妻の尻の穴をなぞるように触りました

もう約20年も前の話になります。
当時、私(真司)は28歳、妻(久美子)は25歳でした。結婚して1年くらいの時の出来事です。私より10歳位年上の近所の山下さんが、両親と私たちがいつものように夕食を取っているときに自宅に訪ねてきました。
父は、いつものように晩酌をしていて、お酒の好きな父と一緒に飲もうと、友達からもらって、奥さんに料理をしてもらった魚料理と一升瓶のお酒をもってやってきました。
めったにないことではありましたが、不自然な事ではありませんでした。

 そして、父と山下さんはお酒が進み、妻は、母に頼まれ、簡単なつまみを作り接待をしていました。山下さんは、母にもお酒をすすめ、私や妻にもお酒を進めてきました。

妻は、さすがに新妻でもあり、遠慮をして飲みませんでしたが、母も私も地域で人望のある山下さんの勧めを断っては失礼と、一緒に楽しく飲み会となりました。

 そして、自宅でカラオケが始まりました。
山下さんから、「真ちゃんと久美ちゃん、デュエットでもしたら」と声をかけてきました。
私は音痴で「聞いているだけでいいですよ」というと、母が、「久美ちゃん、せっかくだから山下さんと一緒に歌ってもらったら。久美ちゃん歌えるでしょ」と勧めました。

妻は、「私、普段あまりカラオケ歌ったことないから、うまく歌えるかどうかわからないし」と返事をしました。
そのとおり、普段家でもカラオケに行っても、1曲か2曲歌うと人の歌を聴いているだけでした。

 でも、母の勧めで、山下さんが、「久美ちゃん歌う?」と聞くと、「どうしよう、私歌えるかなあ」と、歌ってもよいような返事です。
私は内心「ええ!これまで、私が一緒にデュエットしよう」と誘っても、「恥ずかしいからあなたが一人で歌える歌捜して歌って」と言っていたので驚きました。

 しかし、山下さんが勝手にデュエット曲をセットして、曲のイントロが始まりました。
その曲は、安倍律子と橋幸夫の「今夜は離さない」でした。デュエット曲でもかなりきわどい曲です。

 妻は終始、恥ずかしそうに歌っていましたが、私は、聞いていて嫉妬と興奮に包まれました。恥ずかしがり屋で、貞淑な妻を演じる妻が、たとえ近所の付き合いを大切にしなければならない相手(山下さん)とはいえ、相手はお酒に酔った一人の男性です。

その人と、お酒も飲んでない妻が顔を赤らめながら、恥ずかしそうに、時々山下さんの顔をちらりちらりと見ながら歌い上げたのです。
山下さんは、お酒は強い方ですが、かなり酔っているのか、新婚の新妻野久美子の顔をまっすぐに見て、その夫の前で、一人の女を見るようにして、セリフの内容を、心からそう思っているように感情をこめて歌い上げました。

そして、歌い終わった後「久美ちゃんお疲れさん。」といい、両親は、「山下さんも久美ちゃんもうまいねえ。感情がこもっていてまるで、恋人同士みたいだったよ」だって。

私は嫉妬と興奮で、頭がおかしくなりそうでした。頭に来て、酒を一気飲みしました。

 そうこうしているうちに、両親は「先に寝ます。山下さんゆっくりして行ってね」と寝室に行き寝てしましました。

 すると、山下さんも「俺もそろそろお邪魔しようかな、真ちゃん遅くまでごめんね」と言って席を立ちました。
そして、玄関に私と妻が山下さんを見送りに行ったとき、「真ちゃんちょっと」と私に外へ来てくれるように言いましたので、私は妻を置いて、外へ出ました。

すると、山下さんが、酔った勢いとはいえ、
「真ちゃん、久美ちゃん本当に魅力的だねえ。もし真ちゃんさえよければ、久美ちゃんの下着姿だけでも見せてもらえないかなあ、1回だけでいいから。」
と両手を合わせ頼んできたのです。

