じゃあ俺がオナニーしてるみたいにやって!

中1の頃、俺は剣道部に所属してた。
別に剣道なんてまったく興味は無かったよ。
最初はテニス部に入部してたんだけど、テニス部ってのが不良の多い部活でな、
俺は不良の先輩たちと喧嘩してテニス部を3ヶ月くらいで辞めたんだ。先輩達にボコボコにされてね・・・。
で、これで晴れて帰宅部だー!。・・・なんて思ったのもつかの間。
担任の教師が「中学では部活に所属しないと駄目だ!」って俺に言ってきやがった!

それで仕方なく、同じスポーツ部で何かいい部活は無いかと思って調べてたら、剣道がたまたま目に入って入部したんだよ。

剣道部はテニス部と違って男の先輩がいなく、2学年の女が2人(部長と副部長)。俺と同学年の男3人と、女が4人だけだった。
俺は少し経ってからの入部だったし、ましてや剣道初心者だから剣道基礎すらわからなくて顧問の先生にマジでシゴかれた。

恥ずかしい話あまりの厳しさに泣いたね。顧問からしてみれば、俺はスポーツ部を簡単に辞めてきたヘタレ野郎だったから。
部活時間が終わっても一人だけ残されて、顧問の厳しい練習・・・本当に毎日が地獄だった。(今思えば体罰じゃん)

そんな俺に優しい声をかけてくれた人がいた。剣道部の部長だ。
部長は毎日ビシバシとシゴかれてヒィヒィいってる俺をの事を、気の毒に思っていたらしい…。

中学の頃の俺は意外とクールで他人を「どーでもいい」と思っていた。親しい友達以外は名前すら覚えなかった。
だから剣道部に入部した時も、自己紹介はナメ腐った態度で紹介し、もちろん部員の名前なんて一人すら覚えようとしなかった。

そんな俺にやさしい言葉をかけてくれた部長(理恵さん)・・・なんか後頭部をバットで思い切り殴られたような衝撃が走ったのね。
俺の人生観が変わった瞬間でもあった。それからだよ人の話をちゃんと聴き、礼儀を覚え始めたのも。

理恵さんは剣道初心者の俺に、一生懸命手取り足取り教えてくれた。俺も理恵さんの気持ちに応えようと必死だった。
だけどまだその時は、理恵さんの事を「尊敬できる先輩」としか思ってなくて、決して気にする存在ではなかった。(理恵さんは女なのに剣道は地区の中でも凄く強い方で、10年たった今でも勝てないと思う)

理恵さんと親しくなり始めて部活に行くのが毎日楽しみだった。
ある時、部活に遅刻してきた俺は顧問に罰として「素振りの練習を道場の隅で見てろ」と言われ、渋々道場の隅でみんなの素振りを見てたんだよ。

で、初めて理恵さんの素振り姿を見て思った「よくみりゃ先輩可愛いし、胸でかいじゃん」と・・・
素振りする時に腕上げるよな?そうすると胸を張る形になるから強調されて胸の大きさがわかるんだよ。

初めて理恵さんを異性として意識したね。理恵さんは剣道やってるせいなのか、いかにも礼儀正しく清楚って感じだね。美人だし。
帰ったらその目に焼きついた理恵さんの胸をオカズに10回はオナニーした。まさに猿。理性など無い。

入部から一ヶ月程経ったある日、俺はいつものように道場にいったんだけど、来た時間が早かったせいか誰一人として来てなかった。

独り言で「あ〜暇だなぁ〜顧問死ねばいいのに〜」とか言って、ジャージ姿で道場でゴロゴロしてたら、
後ろからいきなり「あれ?雅人君(俺)一人?みんなまだ来てないんだ」と声をかけられ、驚いて振り向いたら理恵さんがいた。(どうやら更衣室で着替えてたらしく袴姿だった)

俺「理恵さんも一人っスか?副理恵さんは?」
理恵「なんか気分が悪いらしくて、今日学校休んでたよ」
俺「へ〜あのゴリラがねぇ〜」
理恵「こらぁ〜!先輩でしょゴリラとか言わない!」
俺「すんまそん」

