やだっ!・・・お願い!・・中は止めてっ!

実際に行動に移す機会は無かったので寝取られ系のSNSに入って同じ趣味の人達と情報交換などをしていました。

彼女には内緒で、横顔や身体の画像などを他の人に見せて彼女についてコメントをもらったりして興奮して楽しんでいました。

そんなある日、男性から1通のメッセージが届きました。

「こんばんは。初めまして、私の名前は速水といいます。彼女さん凄くかわいいですね。彼女さんが他の男性とセックスしているビデオ見てみたくありませんか?実は私はインディーズビデオのア○ト○ードというレーベルの人間です。興味あれば是非一度連絡下さい」

そのメッセージを読んだとき、かなり怪しんだ気持ちもありましたが、かなりドキドキしてどうしても話しだけでも聞いてみたくなりました。

自分は意を決して、次の日連絡先に書いていた携帯に電話してみました。
すると明るい声で速水と名乗る男が電話に出ました。

「あの、昨日SNSサイトでメッセージもらった者ですけ ど」
「あー!広人さんですね?連絡来ないかなーって待ってたんですよ。連絡ホントありがとうございます」
「いえいえ、それよりビデオの人って本当ですか?」
「はい、もちろん本当ですよ」

そういうと速水さんは会社の番号を自分に教え、更に他の同僚の名前も言い確認して下さいと言ってきました。
その時点でこれは本物っぽいぞと思い、話しを聞くだけ聞いてみようと思っていました。
「彼女さん、里佳さんでしたっけ?かなりかわいいですよね。実は今寝取られモノを企画しているんですよ。彼女さんにビデオ出演依頼をして彼女さんが彼氏さんに内緒でビデオに出てしまうかどうかという内容なんです」
「へえ」
「最近寝取られモノって人気あるんですよね、でもほとんどがやらせばっかりなのでリアルな企画をやろうということになって、あのサイトで失礼ながらかわいい彼女さん、奥さんをお持ちの方に声掛けていたんですよ」

その日おおまかなことを電話で聞き、それからしばらくの間考えてどうしても里佳がどうするのか見てみたいのを抑えきれず後日OKをして企画に参加することにしました。

速水さんと実際に会い、いろんな細かい取り決めやルール、私や里佳の同意のないことは決して行わないことなど、書面にしてもらっていよいよ計画実行となりました。

ちなみに里佳は23歳、細身の身体で顔はホントに結構か わいいです。
小さなカフェで働いていたので、一番最初そこで声を掛けるとのことでし た。

里佳をどうやって口説いていくのかと思っていましたが、 最初は女性の方を使って徐々に口説いていくという事でし た。

その女性は涼子さんといい30代でキャリアウーマンっぽ い感じでした。
涼子さんが仕事中の里佳に雑誌の取材と声を掛けて今度写真撮らせて欲しいからと連絡先を交換するとのことでした。

いよいよ計画スタート当日、里佳の働くカフェ近くに車で速水さんと行き、車の中から涼子さんを見送りました。
涼子さんとカメラマン(隠し撮り)が店内に入って行くのを見てかなりドキドキしました。

速水さんと車内で里佳の性格や男性経験などの話をしながら待っていると、40〜50分して2人が戻ってきて、涼子さんがテンション高めで言いました。

「里佳ちゃんすっごいかわいいわね!結構渋ってたけど、番号とメルアドゲットしたわよ」

本当に計画が進んでいくのが分かって、ますますドキドキしていきました。

その日の夜、里佳から電話が来ました。

「広ちゃん?今日私ね、雑誌に載せたいからって声掛けられちゃった」
「えー!凄くない?何の雑誌なの?」
「何かいろんなショップの店員を紹介する雑誌なんだって」
「マジで?良かったね、それでいつ撮られるの?」
「まだ分からないの、後で連絡するからって、連絡先は交換したの」

少し心は痛みましたが、今後の展開がどうなるのか本当に楽しみでした。

自分と里佳は週に2日は会っていたのですが、里佳の寝顔や普段の何気ないことで楽しそうに笑っている顔を見ていると、どんな口説かれ方をしようとビデオに出るなんてことは全く想像が出来ませんでした。