私は、一瞬、冗談じゃないと思いましたが、嫉妬と怒りとかなり酔って冷静な判断力を失っていたこともあって、
「山下さん、家の裏(家の裏は田舎道)に回ってこの部屋の網戸のところから部屋の中を覗いてください、なんとか、妻を説得してみます」
と言ってしましました。
そして、私は部屋の中に入って山下さんに妻の下着姿を見せつけるるために仕組みました。

山下さんを家の裏の道路から、部屋を網戸越しに覗かせる位置にスタンバイさせ、私は部屋に帰り、妻に、
「さっきはよくも俺の前で、山下さんとあんな厭らしい歌を歌ってくれたなあ。山下さんに抱いてほしいけど抱いてほしいなんて言えないなんて思っているのか。抱いてほしいってHをして欲しいってことなのか?」と聞きました。

妻は、「あれは、あくまでも歌じゃない、だって断れない状況だったし」と言ってくるので、「いくらでも断れたよ。だったらお前、ご近所のBさんやCさんからデュエットしようと言われたらするのか」
と聞くと、妻は黙っていました。

きっと、BさんやCさんなら、なんとかかんとか言って断るでしょう。
私は、「返事をしないということはどういうことだ」と聞くと、
「山下さんは普段から私にやさしく声をかけてくれるし、感じのいい人だから、つい歌ってしまったの」と妻は本音を言いました。

 私は、「ああそうか、お前は山下さんに気があるんだな、よくも俺に恥をかかせてくれたなあ」

「ごめんなさい、そんなつもりはなかったの。お母さんも進めてくるし。つい、でも、あなたには本当に悪かったわ。謝る」

「それなら、ここで服を脱いで裸を見せてくれ、お前の体が、好意を持っている山下さんとあんな恋人同士のようなセリフを交わし、どのくらい興奮しているか見てやる。下半身のあそこも濡れているんじゃないだろうな」

「変な事を言わないで、恥ずかしいわ」
と妻は顔を真っ赤にしました。

私は、「早く服を脱ぐんだ。山下さんに見られたいんだろう。(妻は、山下さんが興奮して覗き見していることなど知りません。)」というと、だまって、服を脱ぎ、下着姿になりました。

 妻の体は、すらりとして、ブラジャーに隠れた乳房は、程い大きさで、尻は、色気のある尻をしています。
(ああ、山下さんに妻が下着を着けているとはいえ、裸に近い姿態を見られている)と妻より私が興奮してしまいました。

 私は、妻の水色のスケスケに近いパンティを尻の割れ目に食い込ませ、ほとんど、美しい妻の尻が露出するようにしました。
そして、妻のプリンと露出した尻をわざと網戸のほうに向け、山下さんに見えるようにしました。

 私は、妻を後ろから抱きしめ、右手を妻の股間に入れ、恥部を触りました。すると、やはりうっすら濡れていました。

 そのあと、私は、裏の道からお前の体がどんな風に見えるか見てくるからこのままの格好で待っているんだよ」といって、山下さんが覗いている、裏の道路のほうに行きました。

 すると、山下さんは、私に両手を合わせ、「ありがとう、真ちゃん恩に着るよ、俺も最近こんな興奮したことない。こんな非日常的な状況で、想像しかしていなかったあんなカワイイ久美ちゃんの、裸が見れるなんて、すっごく幸せだよ」
と、すごい興奮のしようでした。

こんなに喜んでくれるならもっとサービスしてやろう、その方が俺ももっと興奮するし、と思って
「これから、妻を網戸の近くに呼んで、網戸を開けて俺が妻の体を触るから、そのあと、俺のふりをして山下さんも触っていいですよ」
というと山下さんは「本当にありがとう」と喜びました。

 妻を網戸の近くに来るように指示しました。
妻は、「恥ずかしいわ、誰かに見られたらどうするの」と言いながらも、私への負い目から、素直に従いました。

妻はパンティが尻の割れ目に食い込んでほとんど露出したきれいないやらしい尻を近づけてきました。

 私は、網戸を開け、妻の露出した、尻をなで回し、揉みました。
そして、山下さんに合図をすると、静かに山下さんが、両手で妻のお尻をソフトに触り始めました。

腰から尻をゆっくりと、そして、妻の太ももの内側から恥部に触れるか触れないかのあたりをもむように触り始めました。
妻は、「あなた、そんな風にされると感じるわ、感じて立っていられなくなるわ」と、言ってきました。

