騎上位のこの瞬間が一番興奮するw

ある日もう3〜4年連絡してない先輩から携帯に電話があり、結婚式するから2次会に来てくれとの事。
他にも知ってる人が来るならOKとの返事をしておいた。
ちなみに結婚相手は俺も知ってる女。
まぁそんな事はどうでもよいのだが、俺も2年前に結婚してからというもの、嫁さんの監視が厳しく、一人ではなかなか出掛けさせてくれない。
こんなチャンスは二度とないと思い、どうにか嫁さんを説得し一人で二次会に参加する事が出来た。
俺、現在26才。顔は普通だと思う。
格好も別におしゃれではないがダサい部類ではないと思う。

入り口で金を払い名前を告げると、後ろから「コウ!」と呼ばれた。
振り返ると子供をだっこした女。
俺  「おお!何、結婚したの?」
さおり「結構前にね〜」
俺  「いつのまにか裕太もおるし。何歳?」
さおり「まぁね。もうすぐ4歳。」

 知ってる人が入り口で見つけられたので内心ほっとしていた。この時はまさかあんなことが起こるなんて思ってもみなかった。
ちなみにさおりとは先輩と一緒に行ってたクラブでの知り合い。
 当時(5〜6年前)は酔っ払うと誰にでもキスしだして、クラブのパーティーがあるといつも誰か捕まってた。
当時確か23か24だったから今は30?

 でもとっても30には見えない。贔屓目で見て23か4。昔と全然変わってねーじゃねーか。
身長150cm位ちょいぽちゃ。(幼児体型っぽい)
芸能人でいうと小倉優子を5kgくらい太らせた感じ。
ちなみに裕太はお世辞にも可愛いとは言えない。がんばって言っておいたが・・・。

俺  「今日旦那は来てないの?」
さおり「別れた〜」
俺  「マジ?じゃあ毎日寂しいんじゃねぇの?(w」
さおり「そうなの〜、でも裕太(裕太)がいるから大丈夫〜!」
 なんてたわいも無い話しをしながら、空いてる席を探すと、昔のクラブ仲間の懐かしい面々がいたのでそこにさおりと一緒に座らせてもらった。
みんな顔見知りだがもう4〜5年あってないのでかなり懐かしい。

 一通りみんなと近況報告しあって回りを見てみると、結構な人数での二次会で80人位来てた。
 すげぇなぁと思いつつ、ここが終わったら泥酔女を捜しに町を徘徊せねば!と思いほとんど飲まずに胸チラ、パンチラ、パン線を目の保養にしていた。
 ありきたりのビンゴ大会もあり、ノリノリでやっていると結構早い段階で「BINGO!」。結構会費払ったから景品は期待していた。

 なんとプーさんのぬいぐるみ。(全長1m) でかい!重い!どうしよう。町を徘徊しなきゃいかんのにこんなでかいものを。
でもうちの嫁さんかなりのプーさん好き。
 これを持って帰ればたぶん朝帰りだろうが昼帰りだろうが絶対許してくれる。間違いない! なんとか持って帰りたい。

景品を席まで持って帰ると、さおりとその娘が目をキラキラさせている。
さおり「いいなー!いいなー!ほしいなぁー。ね、裕太も欲しいよね〜?」
裕太 「欲しいー!」
俺  「嫁さんに持って帰らなきゃいかんもんで・・・ごめんなぁ」

この段階で俺が見ていた限りでは、さおりはかなり飲んでいる。
 裕太と二人暮しになってからほとんど飲んでいないと言っていたから、その反動だろう。
 たぶんビールをピッチャー2杯分は飲んでいた。まだキス魔の兆候は表れていなかったが、いい気分なのはこちらから見て取れる。
 とりあえず自分の席にプーさんをすわらせて、他のテーブルの知り合いとしゃべってた。

