いつしか性の興味、対象は自分に一番近い女性『妹』に・・

あれはボクが中学一年、妹が小学5年の時だったと思います。

中学に入って、先輩からオナニーの知識を教えられたボクは家に帰ると毎日のようにオナニーをしていました。
当時ボクと妹は同じ部屋で二段ベッドに寝ていました。
(ボクは上の段)
エロい先輩の影響で、性の知識がどんどん増えていき、いつしか性の興味、対象は自分に一番近い女性『妹』に向けられるようになっていったのは、今思えば自然な流れだったと思います。

[adrotate group=”1″]

この頃はまだ妹とお風呂に一緒に入っていました。
妹が髪を洗ってる3~4分ぐらいの間は目を瞑っているので、膨らみかけの乳房や、まだ毛の生えてないツルツルでパックリ割れたアソコをガン見しながら、湯舟の中でオナニーするのが日課になってました。
(めっちゃ興奮して気持ち良かったです☆)
イクときは湯舟から出て妹の後ろに行ってシャンプーをシャワーで流す時、同時にお尻の割れ目目掛けてブッカケてました。

でも、この時はまだ妹とエッチがしたいとかは考えてませんでした。

でも欲求はどんどんエスカレートするもの。

子供部屋が両親の寝室からかなり離れてるのが幸いしました。
夜、いつものように寝る前に二段ベッドで妹とおしゃべりしてると・・・。

「お兄ちゃんお風呂でチンチンおっきい時あるやん?アレなんでおっきなってんの?」と妹が聞いてきたのです。

タオルで隠したりはしてたけど、すっかりバレてました。

「あれはオシッコ我慢してるとおっきなんねん!」とボクは焦って誤魔化しましたが、
「でもクラスの男子なあ、女の子の裸見たら興奮してチンチンおっきなるって言うとったでえ?」と妹は返してきました。

「妹の裸見ても興奮せえへんわ!」
「なんか怪しいなあ~、ホンマは興奮してんちゃうん?」

“あっ、これはなんかエロいこと出来るかも”と、急にドキドキしてきて・・・。

「じゃあ試してみるか?」

下の妹のベッドに行きました。

「じゃあまずお前パジャマ脱いでよ、お兄ちゃんも脱ぐから」

ベッドの上でお互い裸で、あぐらをかいて向かい合う格好になりました。
妹は楽しそうにアソコを広げたり隠したりしてました。
いつもお互いの裸は見ているので恥ずかしいと言う気持ちはありませんが、その先のエロいことを想像するとチンコがムクムクと立ち、痛いほど勃起してしまいました。

「あっ!おっきなった!うわ~!すごい~!私の勝ち~!!」

妹は大喜び。

ボクは慎重に「ちっ、しゃ~ないなあ、お兄ちゃんの負けや、負けたお詫びに・・ちょっと気持ちええことしたろか?」と持ち掛けると、妹は意外にも真顔で「気持ちええことってセックス?」と言うではありませんか!

聞くとマセガキ小5の妹はセックスの知識もしっかりあり、オナニーは幼稚園の頃からしているとのこと。
妹のオナニー話でこれはイケる!出来る!と確信!!

ボクの興奮はピークに達し・・・。

「自分の指でやるより舌で舐めたほうが100倍気持ちええで?」と直球勝負!

「え~っ!お兄ちゃんが舐めるん!?ホンマに気持ちええんかなあ?」
「絶対気持ちええ、100%や!」

「ええ~100%やったらええけど、でもなんかドキドキするなあ、でも100倍気持ちええんやったらしてみたい気もするしィ・・」
「お兄ちゃんに任せとけって!でも気持ちかっても親にバレるからあんま大きな声出すなよ?」

「うわ~っどうしよっ・・でも、うん・・」

妹は仰向けになりギュと目を瞑りました。
ボクは妹の脚を開き、じっくりとアソコを観察、指で広げニオイを嗅ぎました。

「お兄ちゃん、私さっきオシッコした~っ!」

妹のアソコはオシッコと石鹸の香りがしました。

「大丈夫や、ええニオイする、ほんなら舐めるで?」
「うっ、うん!」

心臓が口から飛び出そうなくらい興奮し、とうとうボクの唇が妹のアソコに触れました!
この時の感動は今でも忘れられません。
クラスメイトの誰もまだしたことがないだろう『セックス』を今している、成し遂げるであろう感激と興奮と優越感とでも言いましょうか。

