奥まで入ると絞め付けてくるおまんこ

学生の時に住んでたアパートは、2階建ての4部屋しかない木造の小さなアパートで、風呂も付いてない1Kの安いアパートだった。
ただ、アパートの前の建物の一階が小さな会社2階が大家さんが住んでいた。 
不動産屋に案内してもらい部屋を見せてもらうと、中は小奇麗だったのでその場で決めた。
すると「じゃぁ大家さんを紹介しときましょうか」と前の建物の2階へと俺を連れてあがった。
呼び鈴を鳴らすと中から「は~い」という声がしてドアが開くと30ぐらいの髪の長い女性が出てきた。

不動産屋が俺を紹介して、来月から入居する事を告げその場を後にした。
その後、不動産屋で手続きをして家賃二か月分と手数料を納めると、聞いてもいないのに、不動産屋が、
「大家さん旦那さんが亡くなられて今一人で住んでるから、少しでも多く入居してくれると安心なんですよね。でもお風呂もないし安いだけでは、なかなか入居してくれる人が居なくて」

「あぁそうなんですか?」

「それと、学生さんだから友達とか呼んで夜遅く騒がないでくださいね」
「は、はい、わかりました」

その後実家へ帰り親にアパートが決まったことを伝えた。
引越し日、電気屋が荷物を持ってくる前に一応大家さんに挨拶だけしておこうと大家さんの部屋の呼び鈴を鳴らした。

この前と同じく「は~い」と言う声とともにドアが開くとTシャツにミニデニムという出で立ちで出てきた。

この前は気が付かなかったが、Tシャツの胸元から見える豊満な谷間、ミニデニムから出た白く綺麗な太股
一瞬ドキッ!として言葉が詰まりながらも、「今日からお世話になります」

「こちらこそ、よろしくお願いします、どうぞ中に入って」と部屋の中へとよばれた。
さすが女性の住んでる部屋綺麗に片付いていていい匂いがした。

その日はお茶を飲んで少し雑談してから、大家さんにお礼を言って部屋を後にした。
雑談の中で、大家さんの名前は香織さんだということがわかった。とても気さくな優しげな女性だった。

それから数ヶ月何事もないまま時間は流れて夏休みは実家に帰り、懐かしい友達と遊ぶ日々、でもなんとなく気持ち的には早く香織さんに会いたい自分がいた。

親には早く帰って学校で勉強するからと言いアパートへと帰った。
地元のお土産を持って香織さんの部屋を訪ねた。
するといつものように「は~い」と香織さんの声
香織さんの声を聞くとなんとなく落ち着けた。

「池田さんお帰りなさい、実家でのんびり出来た?」
「はい、でも少しでも早く香織さんに逢いたいと思って早めに帰ってきちゃいました。はい、お土産」
「ありがとう、もうこんなおばさんつかまえて、うれしくなっちゃうじゃない」
「池田さんも食べて行って」
と台所へ向かう香織さん

白いタイトスカートに下着が薄っすらと透け、屈むとクッキリと下着が浮かび上がる。
後ろから抱きつきたい気持ちを抑えながらもお尻を凝視

「はい、どうぞ」
「ありがとうございます。これ地元でも結構人気なんですよ」
と地元で有名なケーキ屋のタルトレットを一緒に食べた。

帰り際に、「今日お風呂借りていいですか?」と聞くと
「どうぞどうぞ、使って、そうだ、お土産のお礼に晩御飯ごちそうするから食べに来て、何かリクエストある?」
「えっ?そんないいですよ」
「ううん、遠慮しないで、いつも一人でご飯食べてて寂しかったし、一緒に食べてくれると嬉しいなねぇ何がいい?」
「じゃぁお伺いします。でも何でもいいです。香織さんの得意な料理でいいですよ」
「えぇっ、う~ん?得意な料理って無いんだけど・・・プレッシャー感じちゃうなぁ」
「ははは、そんな深く考えないで、何でもいいですよ。好き嫌い無いから」
そう言って自分の部屋に帰った。

何度か女性経験はあるものの、自慢できるほどの経験ではなく、もしかしたらと言う思いもあって、薬局の中をウロチョロ
スキンを買おうか買うの止めようか悩みながら店内をグルグル、店の人から見たら多分丸解りなんだろうなぁと思いながらも意を決して、今日使わなくてもいつか使うだろうと、お菓子を数点カゴに入れてスキンを紛れ込ませレジへ

わざわざ店員が、スキンだけを黒い袋に入れてくれて、余計恥ずかしい気分だったが、会計を済ませさっさと店を出た。

時間になり香織さんの家へ
中から「鍵開いてるから入ってて、」と言われ中に入ると、エプロン姿で準備をしている香織さん。

なかなかエプロン姿もいいなぁと思いながらも、ズボンの右側に入れたスキンが妙に気になり何気に押さえてしまう。

机には色とりどりの料理が並び、
「すごい、こんなに食べれないなぁ」
「大丈夫大丈夫、池田さん若いんだから、このぐらい食べれるって
私も人のために料理するの久しぶりで、気合入れちゃったから」