それから数日、涼子さんは里佳と何度も電話やメールをし てかなり仲良くなっていきました。
少しでもスムーズに口説く為に、里佳に涼子さんを信用させて雑誌撮影と偽った当日に涼子さんが速水さんを紹介して話を進めるとのことでした。

偽りの雑誌撮影当日、いよいよ里佳とアダルトビデオの人間として速水さんを紹介する日が来ました。
自分は里佳がどう反応するかすごく緊張していました。

里佳の休みが平日でしたので偽撮影は木曜日、自分は仕事で現場に行けませんでしたが、速水さんから偽撮影、対面が終わったあとすぐに連絡が来ました。

「もしもーし、広人くん?無事対面終わりましたよ」
「マジですか?どうなったんですか?」
「里佳ちゃんびっくりしてましたよ。え?みたいな顔で、 何で私?って感じでしたよ」
「どういう風に言ったんですか?」
「涼子が自分を紹介する前に、面白そうだからとか以外と楽しいかもしれないよとか言って紹介したので、思ってたよりは話し聞いてくれた感じでたよ。ビデオ出演とは言わないで現場見学に来ない?という感じで誘いました。OKはもらえませんでしたけど、携帯とメールアドレスは教えてもらいましたよ」
「ホント徐々に進んでる感じがしますね」

その日今後のおおまかな計画の説明を受けました。

撮影現場に里佳を誘い出して、男優と女優が絡んでいるところを見せて里佳の様子を 見ながらそのまま絡んでいるところに参加させるということでした。
この時初めて聞いたのですが、里佳の前で絡む女優は涼子さんとのことでした。
顔見知りの女性が誘うことによって成功率があがると言われました。

その日の夜、速水さんとの出会いを自分に言ってくるかど うかを確かめようと里佳に電話しました。

「里佳撮影どうだった?無事終わった?」
「うん、終わったよー、けどね雑誌の発売遅れるかもしれないんだって」
「そうなんだ、でもいい記念だから良かったね」
「うん、それに撮影ちょっと楽しかったよ」

嬉しそうに里佳は話していました。
しかし、15分くらい話していましたが里佳の口から速水さんの話しは出てきませんでした。
ちょっとした隠し事でしたが、隠した事実が今後の期待と興奮を一層高めていました。

その日から速水さんと里佳はメールのやりとりをするようになっていました。
2人のやりとりは全て教えてもらっていたので内容は把握していました。
メールのやりとりを始めて何日が経ったある日、速水さんから連絡がありました。

「里佳ちゃんに見学しに来てくれたら1万円払うよって言ったら、じゃあちょっとだけ行ってみようかなって言ってきましたよ。遂にのってきましたね、いつ誘いましょう か?」

それを聞いただけで興奮していました。
お金で動く自分の知らない里佳の一部が見えた気がしました。

「じゃあ里佳があさって休みなので、あさって誘ってもらえますか?」
「分かりました。すぐ里佳ちゃんにメールしますので少し待っていてもらえますか?」

10分後速水さんから着信がありました。

「里佳ちゃんからOKの返事もらいました。いよいよです ね、本当に上手くいくといいですね。自分も早く里佳ちゃ んの喘ぐ顔見てみたいです、きっといい声で鳴くんでしょうね」

速水さんの言葉にかなり興奮していました。

撮影前日の夜、自分は里佳の部屋で一緒にいました。
普段と全く変わったところは無く、料理や洗い物している姿を見ているとやはりビデオに出演するなんていうことはありえないと思っていました。

ふと思いついて、明日一緒に過ごそうと誘うと何と答えるか試しに聞いてみました。

「里佳明日も一緒に居れる?」
「ごめん、広ちゃん私明日用事あるの」
「そうなんだ?明日何あるの?」
「お母さんと買い物行くって約束してるの」

里佳はケロッとした顔でそう言いました。
どういう理由で隠したかは分かりませんが、そのことで何かが起きる期待がまた高まっていました。

そして、いよいよ計画実行の日がやってきました。
場所は、見た目普通の一軒家でしたが中に入ると余分な物はあまりなくスタジオっぽい感じでした。

里佳が到着する1時間前に行って、里佳が見学する部屋の隣の部屋で待機しました。
もちろんそこから里佳の様子も撮影に使うベットも見えていました。
内心かなり緊張していましたが、期待と興奮も同じぐらいしていました。