“チュッチュッ”と、アソコを舐める音だけが部屋に響き渡りました。
割れ目に沿って舌を這わせ、開いて中に舌を押し込ませ、興奮に身を震わせアソコ全体を咥えるようにして、食べるように丁寧に舐め続けました。

妹は最初、何も言わず目をギュッと瞑ってました。
それが次第に感じ始め・・・。

「あっ、お兄ちゃんソコッ・・ソコ、めっちゃ気持ちええ!上のとこがええ、ソコソコ、そこずっとそうしてて~っっ・・ああっ・・!」と喘ぎまくり。

妹の小さなクリトリスを“チューチュー”吸ってると、ヌラヌラと愛液が溢れてくるのが判りました。

ボクはたまらなくなり・・・。

「セックスしてええか?チンチン入れてええか!?」と妹に聞くと、
「セックスしたい、お兄ちゃん入れて~!」と妹も抱きついてきた。

ボクはカウパー腺液垂れまくりでギンギンに勃起したチンコを、妹のヌラヌラのアソコにあてがい、穴を探し始めました。
お互いのエロい体液でヌラヌラのアソコは擦り合うだけでもの凄い快感!
妹の喘ぎ声がデカイので布団を口に被せるよう指示しました。

間もなく先っぽが“ヌルッ!”と深みにはまり、勢いで“ヌルルッ!!”と根元まですっぽり入ってしまいました。

妹は一瞬「ぐううっ!」と唸りました。

ボクは(入った!入ってしまっ~っ)と感激で笑みがこぼれてしまいした。
妹の中は熱くてキツクてニュルニュルで、こんな気持ちいい場所他にない!と思いました。

もう無我夢中で妹に腰を打ち付けました。
ボクのが小さめだったせいか妹はあまり痛がらず、興奮に潤んだ妹の顔が目の前にあるので自然とキスをしまくりました。

腰がトロケそうに気持ち良く、(この時間が永遠に続けばいいのに~)なんて思っていると、十数回ほど振ったところで突然強烈な射精感が襲い・・・。

妹をギュウと抱きしめ、

「出すぞ!?出すぞ!?」
「お兄ちゃん精子でるん!?イクん!?」

興奮してお互いの舌を吸い合いながら、妹の中に大量に中出ししてしまいました。

射精は長く長く最高の快感で、何回も精液を妹の膣壁にぶつけ続けました。
チンコを抜くと妹の血が少し付いてました。
同時に“ドロドロ~ッ”と妹のアソコからボクの精液が垂れて来ました。
慌ててティッシュで拭き取りました。
ベッドに少し付いた血と精液はウェットティッシュでポンポンとやると目立たなくなりました。
仕上げに妹のアソコをウェットティッシュで拭きましたが、拭いても拭いても精液が流れてくるので焦りました。

妹は精液を初めて見て「臭い~」だの「鼻水みたい~」だの言ってましたが、まだ生理が来ていないとのことで妊娠の心配はなく安心しました。
それからそぉ~っとトイレに行き大量の血のついたティッシュと精液まみれのウェットティッシュを流しました。

妹も初めてのセックスがかなり興奮したらしく、それから一時間後ぐらいに今度は妹がボクのベッドに上がってきて「お兄ちゃんアソコ舐めてくれへん?さっきのめっちゃ気持ちよかってん・・」と恥ずかしそうにお願いしてきました。
その夜は妹が満足するまでアソコを舐めてあげました。
アソコは血とボクの精液の混ざった味がしましたが、汚いとは思いませんでした。
(この時はクンニで絶頂には至らず)

初体験が妹とのセックスでしたが、今では素晴らしい思い出です。
ほんとオナニーの何十倍も気持ち良かったし、なにより目茶苦茶興奮しました~☆
当時は『近親相姦』という概念が無かったので、すんなり妹とセックス出来たんだと思います。
それと、妹がボク以上にエロかったことに感謝ですね☆



PAGE TOP