人生でこんな幸せなエッチはそう何回もありません・・

ちょっと前に会社の同期の女の子と、ある業務で一緒になった。
最初は何気なく挨拶を交わすだけだったんだけど、仕事が終わってから仕事の悩みとか恋愛相談をするうちに、だんだん仲良くなっていった。
その子、胸がすっごく大きくて、スタイルいいんです。
美人タイプではなく、いわゆる可愛いタイプ。
でも、自分より年は1つ上で、付き合って3年位になる彼氏がいた・・。
「仲がいいの?」って聞くと、「うん、結婚とかも考えてるんだ」って。
しばらく経つうちに会社帰りにお茶とかする仲になって、彼氏の事を色々聞いたんだ。
そしたら、仲良くいってるように見えるけど不満だらけだったようなんです。

収入も低くて、仕事も安定しないでころころ変えちゃうようで、夢は語るけど実現するような気配は何もなし。
口だけということでした。

あるとき、ちょっとエッチな話になったんです。
「彼とはどれくらいしてるの?」
「うーん・・・まぁまぁ」
妙な沈黙の後、彼女はそう答えました。

“?”と思いつつも、女からエッチな話が聞けるなんて嬉しかったんで色々聞いてみました。
「初めてはいつなの?」
「どういう体位がすきなの?」
そうするとどんな質問にも恥ずかしさとは違う妙な沈黙が流れるのです。

“あれ?”と思っていると、彼女はこう言いました。
「触ったり舐めたりはあるけど、本番はまだ」
「えー?どういうこと?3年も付き合って結婚するんでしょ?」

「うーん、彼はちゃんと責任取れるようになってからしたいんだって。裸で抱き合ったことはあるけど、それだけ。相手も初めてみたいで最初は絶対ゴムとか付けたくないんだって」

・・・驚きでした。
3年もしてない彼氏と、処女の彼女。
「でも、私がいい加減したい、もう3年経つんだし、って言ったら、来月ちゃんとしたホテルをとってしてくれるんだって」
もしかして処女を・・・なんて思ってた俺は・・・がっくり。
「へーそうなの?」と内心動揺しつつも「それはよかったね」と明るく答えてみました。

そうこうしているうちに時間が経っていき、彼女が彼氏とエッチをするっていう日が近づいてきた。
でも、その頃には彼女と話をすると大抵は彼への不満。
性格などが合っていなくて、親身に話を聞いていました。

それで段々信頼してもらえるようになってきたんです。
そしてついに彼と彼女がエッチする日が来ました。

彼女にメールで「したら教えてね」とメールしたんです。
そしてドキドキしながら待つこと数時間。
返事がなかなか来ないから思いっきり凹んでいると彼女からメールが。

「喧嘩しちゃった。今日はやるのやめたよ」
おー! と内心で拍手です。

「そうなんだ、残念だね。何で喧嘩しちゃったの?」
「やるなら生で中出しがいいって言うの。でも子供できるかもだし、それで言い争いになっちゃった。ゴム付けるんならしないって」
なんか傍から聞いてたら馬鹿丸出しですが、当人は本気なのです。

数日後、彼女とメールをしていると・・・。
「エッチって楽しい??」
「こんな年で処女なのは恥ずかしい。そろそろしたい」
「今の彼じゃいつになったら処女卒業できるのかわからない」
「いい相手いないかな?」

チャンス到来!!!
この彼氏、本当にドあほうなんです・・・。
彼女の携帯の写真見たらなんとなく納得するような顔つきでした。

その日の夜、二人でいつものように喫茶店に行った帰りに、路地裏に誘っちゃいました。
暗闇のところを見つけて、彼女の肩をそっと抱いて胸を触りました。
「いい?」
「うん」

今まで小さい胸の子としかしたことなかったので大きいおっぱいは感動でした。
手のひらで包んでも溢れるくらいです。
優しく揉み揉みしていると彼女の息が乱れてきました。

自分の息子に彼女の手を持ってきて・・・。
「どう?わかる?」
「うん、硬いね・・・はぁ」
嬉しそうにため息をつく彼女がとても愛おしくなって・・・。
「ねぇ手でイかして。やり方わかる?」
「うん、たぶん」
そう言って人気のない路地裏でナニを取り出し、彼女に包んでもらいました。