2次会も終わり、時間は10時過ぎ。
 まだまだ泥酔女は落ちてないだろうと思い、3次会へ。もちろん昔の仲間はみんな来る。
3次会へは徒歩で移動することに。
さおりもまだ飲み足りないらしく、
さおり「いくぞー!」
裕太 「おー!」
とかやってる。

 俺はというと、景品の嫁さんなだめ用プーさんが重く結構大変な思いをして2次会の会場をでた。
 すると、裕太がプーさんを見つけ、体当たりしてきた。どうやらプーさんと手を繋ぎたいらしい。
 めんどくせぇなぁと思いつつ、プーさんを前に抱っこする感じで、手を繋がせて一緒に3次会の会場まで行った。かなり俺になついていた。

3次会ではほとんどさおりと話していた。
 裕太はずーっとプーさんとしゃべってる。この時は俺も少し飲んで、いい感じになっていた。
さおりはいつのまにか日本酒飲んでるし・・・。

俺  「なんで旦那と別れたの?」
さおり「性格の不一致。性ってHの方ね。結構淡白な人でさ、物足りなくなっちゃって。」
どうやら愚痴りたいらしく、聞くとどんどん出てくる。
「Hは15分位しかしない。最高でも20分。」
「正常位でしかしない。」
 なんだか知らんが清楚な女が好きらしく騎上位で腰振ろうもんなら軽蔑しかねなかったらしい。

ちなみにさおりの好きな体位は
「1位は・・・・・・ダカダカダカダカダカダカダカダーン   バック〜!」
「2位は・・・・・・以下略   騎上位!」
「3位は・・・・・・      正常位!」
なんてノリでした。

「フェラはさせない。」これも同じ理由で。
まぁこの時も別にさおりをどうこうしようなんて気持ちは微塵もなかった。
だって裕太いるし。
 っていうか俺は今日泥酔女をお持ち帰りして、神になるんだ〜!としか思ってなかった。
この時点で時間はもう12時すぎ。
さすがに裕太も眠たいらしく、ぐずりはじめた。

「おうちかえる〜」
さおり「はいはい。じゃあ帰りましょうね〜。」
俺  「お疲れ!どうやって帰るの?」
さおり「うちへんぴなとこにあるもんでタクシーで帰る〜」
俺  「じゃあ拾ってくるわ」
(俺が一番年下なので色々な意味でパシリでした)
といって店の前に出てでタクシーを止める。
ちょっとして、さおりが自分の体くらいある(大げさかな?)
プーさんを抱えて裕太と一緒に出てきた。

俺  「おいおい。それはおいてけよ。」
さおり「ごめんね〜。裕太が今日は一緒に寝るって聞かないもんでさ〜」
おいおい、まじかよ。
それは俺の嫁さんなだめ用プーさんだぜ?
それがないと朝帰りなんてしたらきれられそうだ。
どうやって説明してもぐずりだしたら止まらないらしい。

タクシーの運ちゃんがせかす。
「どうするの?乗らないの?」
さおり「じゃあ悪いけど家まで一緒に来てくんない? 帰ったら即効寝ると思うからさ」
俺  「マジ?ここまでの帰りのタクシー代出る?」
さおり「出る出る」
俺  「わかったよ。じゃあ先輩達に言ってくるわ〜」

とりあえず先輩達に簡単に説明してタクシーに乗った。
 俺の頭の中ではさおりを送ってから、店に戻るまでの間に泥酔女を捜そうと思っていた。

タクシーでさおりの家に着いて部屋に入る。
普通の2DKのコーポ?
さおり「適当にくつろいでて〜」
俺  「あいよ〜」
裕太を寝かしつけに行った。
部屋を見渡してみると洗濯物が。なんとその中にTバックが!
バツ1でもこんなの履くんだな〜とか思ってた。

10分ぐらいすると、さおりが
「やっと寝たよ。ちょっと飲み足りないから、一緒に飲みなおさない?」
と、焼酎を持ってきた。
本当は早く泥酔女を捜したいと思っていた俺だが…
さおりの格好を見て俺の頭の中は一変した。
 上はグレーのタンクトップ。しかもノーブラ。乳首がポッチ。下はホットパンツ?座るとパンツが見えそう。

俺  「ええよ。でもあんまり飲ませると襲っちゃうかもよ」
と軽くジャブ
さおり「えー。でも久しぶりだからちょっといいかも」

!!!!