「遂にきたねー、どう?気分は?」

速水さんがいつもの明るい感じで部屋に入ってきました。

「いやー、マジで緊張しますね。でもどうなるかホント楽しみです」

そんな会話の後、男優さんを紹介されました。
少しだけ色黒で、さすがに筋肉質のいい身体をしていました。
涼子さんとも挨拶して、いよいよ里佳の到着を待つだけとなっていました。

そして10分後・・・・・

「来た来た、里佳ちゃんきたみたいだから出迎えてくるね。じゃあ広人くんはここでこれから起きることじっくり 見ててね」

そういうと速水さんは玄関の方に向かいました。
数秒後、速水さんと里佳が談笑しながらベットのある部屋に入ってきました。

固定カメラが3台、ベットを取り囲むように設置されてい ました。
部屋は男優と涼子さん、里佳の3人だけにして速水さんは途中から退出して自分と一緒に見ているとのことでした。

「こういう風になってるんですね」
「そうそう、じゃあここに座って待っててね」

里佳は部屋を見渡しながら座っていました。白の七部袖のワンピース、黒の膝上くらいまでハイソックスを穿いてい ました。

それから1分もしないで、男優と涼子さんが入って来ました。
里佳は2人が下着姿だったせいか照れている感じでした。
じっくりと見ることはしていなくて、女優が涼子さんということも気付いていない感じでした。

「里佳ちゃん他人のエッチなんて見ることないでしょ?」

速水さんが里佳の隣に座って話しかけました。

「ないですないです」
「じゃあじっくり見てあげてね。2人とも里佳ちゃんに見 られてたら興奮しちゃうってよ」

男優は早速ディープキスをして、慣れた感じで涼子さんの 下着を脱がせていきました。
男優が愛撫を続けていくと次 第に涼子さんの声が漏れてきました。

「いやらしいでしょ、どう?里佳ちゃん」
「何か私が恥ずかしいです。でも何か見入っちゃう感 じ・・・」
「いいね、もっとじっくり見ててごらん」

里佳は食い入るように見つめていました。
恥ずかしいと言いながらも、初めて見る他人の行為に興味津々といった感じでした。

男優が涼子さんの身体を舐め回すと、涼子さんの喘ぎ声は段々大きくなり部屋中に響いていました。

里佳は時より隣にいる速水さんの顔を見て照れ笑いのような表情浮かべたりしていましたが、速水さんはいやらしいねぇ、こっちも興奮しちゃうね、などと里佳の欲望をあおっていきました。

「里佳ちゃんもっと近くで見よっか?ベットに座ってごら ん」

速水さんは里佳の手を引いて、ベットに座らせました。
里佳が座ると男優はベットに仁王立ちになり涼子さんにフェラチオをさせる体勢になりました。

「里佳ちゃん、ちゃんと見ててね」

涼子さんが言いました。

「やっぱり涼子さんです・・・よね?」
「そうよ、びっくりさせてごめんね」

里佳は女優が涼子さんということに何となく気付いていた ようでした。
そして涼子さんが男優のチンポを手でしごき始めながら言いました。

「里佳ちゃん見て、すっごい大きいでしょ?」
「はい、すごく・・・」
「もっと近くに来て」

里佳の目の前で黒光りのチンポが反り返っていました。
自分は隣の部屋で物凄く興奮していました。
自分の彼女が他の男のチンポを目の当たりにしているという事実がたまりませんでした。
そんなことを思っていると速水さんが自分のいる部屋に戻ってきました。

