ヌプヌプと音を立てて私の中を刺激する・・

私が20歳、弟が15歳で、弟は高校受験の真っ最中の時。
私らは結構仲良くしとって、一緒に買い物なんかにも出歩くぐらいやった。
ちょうど夏の暑い夜、お風呂から部屋に帰る途中、夜中になっても部屋の電気がついとったんで、「がんばっとんな~!!」なんて言いながら弟の部屋に入ってみた。
すると、弟は「お姉ちゃんこそこんな遅までなにしよん?」とか何気なく言い返しながら、机の引き出しになんか隠しよった。
漫画でも読んどってんやろと思い「漫画なんか読まんと、はよねぇや~」みたいなこと言った。
そうしたら「お、おお・・!そうやな!!」と言う。これはおかしい!もしやエロ本か?・・・でも、弟も年頃やし、正常正常と思いながら自分の部屋に入った。

でも私の心境はだんだん複雑になってきて、どんな顔して見とってんやろとか、エロ本見ながらシゴきよんかなとか考えとる間にどんどんモヤモヤしてきた。

私はアカン!なにを想像しとんと、妄想族を追い払いつつ、無理矢理寝ようとしとった。
そのとき、ドアをコンコン・・とたたく音がして弟が来た。

「なに~?」と、ベットの中から振り返りもせずにいうと、「姉ちゃん、俺今、ホントはエロ本読んどってん・・・」と言う。やはりそうやったか!気づいとるわ!・・・で?ってか、なに報告しに来とんねんこいつとか思った。

「そうか、よかったやん。おやすみ~」と、わざと何もないように答えると、弟の口から思いも寄らない言葉が出てきた。

「そんでな、俺、胸とかさわったこと、無いんよ・・・。」
「もし、いやや無かったら、さわらしてくれへんかなと・・・」
「はぁ?そんなんイヤにきまっとるやん!!」
「あほなこと言わんとはよ寝ぇ!」
「おねがい!な!?頼むわ!一瞬!一瞬でええから!」
「あほか!」
「姉ちゃん、頼む!一生のお願い!」

こんな感じで「いややってばぁ!」という争いが続いて、内心はドキドキやったんやけど、まさかすぐにOKするのもいややって、私も相当ごねたんやけど、弟はかなりしつこかった。

だから私は「そんなら、一瞬やで・・」と言って触らすことにした。
弟は始めはためらいがちに、そのうち覆い被さるようにして、だんだん強い力で揉んできよった。

私は、さっきまでの妄想のせいか、気持ちよくなってきてしまい、声を抑えるのに必死やった。
「・・・もう、いいやろ・・・?」と息を殺して言うと、「姉ちゃん・・・、感じとんか?」と耳元で言われ、あろう事かマジで感じてきてしまった。

「なに言いよんの・・そんな・・・あぁっ!」
「おまんこも、ええか?」
「アカンよ、約束とちがう・・・」

そんな流れで、そこまで言うと、弟は無理矢理下着の中に手を入れて、割れ目の辺りを指先で探ってきよった。
弟は、私の足の間に自分の足を挟んで、太股に股間こすりながら「姉ちゃん、おれ、もう我慢でけへん・・」と言い出した。

おいおい!お前!・・ってか、私!とパニクリつつ、理性が薄れて行く自分が情けない・・・。
「姉ちゃんやで?・・・あんた初めてやろ?・・ええの?・・・んっ!」と、説得力のかけらもない気休めを言っては見たが私ももうとめられんかった。

弟の指は私の割れ目を、なれない感じで行ったりきたり・・・。

「どこがキモチええの?・・めっちゃ濡れとんで・・?」
「そんな恥ずかしいこと・・聞かんとってよ・・・」
といいながら、弟の指を栗に導くわたし」
「このコロコロしたのが、いいんか・・・?」
「は、はぁ・・っ!そんなに強くしたら・・んっ!」

私は弟のが思ったより大きくカチンカチンに勃起した股間を手で優しく触ると、弟の指は私の中に・・・。

「姉ちゃんの中、ヌルヌルしとる・・・。」
「アカンよ!そんなしたら・・・」
「かきまわさんとって!・・・こっからはアカン!」

そんなこと言う叫びもむなしく私の体は、確実に弟を受け入れとる・・・。

「・・・ゆう!こらっ!アカンってばぁー!」
「もう・・・止められんくなってもうた」
「姉ちゃん!ハァハァ・・・入れるで・・・?」
「それはいやや!あ、ああぁっ!アカンてぇ・・・んんっ!」

私は一応は渾身の力で抵抗はしてみたんやけど、どうにもこうにも押さえきれず、弟に身を任せてしまった。
そんとき、ふと我に返って大事なことを思い出した。

「まって!ゴムせんと・・・!」
そういって彼氏の買ってきよったゴムをベットの横の引き出しからとり、弟に渡した。
「こ、これ、・・・どうつけんの?」
童貞の弟はコンドームも初めてやったらしく、私が付けてやった。

「も・・もうええか・・・?」と言いながら門をさまよっとる弟の根本に手を添え、入り口に導いて、「ゆ、ゆくっくりやで・・・!あっ・・!」と言うと、弟のモノがゆっくりと根本まで入って、私の奥の方まで刺激する。