私は、「もう少し我慢しろ、山下さんに触られていると思ってせいぜい感じるんだ。」と、本当に山下さんに触られているのにいじわるを言ってやりました。

そして、いったん触るのをやめて、俺は部屋の中に入るから、そのまま妻に立っているよう指示し、山下さんと二人、妻の興奮した尻を剝きだしの裸体をしばらく、家の裏の田舎道とはいえ、だれが通るかわからない路上から鑑賞し、妻が恥ずかしそうにじっとしているのを見て、家の玄関のほうに戻りました。

その道中私は、山下さんに、
「私が先に部屋に入り、妻をあの下着姿のままマッサージをしますので、山下さんは、忘れ物をしたと、遠慮なく突然入ってきてください。そうして山下さんにも妻のマッサージをさせてあげますよ」
と言って、部屋に入りました。

そして妻に「つかれただろう。マッサージしてやるよ。ここに横になって」と言って、それほど刺激のない形でマッサージを始めました。

 そうしていると、山下さんが、突然、「忘れ物をしてしまった」と入ってきました。
さすがに妻は驚き、飛び上がり、両手を使って胸と下半身の大事なところを隠すようにしましたが、隠せるわけがありません。

 私は、「何も恥ずかしがることはない、お前が好意を持っている山下さんだ、そしてさっきはあんなHな歌詞のデュエットを歌った相手じゃないか、そうだ、山下さんにマッサージしてもらえよ。俺も疲れてきたし」
と山下さんに代わると妻に言いました。

妻は、「恥ずかしい、山下さんに、私の裸を見られるなんて、そのうえ、マッサージとはいっても直接肌を触られるなんて耐えられない。」
と言ってきました。

私は、以前に妻が、嫁いできて早く地域に慣れるためにママさんバレーに通っていた時、試合中に妻が足をつり、その時コーチをしていた山下さんに、妻がマッサージをしてもらったことを思い出しました。

「山下さんにマッサージをしてもらうの初めてじゃないんだろ。俺は見てないけど人から聞いて知っているんだよ。初めてじゃないんだから恥ずかしくないだろう」

「その時は、こんな恰好じゃないし」
「その時も下半身は露出みたいなもんじゃないか。俺の前だからしてもらわないのか、俺がいなかったらしてもらうのか」

すると妻は、観念して、「それじゃあしてもらうから、でも、こんな明るい電気の下じゃあ恥ずかしいから電気を消して」と、山下さんからマッサージを受けることを承諾しました。

私は、妻に「わかった、電気を消してやるよ。でも、お前が落ち着く様にこのアイマスクをして」
とアイマスクをさせました。

妻を電気がついているかついていないかわからない状態にさせ、明るい煌々とした電気の下で、山下さんにマッサージをしてもらいました。
妻は、「恥ずかしいから、体にバスタオルをかけて」と注文を付けてきました。

 山下さんもはじめは妻にバスタオルをかけていましたが、徐々にずらせ、妻の裸体は完全に露出状態になりました。

 そして山下さんは、やさしく、優しく妻の体を触り回すようにして、上半身から、邪魔になるからと、するりと妻のブラジャーをはずし、背中から手を回し妻のかわいく愛らしい、程よい大きさの乳房を揉むように触り、乳首も転がしています。

妻は、「山下さん、そこは凝っていません。触らないで、恥ずかしいから」と言っています。恥ずかしいだけかよ、普通は拒否して断るだろうと私は思いました。

 そして、今度は下半身に移りました、山下さんは、私の顔を見ながら許可を得るような顔をして、妻に、
「久美ちゃん、きれいだよ。久美ちゃんの体がこんなに素敵だとは思わなかったよ。俺すごく興奮してるんだよ。久美ちゃんの裸をこんなに近くで見れて、そして触れて、最高に幸せだよ。いつまでのこうしていたいよ」
と言いました。

妻は、「いや、山下さんそんなこと言わないで、恥ずかしい、主人がいるのにそんなこと言わないで。」というので、私は、
「俺がいなかったら喜んでしてもらうのかよ」
と怒るように言いました。