当時童貞だった俺は、意識し始めた先輩と二人きりなんて状況に冷静でいられるはずが無く、他愛もない会話をして気持ちを落ち着かせようとしてた。
で、緊張して恥ずかしいから先輩の顔をなるべく見ないように窓際へ移動し、窓から上半身を乗り出して「みんな遅いなぁ、まだかよ?」と言うと、理恵さんも「みんな遅いね〜」と言いながら俺の側に来たんだ。
もう心臓の音が理恵さんに聞こえるんじゃないかと思うほどドキドキだった。

無言で外を暫く眺めてて、そろそろ道場内に引っ込もうとした時、俺は右手に竹刀を持っていたんだが・・・なんか違和感を感じたんだ。
俺は窓の外に上半身を乗り出してるだろ?竹刀を持ってる右手は窓枠の・・なんていうのかな?レール?の部分にのっけてたんだけど、道場内に入れようとした竹刀の先が障害物にあたって引っ込められない。

あれ?っと思って、何回かぐいぐい引っ込めようとしたんだけど、やっぱり引っ込められない。
振り返ったら何で引っ込められないかわかったよ。傍にきてた先輩の胸に、竹刀の持つほうの先端があたり引っ込められなかったんだ・・・
童貞チキンで慌てた俺は即効目をそらして、何事も無かったかのように振舞ったね(情けね〜)

そしたら理恵さんが「私の胸が邪魔してた?。ごめんね」と言ってきた。すかさず「い、い、いや。邪魔じゃないッス。す、すんません」と、なぜか謝る俺。
ただでさえドキドキしてるのに、心臓が破裂するかと思ったね。
極限の緊張のせいか「あ、はは!先輩の胸でけ〜」なんて普段は絶対に言わないようなジョークまで言う始末。

理恵「・・・」
俺「ぁっと・・(は、はやくこの場を逃れたい!)」
理恵「ねぇ」
俺「はィ?!」
理恵「雅人君は彼女いるの?」
俺「ぇ!?か、彼女?!い、いたけど別れました!今はいないッスよ!」

めっちゃ嘘ついた、童貞な俺は女と付き合った一度も事もない。ましてや中1だ。そして嘘はこれだけではすまなかった。

理恵「そうなの?」
俺「うん。そいつ転校しちゃって分かれる事になったんだよね!」
自分でも可笑しいほど嘘がぺらぺらとよく出てくる。
理恵「可愛そう〜」
俺「し、仕方ないッスよ転校だし・・」
理恵「うん・・・だねぇ〜」
俺「あ、理恵さんは彼氏いないんスか!?」
理恵「いないよ〜ふられちゃったしね」

関係ないのに親身になって聴く俺。暫く傷の舐めあい・・と言っても俺の話は嘘なんだけど・・
あたかも自分も付き合っていた事があって、恋愛の経験者みたいな振りをした

俺「新しく彼氏作らないんですか」
理恵「うーん・・・」
 「ねぇ・・」
俺「なんスか?」
理恵「雅人君はその女の子と。エッチとかしちゃったりした?」

耳を疑ったね。嬉しいし恥ずかしいで頭は真っ白にちかかったけど。
やっぱこの頃ってエロイ話に男女問わず凄い興味のある年頃じゃん。だから俺とか理恵さんも凄い盛り上がっちゃって。

俺「や・・・えっと、本格的なのはないけど。フェラって奴はあるかな!」
 
またしても嘘をつく俺。

理恵「なにソレ?」
俺「女の子が男のココをアイスキャンディーを舐めるように舐めるんだよ」
理恵「あはは!なにそれー!」
俺「エロ本見た時に書いてあったッス」
理恵「雅人君もえっちな本とか見るんだ?」
俺「男ッスから」
理恵「ふーん、ねぇねぇ〜男の子のここってどうなってるの?」

ここまできたら俺の中にはもう確信というものがあった・・・。
この流れは・・このままいくと先輩と、理恵さんとエッチな事できると!。
この時、俺は一刻もはやく理恵さんとエッチな事がしたくて頭が一杯だった(マジ性獣

