飲んであげるから口の中に出していいよ

バイト先の新年会で飲みに行った帰りのこと。
俺とタメで22歳の秀子がもう、酔っちゃって酔っちゃって・・・比較的酔ってなかった俺が車で送ることになったんだけど、その途中、秀子が
「もう1軒行こうよ、今日はオールってことで」なんて言い出したんです。
時間は深夜2時近く。まぁ、こんな時間だし、オールでもいいかな~なんて思って飲み屋を探しつつ車を走らせていると、妙にパトカーが多い・・・。
止められてる車もちらほら。
時期が時期だけに、飲酒運転の取締りが厳しいようでした。

「飲み屋に着く前に捕まるぞ、これ」と、秀子に言うと、
「じゃあ、コンビニで酒買ってラブホで飲もう」と、とんでもないことを言い出しました。
「おい、それはさすがにまずいんじゃね」と突っ込むと
「彼氏ともよくやってるし、Hしなきゃ浮気じゃないから」だ、そうです・・。

捕まるのはマジで勘弁だったんで、秀子の提案を採用し、コンビニで酒を買い込み、近くの安いラブホに入ることにしました。

部屋に入り、早速飲み始めるとかなり酔っていた秀子が酒をこぼしてしまい、秀子の服はビショビショ・・・

「最悪、気持ち悪いからシャワー浴びてくるわ」
「おい、濡れた服どうするんだよ」
「干しておけば、朝までにはなんとか乾くでしょ」
「・・・朝まで、裸ですか?」
「バスローブがあるから、まぁなんとか・・・」
「そっか、じゃあとっとと浴びてこいよ」

そんな感じで秀子はシャワーを浴びに行きました。
その間も俺は飲んでいたのですが、しばらくして秀子が風呂から出てきました。

「おまたせ、まだお酒あるでしょ?」
「うん、まだあるよ」と言って、振り向いた瞬間、とんでもないものが・・・秀子はバスローブではなく、タオルを身体に巻いただけの格好で風呂から出てきたのです。

「おい、それはまずいんじゃないでしょうか?」と、変な敬語で俺が言うと秀子は
「見えなきゃ一緒でしょ」なんて言いやがります。

酔っ払いに何言っても無駄なんで仕方なくそのまま飲み始めたのですが、秀子が脚を組替えたりするたびにどうしても目が秀子の下半身に行ってしまいます。

「あ~、やっぱり見てる、エロオヤジ」
「そんな格好されたら目が行くのは仕方ないだろ!」
「ふ~ん、じゃあ・・・ほれ!」と言って、巻いてあるタオルをすらし、秀子が胸を俺に見せてきました。
さらに下のほうもめくって毛をチラっと見せたり・・・

「おい、誘惑してるつもりかよ!」
「へへ、そうだって言ったら?」
「彼氏に密告してやる・・・」
「あら、すでに共犯じゃない?」
「う・・・とにかく、見せるな! ヤバイから」

そんなやりとりが続くうち、俺の下半身が元気に・・・
こんなに酒が入ってても勃つのか・・・なんて思ってると秀子がそれに気づいたらしく、
「なんだ元気じゃん、私も見せたんだし、見せてよ」と言って、手を伸ばしてきます。

しばらく抵抗しましたが、酒も手伝って、段々どうでもよくなり、ジーンズを下ろして、秀子に俺のを見せました。

「結構大きいね、身体も大きいからねぇ」
と言いつつ、ジーっと観察しています。
「じゃあ、失礼しまーす」
「は?」

秀子はそんな事を言いつつ、俺のを・・ぱくっ・・・突然のことで驚いて身体を引いてしまいましたが、秀子はそれでも咥えるのをやめず、さらに舌を動かしてきます。

有線の音楽だけが小さく流れる部屋に、秀子が俺のをしゃぶる音が響きます。
「無理やりオールに付き合ってくれたお礼ってことで」
秀子はそういいつつ、手コキを交え、俺のをしゃぶってくれます。

「彼氏に悪いから、入れるのは無しね」
入れなければいいのか、と酔った頭は解釈しました。
秀子をベッドに連れて行き、69の形でお互いの性器を夢中で愛撫しました。

部屋にはいやらしい音と声が響いています。
指を秀子の中に入れ、奥をかき回すようにしながら、クリを舐めつづけると、秀子は声を出すのを我慢できずに、段々と大きな声を出すようになりました。

普段はこんなエッチな娘には見えないんですが女ってわからないものですね。
挿入は無しという約束なので、手と口で秀子を攻めつづけました。

ゆっくり攻めたり、激しく攻めたりしているうちに、
「んっ・・もう・・イきそうだよ・・」
「イっちゃっていいよ、我慢するなよ」
腰をがくがくと動かし始めた秀子はしばらくすると今までよりも大きな声を出してぐったりとしてしまいました。

「イっちゃったよ・・・上手だね、彼よりいいわ」
「秀子がこんなエッチだとは知らなかったよ」

その後、秀子は俺がまだイってないのを悪いと思ったのか、俺の両足の間にちょこん、と座り、また俺のをしゃぶり始めました。

根本まで咥えこんだり、先っぽをチロチロと舐めたり・・・手コキを交え、俺の顔を見ながらちょっと笑みを浮かべて
「気持ちいい? イきたくなったら言ってね」と言いつつ、さらに激しくしゃぶります。

さすがに長時間しゃぶられ、我慢できなくなり、
「そろそろ、イきそう・・・」と言うと、秀子は
「じゃあ、飲んであげるから口の中に出していいよ」と言い、俺のを吸うようにフェラしてきました。

我慢の限界で、俺が秀子の口の中に射精してしまうと、秀子は一瞬しかめっ面をしましたが、俺の精液を綺麗に飲んでくれました。

その後、まだ残っている精液をペニスから吸い取ってくれ、綺麗に舐めてくれました。
「彼氏には絶対内緒ってことで」
「うん、わかってるよ」
そんな感じで一緒に眠りにつきました。

それから何日か過ぎ、秀子とはバイトの友達って関係のままです。
先日のバイトの後、
「今度の飲み会でもオールしようね」と、秀子が言ってきました。
「ラブホで?」と聞くと、
「もちろん、今度は・・・最後までいいよ」
「え・・いいの?」
「うん、すごい上手だったから、もっと気持ち良くなりたいし」

今度の飲み会は3月、辞める人の送別会です。ああ、待ち遠しいなあ・・・