「里佳ちゃん満更でもなさそうだね。男優のチンポ興味あ りそうだし」

涼子さんが手でしごいている様子を少し赤らんだ顔で里佳 は見ていました。

「里佳ちゃん、ちょっと触ってみる?」
「え?私?」
「うん、そう」

涼子さんが里佳の手を掴み男優のチンポまで持っていきま した。
すると里佳は恐る恐る男優のチンポを握りました。

「どう?こんなに固くなってるのよ」
「はい・・・何かすごい」
「うふふ、じゃあそのままおちんちんしごいてあげてみて くれる?」

里佳は無言のままゆっくり男優のチンポをしごき始めまし た。

「あー里佳ちゃん気持ちいいよ」

男優が言いました。
里佳は自分にしている時と同じような手つきでしごいて、表情に段々力が無くなっていっていました。
涼子さんは男優の後ろにまわってタマを弄ったり、アナルを舐めたりして、里佳をどんどん誘い込むようにしていました。
そして涼子さんが言いました。

「里佳ちゃん、おちんちん咥えてみよっか?」

自分はたまらなく興奮していました。あの里佳がほとんど抵抗する様子もなく男優のチンポをしごいて咥えようとし ていました。
里佳はどんな気持ちでしていたんでしょうか・・・
速水さんが自分の隣で言いました。

「たまんないなぁ、ほら広人くん、里佳ちゃんチンポ咥えちゃうよ」

里佳はゆっくり口を開いて男優のチンポを咥え込みました。
そして目はつぶったままゆっくり前後に動き出しまし た。

「あー里佳ちゃん気持ちいいよ」

男優が気持ち良さそうな声で言いました。
里佳の口が他人のチンポを咥え込んでる姿がたまらなくいやらしくて興奮しました。

「うわ、パックリ咥えてんなぁ、里佳ちゃんかわいい顔し て結構旨そうに咥えてんじゃん」

速水さんがそう言うと、ベットでは涼子さんが里佳の後ろにまわりワンピースの上から胸を揉み始めていました。 (ちなみにCカップです)
里佳は少し驚いていましたが、抵抗するまではせずフェラチオを続けていました。
涼子さんは里佳が抵抗しないのを確認すると、ワンピースの中に手を入れてショーツの上からアソコを指でなぞり出しました。

「んっ・・・」
「里佳ちゃん、おまんこどうしたの?すっごい濡れてる」

里佳のアソコは既に濡れているようでした。
涼子さんが何度もアソコをなぞっていると、里佳から少しずつ声が漏れはじめ、フェラチオしている口が時より止まるようになっていきました。
涼子さんが続けて言いました。

「里佳ちゃん、ショーツ脱いじゃおっか。こんなに濡らし てたら汚れちゃう」

そう言うと涼子さんは里佳のショーツをあっさり抜き取り ました。
里佳は少しうつろな表情で涼子さんに脱がされるのを素直に受け入れていました。
自分の隣で速水さんが言いました。

「こりゃもうやれるなぁ、ここまで来たら里佳ちゃん股開くでしょ」

自分のチンポはビンビンに勃起していました。
頭に血が昇っているようなクラクラする感じになって興奮していま した。

ベットでは里佳が仰向けに寝かされ、男優と涼子さんが里佳の首筋や耳を舐めながらワンピースを捲くりあげていき ました。
ブラジャーもあっという間に外してワンピースを首から抜き取り里佳はハイソックスだけの格好にされまし た。

「里佳ちゃんいい身体してんなー、乳首もまだピンクだ し、こりゃいい女だわ」

速水さんがいやらしい表情で言いました。
そして男優が里佳のピンと立った乳首を舌で転がし出しました。

「あっ・・・ん・・」

里佳の身体がピクンと反応し、控えめな声が聞こえてきました。
男優がそのまま乳首を吸ったり舐めたりすると里佳の身体はピクンピクンと動いて、段々声もたくさん漏れてくるようになってきました。
男優はすぐに里佳のアソコに手を伸ばしてヌルヌルになっているマンコを弄り始めまし た。