俺「理恵さん。俺のここ見たいッスか?」
理恵「うん。あ、嫌だったら別にいいよぉ」

この機を逃しちゃいけない!そう思った俺は即答だった


俺「見せてもいいッスよ。別に減るもんじゃないし」
理恵「本当!あはは、どうなってるんだろ〜」
俺「ただ道場内はみんながきたらヤバいから別の場所でみせるッスよ!」
理恵「更衣室は?」
俺「道場内はマズいって!更衣室も同じッスよ!!」
理恵「じゃあ、、、どこにする?」
俺「ついてきて」

俺は一旦外に出て、理恵さんを道場裏に連れて行った。
もともと剣道場は校庭の隅にあるので、そのまた裏は絶対に人が来ないと思ったからだ。
外は夏って事もあって蒸し暑かった。

俺「あ〜ちょっと恥ずかしいかも」
理恵「あはは、はずかしい〜?」
俺「じゃ、みせるよ」

俺の股間にぶらさがっているついている愚息はもうジャージの上からでもわかる位、はち切れんばかりだった。
俺は中1だったがすでに包茎ではなく、14cmほどの大きさを誇ってた。
先輩を俺の股間の辺りに座らせ、俺は一気にジャージとパンツを一緒に脱ぎ捨てた。なんで脱ぎ捨てたか?だって下半身裸の方が興奮するじゃん。

瞬間、ブルンッと怒り狂った愚息が理恵さんの顔の前に躍り出た。理恵さんは少し驚いて「うわぁ・・」とか「凄い・・」とか言っていた。(この時、理恵さんは愚息には触れなかった)
まあこの時すでに俺は次の手を思いついていたんだけどね。
脱いでから2〜3分ほど観察されただろうか、俺は下半身裸のまま理恵さんに言った。

俺「俺、、先輩のアソコ見たいんスけど・・・」
理恵「えー!ムリムリ!」
俺「え、、、俺見せ損?」
理恵「だって雅人君が見せてくれるって言うから・・」
俺「ひどいよ〜俺、先輩の為にこんな恥ずかしい思いしてるのに・・・」

と、ちょっとスネた感じで言うと。理恵さんが

理恵「・・・」
俺「(ワクワク)」
理恵「誰にも言わないって約束してくれる?」
俺「言わない言わない!絶対誰にも言わないッスよ!!神に誓う!」
理恵「・・・うん。わかった。・・誰にも言わないって約束だよ」
俺「約束する約束!」

もう俺は必死だった。でも、ついにこの時がきたか!!って感じだったね。。
だって憧れの理恵さんの裸が見れるんだぜ?性に興味のある中1で、上手く行けばエッチもできるかも知れない
男ならわかるだろ?この時の俺の興奮がどれほどのものか。今じゃ味わえない新鮮な感覚!
女の・・・しかも憧れの女の体なんて神秘そのものだったからね。

下半身裸で立つ俺と愚息の傍ら、袴の帯を解く理恵さん・・・たまらん。そうそう、袴は男が紺色。女は白と決まっていた。
理恵さんは帯を全部解き、後は袴から手を離したら袴がストンと落ちる状態になってた。「やっぱり恥ずかしいよぉ」と顔を真っ赤にして言っていたが、ここで引いたら男じゃない!

俺「どうしたッスか?はやくはやく(涎」
理恵「わかったから」

理恵さんは少しためらってから袴から手を離し、水色と白の横線が入った下着を露にした。
想像してみろ。夏の暑い午後、誰も来ない静かな剣道場裏で自分はバキバキに勃起させたチンコをだして、一個上の先輩を脱がせてるんだぞ。

じゃあ脱ぐね・・・理恵さんは下の下着を脱ぎ始めた。目の離せない俺!
理恵さんと俺は二人とも下半身裸になった。理恵さんをコンクリートで出来た所に座らせ、足の内腿を持ちグイッと上げてM字に開脚させた。理恵さんは目をギュッと閉じてたよ。

初めてみる女のアソコに頭がクラクラした。理恵さんの陰毛は・・・まあ今思えば「並」
自分でも笑っちゃうくらい鼻息を荒くして理恵さんのアソコに魅入った。
俺も理恵さんのアソコを一折観察してたね。

理恵「凄い恥ずかしい・・・」
俺「理恵さんのココってこうなってるんだ・・・」
理恵「あんまり見ないでよ。恥ずかしいんだから」
俺「俺だって恥ずかしいッスよ」
理恵「・・・」

