私は子供のように思わずしゃぶりついてしまいましたw

私は33歳会社員で、妻も子供もいます。
同僚の女性は美里さんといい、2つ上でバツイチ、子供はいません。
顔はほんとに普通、でもちょっと貫禄?ある感じ。
少しぽっちゃりで、おっぱいはいつも目がいってしまう程大きいです。
お酒が好きで性格は一見男っぽいですが、実は甘えたいタイプのようです。
滅多にない事ですが、東京に出張が舞い込んできました。
美里さんと2人です。
しかも1泊2日。

当日、仕事が終わり東京本社の人と飲み会、そして23時頃お開きになりました。
ホテルまで電車で2駅程行って、徒歩10分くらい。
美里さんは出張で気が緩んだのか、かなり酔って歩くのもやっとでした。
駅に着き、歩いていると何度も立ち止まってしまいます。

お茶を買って飲ましたりしていたんですが、あまりにも危なっかしいので肩を貸す事に。
私「危ないから肩貸すわ」
美里「だいじょーぶ、歩けるって」とは言うものの、ほんとに危ないので鞄を持って美里さんの左腕を私の首に持ってきて肩を貸しました。

この時美里さんから香水とお酒の香りが混ざったような何ともいい香りがして、少し興奮してしまいました。

実際、再び歩き始めると美里さんの顔、体が密着しています(あたり前ですが・・・)。
私も酒に酔っているせいもあり、考えがどんどんエロい方向へ・・・。
(どさくさ紛れに、おっぱいを触れないかなー???)と。

ホテルの少し手前に庭園があり、そこに階段が見えます。
普通の道からも行けますが、庭園を通ったほうが近道のようです(これはホントです)。
階段の前で1度立ち止まると・・・。

私「おんぶするよ!」
美里「えぇ、いいよ。重いし」
私「大丈夫だって」
美里「でも・・・」
私はしゃがんで、おんぶの体勢をとりました。
美里さんも渋々了承しました。

確かに、ちょっと重かった・・・(苦笑)でもそんな事よりも、美里さんのおっぱいの感触を確かめるべく背中に全神経を集中です。
なかなか弾力のありそうな感触を楽しむ事だ出来ました。
階段を昇りきって、美里さんを降ろします。

美里「ありがとう、重いのに」
私「ちょっと後悔したけどね、でもいい感触やったわー(笑)」
美里「え・・・、感触って」
私は、美里さんに分かるように胸のふくらみに目をやりました。

美里「えー・・・スケベー」
私「違うよ、そっちが押しつけてきたでしょうー?」
美里「そんな事ないよー。ほんとに男ってスケベなんだからっ」
私「まあまあ、滅多にない出張だからいいじゃない」
美里「何の関係があるの!」そうこうしながら、ホテルに到着。

夕方に1度チェックインしており、彼女とは隣同士の部屋です。
先ほどまでのやりとりを思い浮かべながら、チャンスあるかも・・・と考えていました。
部屋の前まで来て・・・。

美里「ありがとう。じゃあおやすみ」
私「おやすみはまだ早くない?まだ12時だよ、出張なのに」
美里「だから、何の関係があるのよ(笑)」
私「あるよ、大いに。もうちょっと話しようよ」
美里「えー、明日も仕事だよ」
私「いいよ、出張だから(笑)」
美里「いや、だから・・・」おそらく美里さんも出張先である事とお酒のせいで、ガードが甘くなってたんだと思います。

そんなやりとりを5分程続けて、彼女の部屋に入る事に成功しました。
あまりにも上手くいった事に自分でもびっくりでしたが、“このチャンスを逃すわけにはいかない“と心に決めました。
部屋はベッドが2つあるツインの部屋です。


飲み物がない事に気付きましたが、買いにいくのも面倒なので、冷蔵庫にある物を飲む事に。
最初は普段の仕事の愚痴、その後だんだんと今まで付き合ってた恋人の話などに。
同じ仕事場なので普段から時々飲みに行く機会はありましたが、2人では初めてです。
思い切って、そっちのモードにしようと踏み込んだ話題にしてみました。

私「ねえ、おっぱいって何カップ」
美里「そんなん内緒」
私「Fくらい?」
美里「うん、まあだいだい・・って、何でそんな話?」
私「ちょっと見せて」
美里「いやいや・・・」
私「ちょっとだけ、10秒」
美里「10秒ってちょっとじゃないやん」
私は立ち上がって美里さんのそばに行き、肩に手を回します。

美里「おーい、奥さんに怒られるよー」
私「いいの、出張だから」
美里「いや、だからそれ関係ない」
私「大丈夫、大丈夫」
美里「・・・」
私「キスしていい?」
そう聞くと、返事を待つまでもなく唇を重ねました。

大人の女子のたまらない香りが脳を刺激します。
美里さんは、何か言い返そうとしていましたが、しばらくして大人しくなりました。
唇を離して美里さんの顔をまっすぐ見ます。

美里さんは恥ずかしそうに視線を逸します。
私「いいよね?」
美里「でも・・・」
私「出張だから」
美里「ずるいよ、そればっかり(笑)」目は笑っています。
美里「シャワーしてくる」
思わず心の中でガッツポーズしてしまいました。

美里さんは、前の旦那さんとは半分ナンパで知り合ったと言っていたので、おそらく押しに弱いんだろうなあ、と思っていた通りだったかもしれません。
お互いシャワーを浴びて、ベッドに横になります。
私は自分のタオルをベッドから放り投げ、美里さんに覆いかぶさりキスをします。

美里さんは目を閉じて、体をよじらせます。
タオルを剥ぎ取って放り投げます。
美里さんはまだ下着を着けていました。

ブラのホックを外すと、先ほど背中で感触を楽しんだ大きなおっぱいが目の前に現れます。
私は子供のように思わずしゃぶりついてしまいました。
美里「ふふ、欲求不満?」
私「ご無沙汰なもんで(苦笑)」今度はパンツの中に指を入れます。
ねっとりとした粘液が少しでています。
パンツをずらし、顔を持っていき、クンニします。
美里さんの体に力が入り、「ハァァ」と声が漏れます。

その後、さんざん愛撫してから、バックで挿入し、おっぱいが揺れるのを楽しみます。
美里さんの中は温かくて、なかなか締まりが良かったです。
バックで突きながら・・・。

私「ねえ、こんな展開予想してた?」
美里「うぅ、ううん、全然」
私「そうだよね。でも気持ちいい?」
美里「うんっ、凄く。はぁっ」その後、フェラをしてもらい、正常位で果てました。

美里さんもとても満足そうで、その夜もう1度重なりました。
結局私は部屋には戻らず、朝まで美里さんの部屋で一緒に寝ました。
朝、目が覚めて美里さんと目が合うととても照れくさい気持ちになりましたが、美里さんの方からキスをしてくれて、ホッとしました。

2日目はさすがに仕事はきつかったです(笑)
新幹線を降りて別れ際に・・・。
私「ありがとう、楽しかったよ。またあるといいね」
美里「ほんと楽しかった。ちょっと飲みすぎちゃったけど」
私「思いがけないハプニングもあったしね(笑)」
美里「うん、そうね。でもいいの、出張だから(笑)」
私は思わず笑ってしまいました。

その後も毎日美里さんは私の前の席でPCと向き合って仕事しています。
私は、そんな美里さんを見ながら、また2人で出張の機会がないかなーと密かに期待しています。