二人で食事をして、お風呂に入る時
「奥がお風呂場だから、ゆっくり入ってね」
「ありがとうございます。じゃぁ」

湯船に浸かっていると、ドアの外から
「下着洗濯してあげるね」

びっくりして
「えっ?そんないいですよ。大丈夫ですから」
「気にしない気にしない洗っとくね」

そういうと外ではゴソゴソ洗濯機に水が溜まる音

「ズボンも汚れてるから洗ってあげるね」
えぇぇぇ~!!
いやそれは、マジヤバイ

「いいですいいです。本当にズボンは・・・」

絶対見られた。あぁ持ってくるんじゃなかった。
絶対軽蔑してるだろうなぁ。

「今日パジャマ買ったんだけど、着てくれる?お風呂から出たら着てね」
「あっ、は、はい」

お風呂からあがると、パジャマの上に持ってきた下着と、その横にズボンに入れていた財布と携帯と鍵とスキン。
あぁやっぱり見られちゃったなぁと思いながらも、

「ありがとうございます。気持ちよかったです」
「はい、どうぞ、お酒のほうが良かった?」
とジュースを出してくれて、

「いえまだ未成年なので、これでいいです」
「そうだよねぇ。私と20歳も違うんだぁショックだなぁ」

そうなんだぁ見た感じ30前後かと思ったが、もう30歳後半とは・・・
でも全然肌も綺麗で話し方も若い。

「そんなことないですよ、はじめ見た時20代かと思ってましたから」
ちょっと若目に言うと

「本当?嘘でもうれしいなぁ」
「池田さん彼女は?」
「いえ、いませんよぉ、香織さんは?」

「もぉこんなおばさん相手にしてくれる人なんて居ないって」
「そんな事無いですよ、僕なんてはじめ見た時すごく素敵な女性だなぁと思って、ずっと見てましたから」
「ありがとう、でも香織さんって呼ばれちゃうと、すごくおばさんに思われてるみたいで、嫌だなぁ」
「すみません、橘さんでいいですか?」
「えぇ~!なんか全然変わらない感じがするんだけど」
「じゃぁ香織さん?」
「うん、絶対そのほうがいい、お願い、これから名前で呼んで」
「じゃぁ僕も弘樹って呼んでもらっていいですか?」
「そっかぁ、そうだよね。じゃぁ弘樹さん、わぁなんか恋人どおしみたい」

俺の太股の上に手を置いて話す仕草に股間が硬直してスウットパンツがテントを張っていた。

太股に乗せた手を握り、香織さんにもたれかかるとお互い黙り込んだ。
そのままどれだけの時間が流れたのか、自然と香織さんの体がソファに倒れこむのか、俺が覆いかぶさるのか同時に二人重なり合い唇を重ねた。

服の上から右手で胸を揉みながら左手で太股へと伸びると
「待って、シャワー浴びさせて」

小さく頷くと
香織さんは、風呂場へと行った。
入ったのを見計らって、慌ててパジャマを脱ぎドア越しに

「僕も入っていい?」
「えっ?ダメ、恥ずかしいから待ってて」
「じゃぁ電気消すから」電気を消してドアを開け入った。
「もぉ、じゃぁ後ろ向いてて」
「えっ~体洗ってあげたいのに」
「そんなのいいって」

返事を聞く間もなく向き合いタオルを取り上げ

「ほら背中洗ってあげる」
半分諦めたのか「ありがとう」といって大人しく背中を向けて椅子に座った。
薄暗い中で肉付きのいい白い肌が浮かび上がり、背中を洗う俺
背中から前へと手を滑らせ胸へ、

「ダメ、前は自分で洗うから大丈夫」

振り返り抱きついてきて唇を重ねてきた。
大き目の弾力のいい胸が当たり俺の胸に香織さんの乳首の感触が伝わる。
唇の中に舌が入ってきて、舌を絡ませてくる。

舌の動きに下半身が反応して反り返る。
唇を重ねながらも硬直した息子を握りしごき始める香織さん。
柔らかい指が硬直した息子をしごくたび、発射しそうになり腰を引いてしまう。
重ねた唇を離すと「弘樹さんスキン持ってたでしょ」と。
ギクッやっぱりばれてたんだ。

「いつも持ってるの?」
「ち、ちがうよ、お、香織さんと・・」
「香織さんでしょ」
「香織さんと出来たらなんて、ゴメン」
「うぅん、嬉しいの、女性として見てくれて、ありがとう」

言葉が終わるや息子が我慢できなくなって大量発射。
香織さんの太股と手にザー汁が飛び散りベットリとかかった。
発射しても元気な息子を見て、「もうすごく元気なんだから」
シャワーでお互い流して、風呂場から出て寝室へ

胸を舐め股間へと手を伸ばし陰毛を掻き分けおまんこへ指を這わせると、ジットリと濡れて指に絡まるマン汁、声をあげ感じる香織さん

顔を股間へと運び、クリを刺激しながら舌で舐めおまんこへ滑り込ませると、俺の頭を股間へと押し付けながら声を上げる。

両足を肩に乗せ抱えながら指マンで掻き回しながらクリを甘噛みすると、一気に感じてマン汁が・・・
溢れ出たマン汁を口でうけながら吸うと、抱き寄せられて無理やり唇を重ねてきて唇に付いたマン汁を舐めるように拭き取る香織さん。

我慢できなくなり、スキン付けることも忘れそのまま挿入
久しぶりの肉棒のためかキツめ

奥まで入ると絞め付けてくるおまんこ。意外と奥が浅いためか子宮に当たる。
子宮に当たるたび体を痙攣させながら声を上げたと思うと一気に果てた。

大学4年間、香織さんには大変お世話になりました。
地元に帰っても良く遊びに行っていたけど、僕の事を思ってか香織さんのほうから別れを告げてきて、別れることになりました。