「あん・・・や・・」

里佳は恥ずかしがりながらも、どんどん快楽に溺れていっている感じでした。
男優が乳首を舐めながらマンコを弄り、里佳がされるがままの状態の時に涼子さんが言いました。

「里佳ちゃん、このままビデオ出ちゃおっか。顔隠してあげるから、このままカメラの前でおちんちん入れてもらお うね」

自分は爆発寸前な感じでその様子を見ていました。

すると里佳は少しだけ肩で息をしながら、うん・・・と小 さく頷きました。
あの里佳がアダルトビデオに出演するのを了承した瞬間でした。
それを確認して涼子さんはベットから下り部屋を出て、部屋は里佳と男優の2人きりになりました。

「里佳ちゃん舌出して」

男優がそういうと里佳は少しだけ舌を出しました。
男優は里佳の舌を吸い始め、濃厚なディープキスをしました。
控えめながら里佳も舌を絡ませて男優の舌の動きに答えていました。

「うは、たまらんなぁ、里佳ちゃんベロベロされてるよ」

速水さんの言うとおり、男優は里佳の舌を旨そうに吸っていました。
そのまま乳首を吸ったり舐めたりすると、里佳の気持ちよさそうな声がどんどん大きくなってきました。

「やっ・・・あん・・・」

男優はすぐに里佳のアソコに手を伸ばして弄りながら言いました。

「里佳ちゃんこんなにマンコグチョグチョにして、いつもこんなになるの?」
「・・はぁ・・はぁ・・・そんなの・・分からない・・です」
「いやらしいマンコだなぁ、もっと気持ち良くしてあげるから脚開いてごらん」

里佳が少しだけ脚を開くと、男優が更に里佳の両脚を広げ ました。
だらしなく脚を広げられアソコが丸見えの状態でしたが、里佳は脚を閉じようとしませんでした。
男優は指を入れ里佳のアソコを掻き回すと、クチュクチュクチュといやらしい音が響きました。

「里佳ちゃんすごいねぇ、何このマンコ?グチャグチャ いってるよ」
「やぁ・・・あん・・・ああん」

自分の見ている場所からでも分かるくらいシーツまで濡れ ていました。
男優はまた仁王立ちになって、里佳の目の前にチンポを近づけました。

「里佳ちゃんもう一回しゃぶってよ」

里佳は頷いて、素直に咥え込みました。その様子を見なが ら速水さんが自分に聞いてきました。

「どう広人くん?自分の彼女が他の男のチンポ咥えてる姿 は?」
「ホントに興奮しますよー。でも何かこうやって見てると自分の彼女じゃないみたいですね」
「ハハ、そりゃそうだよね。でも正真正銘、広人くんの彼女がチンポ咥えてるんだよ」

男優は里佳の頭を掴んで、前後に動かしていました。

「あーいいよ里佳ちゃん、結構上手だねぇ」
「・・・チュク・・・チュパ・・・」
「舌先でペロペロって、あーそうそう、すげー気持ちいい」

里佳の口が男優のチンポの道具にされていました。
いつもは自分が吸っている里佳の舌が今は男優のチンポを舐めて いました。
しばらくフェラチオをさせた後、男優が言いました。

「じゃあそろそろ里佳ちゃんのマンコ入れせてもらおうかな、そこに寝て」

里佳は何も言わず、ベットに仰向けになりました。
そして速水さんが興奮ぎみに言いました。

「うわー、遂に里佳ちゃんやられちゃうよ。たまんないねー、広人くんの希望通り男優には生でやるように言ってあるからね」

自分は最初に決まりごとを決める際に、里佳が了承すれば生でやることや中出しもお願いしていました。
その方が裏切られた感が強くてより一層興奮するからです。

男優は里佳を正常位の格好にして、アソコを弄りながら言いました。

「こんなにマンコグチャグチャにして、里佳ちゃんそんな にチンポ欲しいんだ?」
「や・・・恥ずかしいよ・・・」
「ホントスケベなマンコだなぁ、里佳ちゃん生でやらせてよ、いいよね?」
「え・・・ほんとに・・・?」
「もちろんホントだよ、里佳ちゃんのマンコじっくり味あわせてよ」