冷たい感触が気持ちいい中、必死にしごいてきます。
でも、やっぱり下手で強く握ってくるんだけど、ツボにこないんです。
仕方ないからおっぱい出してもらって顔を埋めながら自分でしこしこしました。

イキそうになってきたので、彼女に「はぁはぁ、出る!触って!強く握って!」って言うと、彼女はナニを強く握って激しくしごいてきました。
相当発射OKなところまで来たのであっという間に昇天です。

「あぁ・・・」
彼女の手と地面が精液まみれになりました。
「どくどくって波打ってたよ。凄く暖かい・・・」
そう言うとキスをして手を拭いて、着衣を直してその場から離れました。

その翌日も仕事中ずっと携帯で彼女とやり取り。
「ねー?してみたいかも?なんて・・・私って悪い子?」
「え?でも、処女じゃなかったら彼氏にばれちゃうんじゃない?」
「大丈夫だよ。血が出ない事もあるし、痛がれば平気」
「じゃーする!?」

そしてその晩いよいよホテルに行きました。
「本当にいいの?後悔しない?彼氏でもないのに?」
「うん、今更なに言ってるの?しないで帰るつもり?」
覚悟を決めて処女をいただく事にしました。

「服脱いでよ・・・彼とはどこまでしたの?」
「あそこ舐めた」
「それだけ?」
「本当よ」

彼女の豊満なおっぱいを包んでるブラはとても綺麗で、揉み揉みすると弾力があって柔らかい。
ブラを外して彼女の乳首を舐め舐めしました。
オッパイが寝るとぺっちゃりもっこり広がって、また凄くその光景が燃えるんです。

乳首を舐めてると彼女が段々感じてるみたいであえぎ声が大きくなってきました。
僕のあそこももうギンギン。

早く入れたかったんですが、処女だからさすがに痛いだろうと思って、おまんこをほぐしてあげようと、おまんこに顔を近づけました。
かなり恥ずかしがって抵抗するんですが、抵抗を押さえ込んで、おまんことクリトリスを舐め舐めしたりしました。

凄く感じてるようで・・・。
「ねぇ、もう入れて」
「いいの?」
「うん、タカ(俺)にあげたい」
そう言うと足を持ち上げてギンギンのナニを彼女に押し当てて挿入開始。
処女の子は初めてだったので感動しつつ、自分を埋め込んでいきます。

でも、やっぱり予想通り硬いっていうか、痛がるんですよ。
「あーん、いったぁああーい」
彼女は絶叫して腰を浮かせて逃げます。
そこで腰をしっかり押さえて、高ぶる自分を奥へ奥へと進めていきます。

膜が破れる感覚は分からなかったんですが、痛がる彼女を押さえつけて埋め込んでいくのは至福の征服感です。
“よっしゃー処女もらい!”とか、ガキみたいな事を思いながら、硬いおまんこを突き刺していきます。
めちゃくちゃ痛がって、彼女は気持ちいいどろこではないみたいんですが・・・。

「痛いけど・・・嬉しい」
そう言ってもらいました。
痛がる彼女を押さえながら、もうどうにも止まらない自分のナニで彼女の膣内を広げていきます。

しばらく突いていると、段々痛いとは別の感情が彼女に生まれたみたいです。
声に甘い色がかかってきました。
彼女は半泣きだったようですが、最後は声をあげてよがっていました。

揺れるおっぱいを見ながら、ガンガン突いてると、処女とやってるって感情と、視覚的におっぱいがブルンブルン揺れるのとで興奮は最高潮になってきた・・・。
「ねぇ、いくよ、いくよ」
「うん、いって!」
「あぁあああ・・・」

自分のアレから精液がどくどくと出てくるのが分かります。
普段オナニーするときよりも、かなりたくさん出ました・・・。
「なんか動いてる」
「気持ちよくっていっちゃった」
二人で抱き合って至福の時を過ごしました。

人生でこんな幸せなエッチはそう何回もありません・・・。