俺はもうさおりの乳首&パンツに釘付けだった。

 1時間も飲んだだろうか、その間前の旦那の愚痴や、養育費の事、裕太の話をしていた。
段々さおりの目が妖しくなってきた。
かなり酔っ払ってきている。その証拠に話の途中でいきなりキスしてきたりする。
ディープなやつではないが、
「チュッ」えへっ(笑)って感じ。

酔うとキス魔になる。
さおり「コウ〜。奥さんと週にどれくらいしてる?」
俺  「週1くらいかな。本当はもっとしたいんだけどね」
さおり「コウのはどれ位あるの?」
俺  「ん?何が?」
さおり「ちんこ!」
俺  「おいおい。直球だね。」
さおり「いや〜。最近ってゆうかずっと見てないもんでさ♪」
俺  「平均だと思うんだけど。見てみる?」
さおり「見る!見して!ちんこ出せ〜!」声でかいっすよ・・・。
俺  「いやいや、普通の状態じゃあね〜おっきくしないと見せられません。」

すると、急に立ち上がってタンクトップを脱ぎはじめた・・・。
エ、エロい。ゆっくり後ろ向きになって背中を見せながら脱いでいく。
全部脱いでもこっちを向かない。
さおり「見たい?」
俺  「も、もも、もちろん」かんだ。
うろたえまくり。
さおりはこっちをむいてもまだ胸は手で隠している。
手ブラ キタ━!!

 すると自分で脱いだくせに恥ずかしいのか、顔を真っ赤にしながら手を下におろした。
Bくらいか?結構小ぶりだ。やっぱりちょっと幼児体型。
でも幼児体型好きの俺は全然OK!
それに反応して息子はすぐに大きくなり始めた。
おいおい息子よ。反応早すぎるよ。
一瞬じゃないか。

ジーパンを履いてるので息子が窮屈になってきた。
開放するためにもぞもぞ触っているとすぐにタンクトップを着て、
「たった?たった?みして〜」
 ちょっと逃げ腰な俺に覆い被さりなれた手つきでジーパンのベルトを外し、ボタンをとっていく。

「じゃーん!」めちゃめちゃ嬉しそうだ。
まじまじと見ること1〜2分。
「おいおい。もういいだろ。しまわせてよ」
「だーめ!久しぶりなんだから・・・。」
『ペロッ』
おもむろにちんこをなめ始めた。
飴をなめるかのように、根元からツツゥ〜っと。

今度は全体的にぺろっぺろっと。
 いや〜参った。ひたすらなめるなめる。かなり長い時間に感じられた。もう息子をパクッと咥えて欲しくてたまらなかった。
たまらずさおりに頼む。
「めちゃめちゃ気持ちいい・・・。根元まで咥えてよ」
「いいよ。でも私のことも気持ちよくしてね」
おやすいごようだ。

『ジュポッ、ジュポッ、ジュルジュルジュル〜』
すごいエロい音をたてながら頭を上下に振っている。しかもかなり吸い付いている。
ヤバイ。逝きそうだ・・・。
酒飲んでるからもちはいいはずなのに・・・。
頭の中で違う事を考えようとするが、すごい音が気になって集中できない。

「ヤバイ。いきそう・・・。」
 さおりが口を離し「いいよ。久しぶりに飲みたい・・・。」と言うと、いっそう激しく、しかも俺を見ながら吸い付いている。
 咥えられてからものの5分位だろうか、あっけなく俺はさおりの口の中に出してしまった。