男優はそういうと生のチンポを里佳のアソコに擦りだしま した。

「はぁ・・・はぁん・・・ああ・・・」

里佳のたまらないと言ったような声が聞こえてきました。

「里佳ちゃんいいよね?このまま入れちゃうよ」

里佳はうんと頷きました。
それを見て男優が大きなチンポをゆっくり里佳のアソコに埋めていきました。

「あああんっ・・・」

里佳の少し大きめな声が部屋中に響きました。
よほど待ち望んでいたのでしょうか、恥ずかしがっている感じはあるものの、男優の顔を見ながらもっともっととせがんでいるようにも見えました。
そして男優はゆっくりとストロークを始めました。

「ああん・・ダメだよぉ・・・」
「こりゃ気持ちいいわ、吸い付いてくる」

男優は里佳の足首を掴み大きく脚を開かせ、大きなスト ロークで突きました。
大事な大事な里佳がおもちゃのように使われるのを見て本当にたまりませんでした。

「里佳ちゃん上になってよ」

男優は里佳を騎乗位の体勢にすると、里佳はゆっくりと腰を沈め前後に動き始めました。

「・・・やだ・・・どうしよ・・・」
「結構いやらしい腰使いすんなー、騎乗位好きだろ?」
「・・ああ・・や・・そんなことないよ・・・」
「ほら、もっと遠慮しないで気持ちよくなるように動いてみな」

里佳は段々大きく前後に腰を振り出しました。
チンポを根元までずっぽりと咥え込んだまま、擦りつけるように腰を動かしてどんどん喘ぎ出しました。

「ああ・・・どうしよ・・・気持ちいいよ・・」
「あ〜気持ちいいわ、動くたびマンコグッチャグッチャいってるよ」

里佳は自分が見たことのないいやらしい腰使いをしていました。
自分の彼女が見知らぬ男の上に跨って快楽に溺れている姿が本当にたまりませんでした。

「はぁ・・・はぁ・・・私いっちゃいそう・・・どうし よ・・・」
「我慢しないでいっちゃいな、カメラの前でいってごら ん」
「ああっ・・・やんっ・・・イクっ!・・イ クっ!・・・」

里佳はビクンビクンと身体を痙攣させてイキました。
肩でハァハァと息をして恥ずかしそうに顔を隠していました。
夢中で見ていた自分の隣で速水さんが言いました。

「里佳ちゃんたまらんねぇ、初めて会った男に跨っていっちゃうんだもんなぁ、里佳ちゃんかなりの好きもんなんじゃないの?」

男優は里佳に四つん這いになるように言いました。
里佳は恥ずかしそうに四つん這いになると男優が言いました。

「ほら、チンポ欲しかったらもっとケツ突き出してごらんよ」

里佳は顔をベットに埋めて、お尻だけを高く突き上げました。
早く頂戴と言わんとばかりの格好に男優も満足したのか、里佳の真っ白な尻を掴んでチンポをねじ込みました。

「ああんっ・・・すごいよ・・・」

男優はゆっくりなストロークからどんどんスピードを上げ て打ち付けていました。
パンパンという音が部屋中に響いて、それに合わせるように里佳は喘いでいました。
騎乗位同様、見知らぬ男にケツを突き出してチンポを受け入れている姿に物凄く興奮しました。

「どう?広人くん、里佳ちゃんあんな簡単に男にケツ向けてるよ」
「ホントたまんないです・・・」
「ケツ穴丸見えであんあん喘いでんなぁ、あーあ女ってこんなもんだよな」

男優は更に激しく打ち付けました。
里佳はあんなに激しく突かれたことは無かったと思います。
半分悲鳴のような声 が部屋中に響きました。

「・・やっ!・・・あっ!・・だめっ・・・だ めっ!・・・おかしくなっちゃうよ!」

里佳のあんな必死な声は聞いたことがありませんでした。
男優はバックから里佳のマンコを堪能すると、すぐに仰向 けにさせ正常位でまた挿入しました。

「もうだめ・・・おかしくなっちゃうよ・・・」

切なそうな顔で里佳言いましたが、男優は全く聞く耳持たずといった感じでピストンを始めました。
正常位で突かれている里佳を真横から見ていると速水さんが言いました。

「里佳ちゃんもうだめ・・・だって、かわいいこと言ってんなぁ、里佳ちゃん男優にただの肉便器だと思ってやられてることに気付いてんのかな?広人くんにとって大事な女でも、男優にとってはその辺にいる女と何の変わりもないからねぇ。遊んでる緩いマンコよりはマシと思ってるかもしれないけどね」

