お母さんの友達で英語の家庭教師しているおばさんと初体験

今日初体験したよ
相手はお母さんの友達で英語の家庭教師しているおばさん
本当なら何時もお母さんがいるのに今日はお母さんは留守で
おばさんと2人だった
何時ものように部屋で勉強してる時
おばさんが僕の側に居て教えてる時横を見ると
ブラウスのボタンが開いてて見ると胸の肉とブラジャーが見えてた
つい僕はおばさんの胸に見惚れてるとおばさんに気づかれて
「何処見てるの?」
「別に何処も見てないよ」
「うそ、おばさんの胸見てたでしょ。正直に言いなさい」

「ごめんなさい、見てました」
するとおばさんが「女の人の胸見た事ある?」
「ないよ、お母さんのなら有るけど」
「おばさんの胸見せて上げようか?」
「本当に?見せてくれるの」
「好いわよ、その代りケンチャンのおチンチン見せてくれる」
「でも恥かしいよ」
「おばさんだって恥かしいわよ、でもケンチャンになら見せて上げるわ」
「うん、判ったよ」

僕はおばさんの前でズボンを脱いだ
するとおばさんが僕のパンツに手をかけてパンツを脱がした
「皮被ってるんだ、でも中学*にしては大きいね」
僕は恥ずかしそうにしてるとおばさんチンポを握って
皮を剥いて手で上下に扱き出した


僕のチンポは直に大きくなりおばさんはニコニコしながら
手の動きを早くして僕に「気持ち好いでしょ?」
「おばさん、僕出ちゃうよ。我慢できない」
その瞬間射精してしまい飛び散った精子がおばさんの顔に掛かった
おばさんはビックリした顔で「元気好いわね、顔に掛かったわ」
そう言いながら顔に掛かった精子を指ですくいとり
口へと持って行って舐めていた

そして今度は自分から服を脱いだおばさんは僕に胸を触らせたり
乳首を舐めさせたりと色々言われて僕はおばさんの言う通りに
身体を触ったり舐めたりした

そしておばさんパンツを脱いで僕におまんこを見せると
そのおまんこを触らせた後舐めるように言われて
気持ち悪かったけど僕は一生懸命おばさんのおまんこを舐めた
おばさん、上手よとか気持ち好いわとか言って僕の頭を押え込み
離そうとしない

僕の顔はおばさんのお汁でビチョビチョに濡れてた
そしておばさんが大きな声を出して身体をピクピクさせてた
その後おばさんは足を広げてここにチンチン当てるのと言われて
言われるままにチンチンを宛がいゆっくりと押し込むと
チンポはおばさんの中に入って行きヌルヌルした感触で
中は暖かく気持ち良かった

僕は腰を動かしたけど直に中に射精してしまった
するとおばさん僕のチンチンを口に咥えフェラして立たせると
今度はおばさんが上から跨りチンポを挿入した
結局僕はおばさんの中に5かいも出したよ