 でも、まださおりはちんこから離れず、最後の一滴まで絞りださんばかりに吸い続け、口を離すと俺を見ながら、ゴクンと飲み干した。
「あぁぁ、苦いけどおいしい。なんかエッチな味がする」
すぐにさおりをだきよせてキスをした。
 いつもだったら自分のを飲ませてすぐにキスなんて、と思うだろうが、この時はそんな事全然思わなかった。

「次は俺の番ね」そう言って
とりあえず着てしまったタンクトップの上から乳首を触る。
「はぁぁん」
タンクトップの上から触るだけでもものすごい乳首が勃起しているのがわかる。
俺はもう1回いかせてもらっているので、責めに専念しようと決めた。

まず全裸に剥く。ベットに仰向けで寝かせる。
じろじろとなめまわすように見ていると、恥ずかしそうに胸を隠している。
 いい体型だ・・・。ちょっとお腹がぽっこりとしてて、乳はBカップくらい。太すぎず、細すぎず。
いよいよ攻撃開始!
全身をなめる!なめる!なめる!
どこが性感帯かわかりゃしないから、とりあえずなめる。
 耳の穴、首、腕、手、指、背中、おっぱい、おしり、太もも、膝、すね、足首、足の指もう完全にエロエロ星人と化していた。
風呂入ってないのに…

でも肝心の乳首とあそこには手も触れない。じらし作戦。
「はぁはぁはぁはぁ・・・。やだぁ、じらさないでよ・・・」
『ペロッ』
おもむろに乳首をなめあげる。
「ひゃぁん」
ペロッ、ペロッ、ペロッと舐めるたびにさおりの体がピクッ、ピクッと反応し、
「んんっ、んんっ」とくぐもった声を出す。
片方の乳をなめてる間、もう片方の乳首に刺激を与え続ける。

いよいよ下半身に・・・。
と、顔を近づけて見ると、そこはえらい事になっていた。
もう大洪水!
 じらし効果が効いたのか、全く触っていないのにベットのシーツに直径20cm位の水溜りが・・・。
あそこはTバックをはくだけあって上の方しか生えていない。

「めちゃめちゃ濡れてるよ。気持ちいいの?」
「う・・、う・・ん。感じまくってどうにかなっちゃいそう。早くあそこも触ってよ、、、。」
まだまだじらしたりない。
 さおりのあそこに顔を近づけまたもや『ペロッ』『ペロッ』『ペロッ』と下から大陰唇をなめあげる。
「あぁぁぁぁぁ・・・あぁぁぁぁぁ」
と断続的に来る快感に見をよじらせるさおり。
もうクリトリスは顔を出して赤く勃起している。結構大きい。

肝心のそこに舌をあてる。
「はぁっ!」今までに無いほど体をビクッとさせた。
 そのまま動かずにあてていると、さおりは腰を動かして、俺の顔にあそこを擦り付け始めた。
「ふぅぅん、はぁぁ」
『ジュルッ、ジュルッ』
顔を少し離しクリトリスに吸い付く。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・い、いぃ・・あぁ・・はぁ・・い、いく・・いくっ・・いく〜!」
 体をビクッビクッとさせたかと思うと、急に体の力が抜けたようにダラーっとなった。
俺  「いっちゃったの?」
さおり「ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、」肩で息をしている。
さおり「いっちゃった。やっぱり自分でするより気持ちいいね」
俺  「まだまだこれからだよ」
と言い、あそこに指を入れる。
まだまだ大洪水。さすがに俺もそろそろ入れたくなってきたのでスパート。

中指と薬指を入れ、手のひらでクリトリスを刺激する。
中で指を曲げGスポットを刺激し上下に動かす。
するとまたあふれてきた。すげぇ・・・。
手を上下するたびに、すげぇエロい音がする。