「姉ちゃん・・あったか・・い・っ!」
「んっ・・はぁっ!すごっ・・・い・・!あぁ・・!」
「め・・めっちゃ気持ちええ・・・!」
「んっんっ・・ハアハア・・・」

弟は眉間にしわを寄せて、もう限界ギリギリって感じで、でも一生懸命慣れない腰つきで突いとった。
私は仰向けで、正常位の形で乗っかる弟の腰をつかんで前後し、弟の動きを助けていた。

「イッてもええよ・・・我慢せんと・・・イキや・・・んっ!」
「姉ちゃん・・は?・・・イかんの・・?・・」
「気にせんと・・・きもちええから・・・な?」
「・・・ハァハァ・・あっん・・」
「もう・・・でそうや・・ハァハァ・・・」
「あんっあんっ!イキや・・・んっんーっ!」
「ねえちゃん・・・ハァハァ」
「もう・・ハアハア・・アカン!出る・・!ううっ!」

弟は上半身をびくびくさせながらその夜の一回目の絶頂を迎えた。
それから、弟のゴムをとってあげて、きれいにティッシュで拭いた。さすが若いだけあって一向に小さくならんかった。

なんか照れくさくて目を合わせんようにしとったんやけど、弟がぼそっと
「姉ちゃん・・・ごめんな、俺ばっかり・・・。」
なんて言いよった。
「ええよ・・そんなんべつに・・」
とまだ息切れ混じりで言うと、
「俺、まだいけるで・・・?もうちょっと・・・せん?」
と言い出した。

私は「なに言いよんの・・・」こんなこと言いながらも、一回したらまんざらでもなかった。
すると、弟は私の股に手を伸ばし、割れ目をヌチュッとなぞると、「濡れとるやん・・・?」と言ってさっきまでとは全然違う、ものすごい勢いで私を押倒してきた。

「ちょ、ちょっと!なにしよんよ?!」
「姉ちゃん、ゴメン!もう一回だけ!」
「もうだめやって!・・・こら!」

弟は、強引に私のアソコと胸を撫で回し、またもやギンギンのモノを私にこすりつけ、ハァハァしている。う~ん若いって凄い。
彼氏なら一回逝ったら30分はゴロゴロタイムやのに・・・。

なんて思っとるそばから私の体はさっきより敏感に反応し、気付けば指で中をグリグリかき回されとった。

「ア、アカン・・そんな・・・んっ!」
「アカンことないやろ・・・?凄く濡れとんで・・・」

そういうと、ガバッと身を起こし、私の足をぐいっと開いて足の間に顔を近づけてきた。
これはさすがに恥ずかしかって、「そんな!ダメやって・・!・・ちょと!」と言っても止めず舌でペロペロされてしまった。
私は気持ち良い場所を教えるように言葉で導いていた。

「そこっ!それ舌先でチロチロって・・・あっ!」
「・・・・(チロチロ)」
「今度はチュチュって吸ってみて・・・」
「チュッチュッ」
「ああぁ・・・!そこ・・舐めたまま指入れて・・・んっ!」
「上の方グッと押して・・」
「ああぁ・・・もうアカン・・イきそうや・・・一回ストップ」

こんな感じで女の子のツボを教えたりました。完全に開き直りです。

「姉ちゃん・・・ハァハァ・・・なんかシーツ濡れとんで?」
「あんたのせいやんか・・・あぁっ!・・ん・・・」
「俺のも・・・舐めて・・・」
「じゃ、ごほうびやで?」

仰向けになった弟のタマを優しくモミモミしながら、舌を尖らせて裏スジをツーっと亀頭に向かって舐めあげ、唇で先っぽをじらしながら少しずつ口の中へ入れた。

「あっ、う・・・ね、ねえちゃんもうええ、イッてまう・・・から・・」
「じゃあ、自分でゴム付けてみ・・」
「・・・・・・・・・・つけたで・・・」
「そしたら、クリを親指でグルグルしながら・・・ゆっくり入れて・・・」
「あ、あぁっ!・・・動くで・・?」
「もっと奥まで!・・・そう・・あっ!あっ!」

弟のモノは、一回目よりもさらにガチガチで、ヌプヌプと音を立てて私の中を刺激する。

「あぁ!・・・めっちゃええ・・っ!」
「もっと・・突き上げるように・・・ハァハァ・・・んっ!」
「・・・こう・・か・・・?ハァハァ・・・」

弟は飲み込みが早く、私のツボをしっかりととらえながら動く。

「あっ・・あっ・・・んっ!」
「アカン・・・イッてまうかも・・・ちょっと・・・まって!」
「姉ちゃん・・・俺もイキそうや・・・」

弟の腰がグイグイと動き早なってラストスパートをかけてガンガンとピストンしてきた。

「イク・・・イクで?あぁっアカンっ・・アカン・・っ」
「ハァッ・・ハァッ・・ね・・・ねえ・・ちゃん・・・んっ出るっ!」

私はキュウーっと弟に抱きつき、弟のモノを締め付けた。
アソコは、ビクンビクンと脈打ち、弟は獣のような息づかいで「ねえちゃん・・俺・・ゴメンな・・」と耳元であやまっとったのは、今でも鮮明に覚えとる・・・。

それから、弟は私が一人暮らしを始めてから、たまに遊びに来て、「バックってどうすんの?」とか「ローション試したいんやけど」と。そのたびに実技しとりますw


PAGE TOP