特大バイブを出し入れされながらクリトリスを刺激された妻は快楽の表情を・・

私の妻(加奈:27歳)は露出癖がある事が分かった。
結婚2年を迎えた私達に子供はまだいない。
大企業の受付窓口で働く妻は、常に人の目に曝され緊張の毎日だそうだ。
そんな妻が露出癖がある事が分かったのは、1年前だった。
付き合っていた当時から、Mっ気がある事は薄々気づいていたが、露出癖が
ある事は分からなかった。
ある日の夜、妻を抱こうと考えていた私に妻は思わぬ事を言いだしたのだ。

妻 今日、外でしてみない! 
私 外って・・・
妻 どこでもいいの? 車とか?公園?
私 見られたらどうするんだ?
妻 ちょっと離れた所に行こう?

予想外の展開に戸惑いながら、車を走らせ人気の無い公園で車を止めた。
あらかじめ遣り易い様に着替えていた私達は、公園のベンチで初めての野外SEXを楽しんだ。

初めて見る妻の乱れ方に驚いたが、私も気分が上々!  妻の体を堪能した。
それからと言うもの、何かと外で性行為は続いたんですが、妻の行動はエスカレートし、人気がある方が興奮すると言い出したのだ。

いつの間にか妻は色々な衣装(透け透けワンピースやネグリジェ・エロい下着)を買い込み夜の営みに着用し始めたんです。
その頃には、妻は露出癖を持っていると感じ始めていました。

夜の公園と言っても、少なからず人気があります。
カップルや覗き趣味の男性達。私達もエッチなカップルとして見られていたんでしょう。
ベンチでエッチを始めると、人の気配がするんです。
でも妻は完全に興奮しているので、そんなことは関係なく私の股間をグイグイ刺激して来るんです。

ズボンを下げベンチに座った私の上に妻がパンティを脱いだ姿でM字に座ってきます。
パンツの上から肉棒におまんこをスリスリとしながら妻は喘ぎ声を上げるんです。

でも草むらに目をやると確かに誰かが覗いているんです。
妻の耳元で”見ている奴がいる”と言うと
”見られているの?もっと見て欲しい”と妻は囁きます。
そして妻は、その男性に見せつける様にスカートを捲り上げ生尻を出すんです。

興奮が収まらない妻はブラウスのホックを外し、白い巨乳(Fカップ)を惜しみなく私の顔に押し付けて来ました。
私も堪らず、ピンクの可愛い乳首をペロペロの舐め上げると、妻は”もっと吸って・・・”と悦び声を上げていた。

私達が全く気にしない事を知った覗き屋は、ガサガサと近寄って近くに来ている。
妻を覗き屋の方を向かせた状態で、おまんこに挿入した。後ろから胸を揉み揉みしながら、妻は上下に体を動かし、
”あ~ん・気持ちい・・・あ~おかしくなっちゃう”と覗き屋が悦ぶ声を出す。

妻の動きが早まり、やがて頂点に達している頃、私も我慢の限界だった。
妻の中に一気に射精すると同時に、妻も私の上でブルブル震え、力尽きている。

ゆっくり、服装を整え私は覗き屋へプレゼントを置いて行く。
もちろん妻のパンティだ! 
如何にも忘れた感じで、そっとベンチの隅において歩くと、間もなく覗き屋はパンティを取って行く。
この奥で、きっと覗き屋は妻のパンティを咥え味わってる事だろう! 

公園の駐車場に止めている車で妻を全裸にさせ、おまんこに特大バイブを挿入すると自動販売機にジュースを買に行かせる。
妻は恥ずかしそうに辺りを見渡しながら腰をクネクネさせて歩いて行く。

と、自動販売機の前でお金を入れボタンを押していると、20代と思われるオタクっぽい男性が近寄って来たのだ。
妻は慌ててジュースを取る事を忘れ逃げる様にこっちへ向かって来たがバイブが入っているので走る事が出来ない。

男性は妻に近づいて何かを話しかけている。
妻は必死に体を両手で隠していたが、彼は妻の手を引っ張った。
妻の胸が彼の目の前に露わになると同時に、彼は妻の胸を鷲掴みする。
妻は、必死の抵抗を繰り返していたが、彼の力に負けたのか? 受け入れたのか? 抵抗をやめた。

彼はニヤニヤしながら妻のおまんこに手を伸ばす。特大バイブを出し入れされながらクリトリスを刺激された妻は快楽の表情を浮かべていた。

妻が腰をヒクヒクさせながら男の体に寄りかかると、男は遂にズボンを下ろし始めたのだ。
車を走らせ、妻の元へ行くと男は焦った表情で逃げる様に公園の方へ向かって行った。
妻は息を荒らしながら”もう!  助けてくれないんだから・・・”と言いながらもおまんこから汁を垂らしていた。

私 興奮したんだろ!  彼に襲われたかったか?
妻 ん~正直、最高に興奮したし、もっと弄って欲しかった
私 あいつ覗きしていた男かもな? 凄い残念な顔してたよ! 
妻 もう、アソコが疼いちゃって・・・入れて・・・

妻の要求に答えるように、車内で妻のおまんこにぶち込んで激しく突きまくっていると、さっきの男性が車に近寄って来た。そしてズボンを下げ、中を覗き見しながらオナニーを開始していた。
片手には妻のパンティがしっかり握られていた。

彼の一物を確認すると、中々の大きさ!  容姿からも女性と性行為をした事が無い様に思えた。

私 奴!  お前のエッチな姿を見てオナってるぞ。
妻 そんな! ハァハァ・・・あなた逝きそうよ! 
私 逝く姿を見せてやれ!  お前の淫乱な姿を奴に・・・
妻 駄目!  おかしくなっちゃう・・・もっともっと見て! エッチな私の姿を見て~
私 そうだ! 正直になれ! 本心を言って見ろ
妻 私を犯して! 激しく大きなチンポで私のおまんこを犯して~
私 奴のチンポが欲しいのか! そうなんだな! 
妻 そうよ! 若くて大きな彼のチンポが欲しいの・・・

車内で発せられる妻の言葉に、彼はがものすごく興奮しているのが表情からはっきり読み取れた。
ちょっと度胸のある男なら車内へ入り込んで来るだろうが、彼は小心者でそんな度胸はない事位、私でも分かった。

この異様な状況に私もかなり興奮し、夢中で腰を突き上げていった。

私 うあ、で、でるぞ!
妻 出して! いっぱい出してちょうだい!
私 あっ、あっ、あっ

ドッピューと、今まで経験したことのない快感とともに私は妻の中に射精した。

妻 あっ、あああぁ あなたあー!

妻も射精と同時に逝った。肉穴がギューッと収縮し、身体全体がブルブルと震えている。
みると覗き屋の彼もちんぽをこちらに向けて射精していた。その顔が惚けたようになっている。よっぽど気持ちよかったのか?

妻も私も彼の存在の影響で、いつも以上に興奮し燃え上がっていた。

こんな事を繰り返している内に、妻以上に私も癖になっていく・・・。