小学校6年の時に童貞を捨てました…

僕は小学校6年の時に童貞を捨てました。
相手は同級生の女の子で、明るくかわいい子でした。
家が近所だったこともあり、よく一緒に遊びました。
でも、恋人として付き合っているという感じではなく、あくまでも友達でした。
以前、彼女の家に遊びに行った時には、彼女のお兄さんの部屋にこっそり入って、
隠してあった裏ビデオを見たりしたこともありましたが、それを彼女としようなんてことは、それまで考えていませんでした。

彼女は親の転勤で、引っ越すことが決まっていました。
卒業式が間近に迫った3月のある日、僕は、彼女の家に遊びに行きました。彼女の
お母さんは出かけていて、家には2人きりでした。
僕たちはゲームをしたりマンガを読んだりしていました。
その時彼女が「もうすぐお別れだね」と言ってきました。
そして「ねえ、私のことどう思ってるの?」と聞かれて、僕は「どうって?」と答えました。
そして「私のこと好き?」と真剣な顔で聞かれて、思わず僕は「もちろ
ん」と答えました。彼女はうれしそうに「じゃあ私達、恋人同士ね!」と言いました。
彼女は「ねえ、恋人同士ってどんなことするか知ってる? 

あのお兄ちゃんのビデオと同じことしよう」と言ってきました。
僕は、あの時見た裏ビデオはすごくショックでよく覚えていました。
僕たちは抱き合ってキスをしました。
キスと言うよりチュウと言ったほうがいいようなものでした。
それから、彼女のベットに横になって抱き合いました。
彼女のシャツを脱がせて、ふくらみかけたオッパイをさわりました。
乳首を舐めると彼女は「あっ」と反応しました。
スカートとパンツを脱がしアソコをみると、ビデオの女の人の黒ずんだアソコとは違って、
ピンク色をしてとてもきれいでした。


指でふれてみると、彼女は「ああっ」と声をあげました。舌で舐めると、しょっぱい味がしました。
彼女は「そこが、おちんちんが入るとこよ」と教えてくれました。
僕も服を脱ぐと、彼女は僕のおちんちんをさわってきて「ビデオと同じことしてあげる」と言うと
おちんちんを舐め始めました。僕のおちんちんは、かたくなって、いい気持でした。
僕はすぐに射精してしまいました。彼女は、口で受け止めると、ティッシュに出しました。
そしてすまなそうに「ごめんね、飲めなかった」と言いました。
僕は彼女を抱きしめました。すると、またおちんちんがかたくなりました。

僕は彼女のアソコにおちんちんをあてがって、入れようとしました。
先っぽしか入らず、彼女は痛そうな顔をしました。
僕が「大丈夫?」と聞くと、「大丈夫だからきて」と言いました。
僕が、ぐっと腰を入れると、おちんちんが全部入りました。
それから僕はビデオのように腰を動かすと、とてもいい気持でした。
彼女は苦しそうでしたが我慢してくれました。
射精しそうになると自然に腰の動きが速くなって僕は彼女の中に射精しました。
彼女は泣いていました。「痛かった?ごめんね」と言うと「痛かったけど、うれしかった」と言ってくれました。
僕たちは裸のままずっと抱き合っていました。