お尻に中にしないでェ・・

妻は加奈子36歳、私は忍35歳。
子供は二人でごく普通の家族である。
子供も大きくなった為、最近のSEXが夜ではなく、朝方に行う事が多くなってきた。
それは夜だと妻の喘ぎ声が子供達を起こしてしまうからである。
だが流石に眠い。昼間は睡魔に襲われ仕事にならない。しかし快楽には勝てない。
9月に入ってもまだ暑い。この暑さが忍の快楽をさらに増幅させる。
ここはまだまばらな住宅街の為、隣近所も地主の方や団塊世代の方しかおらず、30代は私たちだけの為、色んな意味で可愛がれている。

その日、私は「暑いな、朝も早いし庭でしないか」と加奈子に言った。
流石に「あなた何考えているの、ありえない」と加奈子が怒ってその日は何も出来なかった。

確かにウチの庭は垣根で覆われているが、・・・見えるだろう。
しかしこの暑さで妻は負け、庭でした。

正常位で加奈子を抱いている時
「暑い、少し涼しい事をしよう」
「あ・・はぁはぁあんあん」
加奈子はイク頃だった。
「あああぁ・・・」
そして加奈子の意識が朦朧としているのを確認しそのまま抱き上げ外へ出た。

直ぐに気づかれてしまったが、
「かなぁ・・・かなこ~」と興奮のあまり声を上げていた。
「ちょっと、ふざけないでよ」
「ふざけていないよ。みんな寝てるし気持ちいいじゃん」

「動かさないで、ダメ・・・ん」
「すげぇヌルヌルだ」
私はこのままいけると思いペニスもいつも以上に膨張していた。

「あぁ・・・ん・はぁん」加奈子の声も出てきてキスをして声を抑えた。
「はぁはぁはぁ・・・違ういつも以上にかんじる」
「あぁんアン・・んああああああはぁもうダメぇ~きてぇ・・・きてぇ~」
と加奈子が私以上に興奮していた。

だが私も限界だった。無我夢中で我を忘れ声を出し
「加奈子ぉあああ・・・イクゥ~・・・」イキ果てた。膣内射精を迷わずした、10年ぶりだった。

・・・少し時間がたち、まだ5時前だった。
加奈子は完全に気を失って、返事をしなかった。

しかし興奮が冷めず私は勃起状態を維持していた。
「高校生みたいだな・・まだ若いなぁ」思い出し笑いをしていた。


「今の内に・・」加奈子に内緒で買ったローターを使うことにした。
実はネットでアナル用とピンクローターを購入し使うタイミングを狙っていた。

早速、加奈子のクリトリスに・・・と思ったが、
「やばぁ。精子が流れてくる・・・」と膣からアナルへ垂れて来た。

「我ながら凄い量だ・・」妊娠が頭をよぎったが、次の瞬間吹っ飛んだ。
加奈子のアナルに入れて見たいと・・・私のはスタンバイ。迷わず加奈子の両足を広げ、アナルに精液を塗りこんだ。

1本2本と指が入るが、起きる気配はなしゆっくりと加奈子のアナルに亀頭でほぐしながら、差し込んでいったら、みるみる中に半分入り、気が付けば根元まで入っていた。

膣とは違う締め付けがなんともいえない。また精液が丁度いい潤滑剤になっていた。
アナルの中でしばらく動かしていると加奈子が起き始めた。

「凄く気持ち良かったわぁ・・あなた、まだしてるの」
「あぁ興奮し過ぎて加奈子を犯していたよ」
「あ・・・あ・・れ? どこに・・いれ・の」
「加奈子のお尻の穴だよ」

加奈子は右手で確認してきた。
「いやぁ~抜いてぇ・・あ・・・・いぁあああ」
また確認した右手を見て
「・・・精子・・・ゴムしてないの。・・あ・・ん・・」
「してなかったよ。加奈子がキテと叫んでたから、こっちも興奮して・・・中に」
「まって。・・・今も・・」
「生のまま、これもしてみたかったんだ」とすかさずローターをクリトリスにあてた。

「なっ・・いあ・・・ああああはぁ・・」声を張上げていた。
「アナル痛くないね・・もっと動かしてイクよ」
「もう・・分からない・・・気持ちいい」
「やりたいようにするね」
「も・・う・・アツイキテキテ」

とアナルを締め付けて
「奥にだすぞ。イクぞ」
「きたたぁ・・・奥に・・・」と2回目の射精をした。

しばらくアナルに挿入したまま愛撫し、私のが落ち着いて来たのを確認した。
「お腹いたい?」
「少し、そろそろ抜いて」
「じゃ最後にイクよ我慢して」ともがく身体を押さえつけ、朝立ちならではの・・・
「やめてぇ・・おし*こ・・・・お尻に中にしないでェ・・」

もちろん止まらず長いおし*こだった。加奈子は直ぐにトイレへ駆け込んだ。