幼馴染と青臭くて照れ臭いエッチな体験

ふむ。盛り上げるタメに俺の青臭くて照れ臭い体験でも書こうか?

幼馴染、顔はよく言えばゴマキ。
悪く言えば・・・ワカンネ。

話はお互い17歳の頃。
その頃、相手の両親が離婚やら高校やめたとかでしばらく会ってなく、半年ぶりくらいに会うことに。

[adrotate group=”1″]

つっても、お互い面倒くさがりなもんだから俺んちに集合した。
家族は居間にいたけど気にせず俺の部屋に行って話してた。

俺はベッドに腰掛け、相手は床。
名前もユカ。

普通に談笑しつつ、普段あまり話さない性的な話に。
初体験はちょい前によく知らない男とカーセックスしたとか聞いて、なぜか嫉妬。
一発だけかと思いきやそれから数ヶ月セフレだったそうな。
俺とはしてない癖にな~とか思ってたら言葉に出てたらしく、微妙な雰囲気に。
なぜか悔しい気持ちがあった俺は「キスだけなら平気じゃね?」とか「おっぱいだけさわらせれ!」とか言った気がする。
パニくって・・・。

んでまあ、俺の情熱が通じたのか「別に平気だけどさ」みたいな感じになって、「キスしてみっか!」てな感じに。

んでベッドに二人並んで座る。
肩を引き寄せてキス。

離れて、「はい終わりー」とか言われたが、そこは思春期な俺。

俺にのみスイッチが入る。
もう幼馴染とは見てなく性の対象になってたな。
無言のまま、またキス。
舌をいれても歯ガード。
抱き寄せたまんま耳責めたり、首責めたり。
してたら、「んっ・・・んっ・・・」てな感じの静かな喘ぎを聞いて、たぶんそこらへんでセックスを意識してたのかもしんない。
相手も。

またキス。
舌を入れるとヌルヌルした舌と絡んだ。
その舌がすごい。
なんていうんだか、今までになかった感じだった。
柔らかくて物凄い興奮したのを覚えてる。
相手が幼馴染だって事なんか忘れて何分かキスして、服の上から体をさわったり、「おっぱいちっさー!」て感じた事もよく覚えてる。

「明るいよ・・・」みたいな事を言われて、すぐ電気をけして。

始まる。

キスしたりしつつ、手を後ろにまわしブラをかっこよく片手で外す・・・つもりが前にあって両手でカチって開けた。
相手が。

暗くて乳首の色とかはあんまし見えなかった。
てかその辺は忘れた。
ブラって前でも開くって事はそこで知った。
舌でなぞったりしたと思うが、その辺も興奮しすぎて頭真っ白でとにかく相手に欲情。
幼馴染は「アンアン」言いまくらず、終始「んぅっ!」とか「ん、ん」て感じてたな。
相手が俺ってのもあって曝け出せなかったのかも・・・。

んで、幼馴染のジーンズを少し強引に脱がして下はパンツだけになった。
付き合ってるとそこでキスしてたりするんだろうけど、なんか気恥ずかしさがあってなんとなく無言だったなぁ。
少し落ち着いてきたりして、なんだかホントなんとも言えない雰囲気だったと思う。
でも、俺だけかもしんないけど、いつも家族的な幼馴染が俺で感じてることに違和感のあるエロを感じて、ハァハァしてた。
マンコをどういじったかなんて忘れたが、いじってる時にプーンと一瞬臭かったな。

挿入の時、ゴムはしなかった。
別に生でしたかったわけではなく、ゴムが無かったからだと思う。

正常位で始めだした。
お互い裸じゃなくて、俺はシャツのみ、幼馴染はオッパイの上までシャツが捲りあがってた。
暗い中でも目が慣れたせいか、幼馴染がずっと顔を横に向けてるのが分かったりした。
動くとやっぱり静かに喘いでた。
たまに口に手当てて声を我慢してたり。

声出させたい・・・てか、出してほしくて「バックからいい?」ってなって体位変える。

一回チンコ抜いて、幼馴染が尻を突き出す。
その尻の出し方というか、尻の形が超エロイ。
ほんと突いてって感じの姿勢。

その尻みてかなりムラムラしちまって、「いれて欲しい?」って何回か聞くと、ちょっと怒った感じに「うん!」て。

バックで奥まで入れる。
尻を鷲掴みにして激しくしたら声が結構でてきた。

「あっ、あっ、たっ、急に早い・・・っうぅっ」みたいな感じになってて、さらに続ける。

もっとちゃんと体が見たくなって、突きながら手をのばして電気を豆電気だけ点けた。

途中明るくなった時、幼馴染は焦って「電気!」みたいな感じになったのが萌えた。
少しだけ明るくなって、アナルが綺麗な事に気付く。

アナル好きな俺、チンコ抜いてアナルを舐めだす。

急に舐められて「ダメ」って言いながら俺の腕つかんだりしたけど、体よじったりしないからそのまま舐め続ける。
そのうち大人しくなって、アナル舐めにピクっピクって体が反応してた。

それでそのままバックで挿入。

激しく突いてたらそのままイキそうになって・・・

「やばい、いく、ケツにかけていい?」
「ん、いい、よぉ」

・・・ってな感じに、思い切りアナル狙って射精。
かなりの量が出て、興奮してたんだなって思った。

かかってる精子をバックの体勢のままティッシュで綺麗にして、一声かける。

幼馴染はすぐ布団にくるまって顔だけ出して、俺がチンコ拭いてるのを見ながら「でかいからっ」とか言われたりで、普通に和んだ。

事が済んだ後、別に抱き合ったりとかは全然なくて、「やっちったよ」とか言ったりして、妙に照れ臭かった。



PAGE TOP