男優は里佳の顔を見ながら乱暴に突いていました。
バカな女とでも思って見ていたのでしょうか・・・男優は里佳の身体をくの字に折り曲げ、奥深くまで突きながら、里佳の舌をベロベロと舐めていました。
男優に里佳の頭を掴まれ、好きなように口を舐められ、チンポを思う存分ズボズボとされ、その屈辱感が本当にたまりませんでした。

「あ〜そろそろ出すから、中にたっぷり出してあげるからね」
「・・・えっ・・・やっ・・・だめだよっ・・・」

自分は男優のセリフに驚いて速水さんの方を見ました。
すると速水さんが落ち着いた表情で言いました。

「この方興奮するでしょ?いやがる里佳ちゃんに中出しするとこ見せてあげるから」

男優は里佳の身体をくの字に曲げたままマンコを突いていました。

「やだって何言ってんの?生でやらせてる時点で覚悟してんでしょ?」
「・・・だめだよっ・・・お願いやめてっ・・・」
「ハハハ、もったいないからたっぷり精子中に出してあげるからね」

男優はどんどんピストンのペースを上げていきました。

「ああっ!・・・ああんっ!・・・やっ・・・ダメ!・・・外にお願いっ!」
「しつこいねぇ、ほら、そんなに嫌だったらもっと必死にお願いしてごらん」
「やっ!・・・やだっ!・・・お願い!・・中は止めてっ!」

里佳は必死でお願いしていました。
男優はその様子を覗き込むように見ながら嘲笑うかのようにピストンを早めフィニッシュに向かいました。

「あ〜里佳ちゃんそろそろ出ちゃうよ、もっとお願いしなくていいの?もう出しちゃうよ」
「やめてぇ・・・お願い!・・・そんなことしたら出来ちゃうよ!・・・」
「アハハ、そんなの知らないよー、ああ里佳ちゃんのマン コ気持ちいい〜、こんなに気持ちいいことしたんだから妊娠くらいしょうがないでしょう?」
「いやぁっ・・・ダメっ・・・ダメっ!・・・止めて!・・・お願い!」
「ああ〜出るっ、おら出るぞっ、ああああ〜」

男優は里佳の身体をガッチリ抱えたまま、卑猥な声を出しながらマンコの奥深くに精子を注ぎ込みました。

「あ〜、気持ちいい〜、まだ出る、あ〜、出る出る」 「・・・やぁ・・・やだよぉ・・・」

男優は満足そうな表情で、里佳のマンコに精子を搾り出し ていました。
チンポを抜き取り半泣き状態の里佳に男優が言いました。

「ほら、里佳ちゃん妊娠いやだったら早くお風呂で流して おいで」

里佳はゆっくり起き上がってお風呂場に消えていきました。
それを見届けて、速水さんが自分に言いました。

「いやーどうだった、広人くん?興奮したでしょ?」
「マジで参りました、こんなに興奮したの初めてです」
「それは良かった、こっちとしてもいい画撮れて良かったよ」

里佳はシャワーを浴びて、着替えを済ませると速水さんに見送られて帰って行きました。
自分も撮影した映像をダビングしてもらってスタジオを後にしました。

妊娠のことですが、最初から危険日を避けて計画を実行し たこともあって里佳は妊娠しませんでした。
ビデオのことはそれからお互い知らないフリをしています。
自分は何度も何度も里佳のビデオを見て本当に興奮させてもらいました。
その後、里佳とセックスをする度にそのことを思い出だして今まで以上に興奮してセックスをするようになりました。

何年か前の話しですが、今思い出しても興奮します。
里佳のこともますますいやらしく見えてもっと好きになりました。
お互いに秘密の出来事ですが、本当に計画して良かったと思っています。


PAGE TOP