『ジュポッ、ジュポッ、ジュポッ』
「あぁぁぁぁ。や・・やばい、出そう・・。あっ、あっ、あっ」
もしかしてさおり潮吹き?と思い、続けていると、
『ジャッ、ジャッ、ジャッ』
「あっ、あっ、あっ」
手の動きと声に合わせて出て来る、出て来る。
肘から下がべたべた。

俺「すげぇ〜。めちゃめちゃ出るもんなんだね」
さおりはまだ肩で息をしている。
またこの肩で息する声がエロいんだな。
「はぁん・・・はぁん・・・はぁん・・・」
後から聞いた事だが、初めて吹いたらしい。
「おしっこ出ちゃう〜って感じで、我慢しようとしたけど、気持ちよすぎて、我慢できんかった」って言ってた。

この時、時間はすでに3時。
ちょっと休憩し、いよいよ挿入。
とりあえずさおりの好きなバックから。
ベットに四つんばいにさせ、俺は腰をかがめて入り口に持ってく。
さっきちょだけ入れて、すこしずつ入れていく。

「あぁぁぁぁん、、ん」
まだまだ奥までは突かない。
 半分だけゆっくり入れて、ゆっくり抜く。ゆっくり入れる。ゆっくり抜く。またまた溢れ出してくる。
「も、もっと、、お、奥まで突いて・・・。」
 さおりの腰をつかみ、今まで我慢してきたちんこへの刺激をここぞとばかりに与える。
ぱんっぱんっぱんっ。なんて音はしない。
 代わりに俺のちんこ一帯とさおりのあそこ一帯がくっついて離れる時に『ベチャッ、ベチャッ、ベチャッ、ベチャッ、』とこれまたエロい音がする。

「あぁぁぁ、いい、いい、もっと・・もっと!」
さすがに腰が痛くなってきたので体位を変え上に乗ってもらうことにした。
 ベットに横になりさおりを上に乗るようにうながすと自分で俺のちんこを握りあそこにあてがった。
俺は騎上位のこの瞬間が一番興奮する。自分でちんこを持って自分の腰を落とす。

「いやー、騎上位ってほんとにいいもんですね」(心の声)
もうそこからはさおりの独壇場。
 腰を上下に動かすというより、ひたすら前後。前後。前後。前後。クリをこすりつけて感じている。
「あぁぁぁ、気持ちいい・・・。」
「またいっちゃいそう・・。」
俺は動かずにさおりにまかせた。

「あっ、あっ、あっ、あっ、あぁぁぁぁぁ」
「いく!いくよ!いっちゃう!コウのちんちん気持ちいい!」
こういう言葉に弱い。
なんか言葉でいかされる感じ。
急に限界が近づいてきた。

さおり「あぁっ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・!」
俺  「やべぇ。俺もいきそう・・・」
さおり「そのまま、そのまま出して。中にだして〜」
俺  「うっ」
今までに無いくらいの射精感。
ダムが決壊するような、『ドゥルッ』っていう音がしそうな感じ。
やべえよなと思いつつ、思いっきり中出ししてしまいました。

さおり「すっごい気持ちよかった・・・」
俺  「俺も・・・」
その日はそのまま寝てしまい、起きたら二人とも体がバリバリでした。
 二人でシャワーを浴びて、朝からもう一発と思ったんですが、そこには裕太が・・・。

裕太 「コウ兄ちゃん、ここに住むの?」
俺  「いやいやお家に帰らないと(苦笑)」
さおり「住めば?(w」
笑えません・・・。

 そっからタクシーと電車を乗り継いで家に帰ろうと思ったのですが、さすがに嫁さんなだめ用プーさんを持って(抱えて)電車に乗れるほど根性座っていません。
タクシーで1万弱の自宅まで帰りましたとさ。
 
言うまでも無く、昼に帰ってきた俺に切れそうだった嫁さんは、俺がかかえたプーさんを見て、腹を抱えて大笑い。
お咎めなしでした。


PAGE TOP