俺は理恵さんの足から手を離すと次にこういった

俺「胸がみたいッス」
理恵「うん・・。いいよ」

案外あっさり承諾した。そりゃそうか、アソコ見られるより胸の方が抵抗少ないもんな

今度は俺が理恵さんの上に着ている胴着を脱がせることにした。もう帯は外れているので、後は左右に開くだけだ。
思い切って胴着を開いた。理恵さんは夏と言う事もありノーブラだった(胴着に下着をつけるのは邪道らしい)

理恵さんは上記にも書いたが、ジャージや胴着からもわかる位結構胸がでかかった。
しかし理性が崩壊しかけてる俺は、理恵さんの承諾無しに胸に手を伸ばし弾力を確かめた。
理恵さんは目を閉じたままで何も言わず抵抗もしなかった。

俺はお構い無しに、両手で鷲掴みをしたり乳首をくすぐったり吸い付いたりした。
「んっ・・・」理恵さんはか細い声で喘いだ。
理恵さんの腕を掴み立たせると、俺は抱きついた。抱きつきながら乳首を舐めたり吸ったり、理恵さんにキスしたりした。

当時の俺は拾って来たエロ本が性の教科書だったので、俺はエロ本の通りにやってみようと思った。
再び理恵さんを自分の愚息の前に跪かせ、勃起した愚息を理恵さんの鼻先まで近づけ「舐めて」というと理恵さんは「うん。」といい愚息の先端を、舌先でチロチロと舐め始めた。

その後、愚息に対して抵抗が無くなったのか舌全体を使い恥ずかしながら舐め、
しかしそれで満足しない俺は今度は「咥えてよ」と調子にのった。
理恵さんはまた「うん」とだけ小さく言って、ようやく俺の肉棒を咥え込んでくれた。

当時の俺はそれで十分気持ちよかったが、今思えばやはり初めてだけあって舌使いがぎこちなかったね。

俺は理恵さんの頭を掴んで固定し激しく腰を振った。先輩は「ぐっ」と唸ったが、気にせずふり続けた。(今思えば俺が気持ちよくなりたいが為にひどい事を。)

イキそうになったので振るのをやめ。今度は俺が理恵さんのアソコを舐めてあげようとしたが、理恵さんが「恥ずかしいし。それだけはダメ!」と頑なに拒むので諦め、手マンをした。
その頃の俺はエッチな事はそんなに詳しくはしらないので、手マンっていっても中指一本だけというダメっぷりだ。。

すでに理恵さんのアソコは湿っていて、指に力を入れたらすんなり入った。
しかし中指にある所まで入れようとすると、理恵さんがしきりに痛がるので奥までは入れなかった(今考えると処女幕か?)

俺はもういてもたってもいられず、ここに愚息を入れさせてとお願いしたが。理恵さんは「それだけはダメ!今はダメ!お願い」と拒否され、
考えた俺は「じゃあ俺がオナニーしてるみたいにやって!」といった。

理恵さんは「よくわからないけど。入れないならそれでいいよ」と承諾してくれた。再度理恵さんの前に愚息を光臨させ、「これ、どうやるの?」と聴かれ、
「俺のチンコをこうやって優しく握って、白い精子ってのがでるまで上下にこすり続けてくれればいいよ」と笑って返答した。

先輩の暖かい手のひらでシゴかれている内に、俺の愚息は先っぽから我慢汁を出し始め、
それがピストン運動をしている理恵さんの手の平につき「透明なものが雅人君のおちんちんの先から出てる・・」「手の平がヌルヌルする」という言葉がきっかけで俺は絶頂を迎える事となった

イク寸前すぐさま俺は理恵さんに「両手出して水をすくう形にして!これが男がイクって事だから!俺が精子出す所ちゃんと見てて!!」と肩で息をしながら叫んだ。

水をすくう形になった両手の平に俺は、理恵さん本人に見られてるって事や、憧れの先輩とのエッチな事も重なって、普段じゃ絶対に出ないような精子の量を理恵さんの手の平に射精した。
指の間から零れた俺の精子が下のコンクリートにトロ〜って垂れた。

先輩も初めて男性の精子を見たらしく凄い驚いた表情をしてたっけ・・・