正直俺はもうフルマックスの状態になってしまっていた。

先生「これで最後よ」
パチン!
今までよりひときわ音がおおきく感じた。と同時にかわいくぷるるん!と揺れるおっぱい。

りな「きゃっ!痛・・・」
そういうとりなは反射的に両手でおしりを触った。
つまり体が若干のけぞり気味になり、おっぱいを前にちょっと突き出すような感じになり、さらにスタイルがいい体を見せてくれた。

先生「じゃあ次はみどりさんね。りなさんの隣に並びなさい」

そういうとみどりはりな先輩の隣に並び、俺の方を向いた。
女子と男子の俺が向かい合っている格好だ。

不安そうな顔をして立つみどり。
みどりは若干りな先輩よりは肉付きがよく、水着ごしに見る体はけっこうエロい。
俺的にはひそかにかなり好みだった。

期待半分ドキドキ半分の俺とは裏腹にみどりはかなり緊張した顔をしていた。

先生がりな先輩の時と同様みどりの後ろに立つ。
そしておもむろに水着の肩ひもに手をかけた。
同時にギュッと目をつぶるみどり。その後、いっきに水着がおろさた!

これまたぷるる~~んという音が聞こえてきそうなくらいやわらかそうでとてもきれいなかわいいおっぱいが俺の目に飛び込んできた。

しかし先生はまだおろすのをやめない。

おしりの辺で水着がひっかかり、先生が水着を下げようとグッグッと力を入れる度にゆれるおっぱいを見て、正直当時の俺はたぶんちょっと刺激されたらイッてしまうんじゃないかってくらいの状態になった。

みどりは両手で顔を隠し、恥ずかしそうにうつむくままだ。
先生はそのままゆっくりと水着をさげ、りな先輩と同じく、完全に水着を脱がせた。

みどりの体は色白でとても奇麗だった。
あそこはホントに若干生えてる程度でなんかそれが無性にエロく感じた。

おっぱいはそこそこあって乳首はツンと上向きだしめちゃめちゃ柔かそう。
俺とタメの子の全裸・・・・・これほど興奮する性の対象ってはっきり言って当時の俺にはなかった。

そしてさっきと同様にみどりもおしりペンペンの刑を受けた。

先生「じゃあ次は、カツノリ君いこっか」

ついにこの瞬間が来てしまった。
それも最悪のタイミングで。言うまでもなくフルマックス状態だったのだ!

まあ海パンの上から見て明らかにみてわかる状態だったけど、それでもかなり抵抗があった。
というか本気で嫌だった。
せめてノーマルになってからならよかったんだが。

先生「カツノリ君はさっきも言ったけど「搾取」だから射精してもらうからね。これは私たちの現役時代ホントにやってた一番重い罰ゲームだったのよ」

俺「えーーーーーっっ!!??」

先生「じゃ、カツノリ君。前に出なさい」

さっきのりなと同じだ。俺は先生の前に立った。
りなのを見ているので俺も同じ目に合うのだろうと悟った。

先生はりなのときと同じように俺の体をチェックした。

先生「はっきりいって水泳体型ではないわね。じゃあカツノリ君。みんなのほうを向きなさい」

俺はしぶしぶ女子のいる方へ向いた。
もちろんフル勃起状態で、だ。
まだ生で見せてないにしても海パンの上からでも明らかに普通じゃないのが見て取れたと思う。

なんせ女子どもの視線は完全に俺のブツに集中していて顔が若干こわばってみえた。
俺もたぶんこわばっていたと思う。
そんな場の空気からか緊張から少しずつ勃起もおさまった。

先生「じゃあカツノリ君、脱がすわよ」

そう言われると俺は何だか脱がされるのが恥ずかしく感じ、どうせ脱がされるのなら自分で脱ごうと思い、
俺「いや、俺は自分で・・・・」
と、いうか言い終わるかくらいのタイミングで、足首の所まで一気に海パンを脱がされた!

ズルルルッッ!!

マジかよ!!?

脱がされるのはわかっていた、というかもう免れられないことだったんだけど本当に俺がこんな所で、しかも女子のいる前で脱がされてしまうことがなんだか現実のように感じなかった。

もちろん女子の視線は完全に俺のブツに集中。
俺は手で隠していいのかどうか迷い、隠してもまた手をどけるハメになるしそれなら隠さない方がいいのか、などと一瞬でいろいろ考えながら結局隠せずにいた。

すると若干おさまっていた勃起がゆっくりと俺の意志とは完全に無関係に勃起していった。
ヤバいヤバいと思いながらもどうすることもできなかった。

先生「カツノリ君、隠さないなんて男らしいわね~」

マジマジと俺の体をみる先生。
さすが現役時代に慣れているのか俺の勃起なんて見てもぜんぜん動じなかった。

ただ女子どもは最初は動揺していたようだがちょっとずつ慣れてきたようで余裕を持ってマジマジと見ていた。

先生「この状況じゃ無理もないか~。じゃ、はじめようかしら」

そういうと先生は何の迷いもなく、普通におれのブツを握った。
変な話、もう触り慣れている感じがした。

俺「い、いや、ちょっとちょっと先生!」
先生「男のくせに何恥ずかしがってるの?ほらほら、手はうしろ」

完全に圧倒される俺。しかし100%の勃起は収まる気配を見せないどころか110%くらいまでいってしまってるんではないかと思うくらい先生の手の中で硬くなっていた。

先生は俺の返事を待たずしてしごきだした!

俺「あうぅぅっ!」

先生の握る圧力が適度によく、かなりヤバかった。先生は俺のをしごきながらりな先輩とかに
先生「みんな射精なんて見たことないでしょ。もっと近くに来てごらんなさい」

しごきながらそんなことを言い、なんか俺はかなりもてあそばれているような感じがした。

りな先輩たちがこっちに寄ってこなかったために先生はおもむろに俺の玉袋をつかみ、1、2回コリコリっとやってからひっぱり、俺をりなたちに近寄らせた。

完全に俺は征服されている感があった。

先生「そろそろ終わらせよっか」
そう言いながらにっこり俺に笑いかける先生。
手の動きが急にすばやくなり、俺もかなりヤバくなった。

先生「あんなタイム出すカツノリ君が悪いのよ」
そう言い終わるかどうかのタイミングで急に動かし方が変わりものすごい射精感に襲われ、俺は思いっきり飛ばして果ててしまった。

果てたあとも呼吸が射精時の脈と同期するような感じになり、あのときの快感を超える射精はいまのところ、ない。