 そして、山下さんの手は、いよいよ腰から、尻へと、そして、妻の尻の割れ目に食い込んだパンティにかかりました。そして、ほとんど尻を隠す役目を果たしてなかったパンティを脱がそうとしました。

そのとき妻は「いやっ」と小さな声で抵抗しましたが、強くは抵抗しません。
妻のパンティは簡単にするりと脱がされてしまいました。
妻は「恥ずかしい。山下さんに私の大事なところ見られるの耐えられない」というと、山下さんは、「電気を消して恥ずかしがることないよ。」といって安心させましたが、実際には電気がついて明るい状態なのです。

 山下さんの手と指は、妻の尻を遠慮なく揉みました、柔らかく強く、妻の尻を割り開きました。妻のかわいくかわいらしいプリンプリンとした尻は割り開かれ、妻の、おそらく私にも明るいとこれで見られたことがないであろう小さな皴が集中した尻の穴が露呈しました。

山下さんは、しばらく、妻の尻を割り開いたまま、妻のキュッとしまった尻の穴を見ていました。
そして、その短い時間が私にはとても長く感じました。妻の尻の穴を見られている。妻はさぞかし恥ずかしい思いをして我慢しているだろう。妻はなぜ我慢をしているんだろう。と考えていました。

 そのあと、山下さんは、片方の手で、妻の尻を割り開いた状態を維持し、片方の手で、妻の尻の穴をなぞるように触りました。

そして、妻の尻の穴を触った自分の手をなめ、唾液をつけ、また、妻の尻の穴をもむように触り、人差し指をかかるく挿入しました。
妻の尻の穴がキュッと締まるのが分かりました。

 山下さんは、
「あっ、久美ちゃんごめん、ごめん、久美ちゃんのお尻の穴に指なんか入れるつもりなんてなかったのに、あまりかわいいからつい入れてしまった。」
と謝っています。

妻は、「いやーん、恥ずかしい、汚いから触らないで」といっています。山下さんは、「汚いなんて、とってもきれいだよ」といって、妻の尻の穴へ入れた指を又、なめて、今度は、妻の小さな蕾の様な尻の穴に人差し指を奥まで挿入しました。

妻は、「うっ」と声を出して、「やめてー!なにかとても変な感じ]と大きな声を出しました。
山下さんは妻の尻の穴から指を抜き、また自分の口に入れてなめました。それを見て、私が、
「山下さん、妻が魅力的だからと言って、さすがに、妻の尻の穴に入れた指をなめるのは汚いんじゃないの」
というと、妻が、
「ええー!山下さん私のお尻の穴に入れた指をなめてるの。汚いし、臭いからやめて」
と気が狂わんばかりに興奮しています。

 妻の尻は、長い時間もてあそばれ、今度は、山下さんの指は、妻のおまんこに挿入が始まりました。

妻のおまんこは、ぱっくり口を開け、ピンクの肉ひだがぴかぴか光っています。
もうべとべとです。愛液があふれて流れ落ちています。

それを見て、触りながら、山下さんは、
「真ちゃん、久美ちゃんこんなに感じているよ。もうべとべとだよ」
と言ってきました。

妻は、山下さんに触られながら、そんな風に言われ、「いくー!」と大きな声をだし、のけぞり往きました。

そして妻を、近くのソファーに上半身をもたれかけさせた四つん這い状態にして、私と山下さんは、妻の、ひくひくしている妻の尻の穴と、愛液が糸を引く妻のピンクのおまんこ見ながら、極限に勃起した自分の息子をしごき、二人で果てました。

 山下さんには、今日の事は誰にも言わないで下さいよ。言うと山下さんが俺の久美子を犯したと言いふらしますよ。と釘を刺しました。

 その後、山下さんとはこのようなことは今日まで、二度とありませんが、妻と山下さんが顔を合わす機会があるたびに、かなり変な気分になっています。
山下さんも、きっと、今でも当時の事を忘れられず、悶々として、あの時の様な機会をうかがっている事でしょう。

 私は、妻も年をとったけど、美貌や体形はほとんど変わってないと思っているし、機会があれば山下さんをじらしながら誘ってみようかと思っています。